ガーナ
ガーナ観光
海岸線沿いに並ぶ世界遺産の城塞群

ガーナ土産で絶対外せない!カゴバッグが可愛すぎる♡

取材・写真・文:

長野在住
訪問エリア:12ヶ国

2019年1月11日更新

370view

お気に入り

写真:Adjoa

ガーナの名産品として欠かせないカゴバッグ。どこでどんな風に作られているかご存知ですか?それはなんと、首都から遠く離れた、隣国との国境沿いにある小さな村で1つ1つ手作りされていたのです!本記事では、ガーナのお土産で絶対に外せないカゴバッグの工房や購入方法についてをご紹介します。

この記事の目次表示

ガーナのカゴバッグとは

突然ですが、日本の雑貨屋さんでこんなカゴを目にしたことはありませんか?

  • 写真:Adjoa日本の雑貨屋さんでもよく見かけるガーナのカゴ(4,900円)

実は日本には、西アフリカ、ガーナ共和国の北部の民芸品であるカゴバッグが多く流通しているのです。これらのガーナ産と表示されたカゴバッグは、ガーナの人々の手で、1つ1つ丁寧に編まれています。

  • 写真:Adjoaカゴを手で編んでいるガーナ北部の女性

カゴの作り方

原料は「Elephant grass(エレファントグラス)」というアフリカ原産のイネ科の植物です。茎の部分がとても丈夫な性質のため、カゴの素材に向いているのだそうです。

カゴが完成するまでには、いくつもの工程があります。

まず、乾燥させた1本のエレファントグラスを半分に割きます。そして2つになったものをそれぞれ撚ります。さらにその2本をねじり合わせて1本にします。カゴを編むのに必要な量ができるまで、これを繰り返します。

これらの作業が終わると、ようやくカゴ編みが始まります。カゴ編みも簡単ではありません。きつく編みすぎても、ゆるく編みすぎてもきれいなカゴはできません。そして、力加減が一定でないと、カゴはゆがんでしまいます。

気の遠くなるような作業ですが、すべての工程が手作業で行われています。ガーナ人たちが実際にカゴを作っている様子は、こちらの動画をご覧ください。

カゴの種類

無着色のエレファントグラスを用いたシンプルなカゴから、着色したエレファントグラスを編んだアフリカらしいカラフルな色合いのものまで、様々です。「あの人にはこの色が似合うかな?」と想像しながら、とても楽しくお土産選びをできるという点も魅力の1つです。

カゴは普段使い用のバッグだけでなく、インテリア用もあります。ハンドルのついていない小物入れや、うちわ等もあります。

  • 写真:Adjoa普段使い用バッグは通勤にも使用可 40セディ(≒940円)
  • 写真:Adjoaサイズも様々なインテリア用のカゴ
  • 写真:Adjoa色々使えそうな小物入れ
  • 写真:Adjoa麦わら帽子もあります

カゴバッグがお土産にお勧めの理由

1つ1つ丁寧に編まれたガーナのカゴは、1つとして同じものはありません。多少形のいびつな物もありますが、そこはご愛嬌。そんなところも、ガーナらしくてきっと愛着が湧くでしょう。

見るたびにガーナを思い出す、ガーナ人の心のこもった手作りのカゴバッグは性別・国籍を問わず大人気。自分へのお土産はもちろんのこと、家族や友人にプレゼントしても、喜ばれること間違いありません。

カゴバックの産地「Bolgatanga」へ行ってみよう

カゴバックの産地は、ガーナ北部にあります。ガーナ北部への玄関口は、Upper East(アッパーイースト)州の州都、Bolgatanga(ボルガタンガ)です。

首都Accra(アクラ)のNkrumah Circle(ンクルマ・サークル)からBolgatanga(略称:Bolga)行きのバスに乗り、終点で下車しましょう。移動には夜行バスの利用が便利です。

バスケットマーケットへ足を運ぼう!

Bolgatanga中心街では、定期的にバスケットマーケットが開催されています。マーケットデーは、3日に1度。Bolgatangaに到着したら、現地の方にバスケットマーケットの開催日を尋ねてみましょう。

なお、日用品のマーケットとバスケット専門のマーケットは場所が異なります。バスケット専門のマーケットの場所や開催日を確認する際は、きちんと「バスケットマーケット」と伝えましょう。

  • 写真:Adjoaバスケットマーケットで販売されているカゴ

旅程がマーケットデーにうまく合わない、という方もご安心を。Bolgatanga中心街でカゴを倉庫にストックしているディーラーさんがいます。中心街でカゴを買える倉庫はないか、現地の方に尋ねてみましょう。

  • 写真:Adjoa倉庫にぎっしり保管されている、ガーナ人のセンスが光る色とりどりのカゴ
ボルガタンガ
ガーナ / 町・ストリート
住所:Bolgatanga, Upper East Region, Ghana地図で見る

次のページを読む

ガーナの旅行予約はこちら

ガーナのホテルを探す

ガーナの航空券を探す

ガーナの現地アクティビティを探す

ガーナのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

ほぼガーナ人・ときどき信州人
Adjoa(アジュア)はガーナで月曜日生まれの女子の名前。
ガーナでは、生まれた曜日によって名前が決まります。
そんなガーナの魅力を多くの人に知ってもらいたい!
ガイドブックには載っていないガーナのおもしろ観光情報を発信していきます!
どうぞよろしくお願いします★

辛い!濃厚!美味しい!ガーナの3大国民食を堪能しよう!

アフリカ料理というと、どのようなものを想像しますか?クスクス?ウガリ?西アフリカのガーナには、どちらもありません。ガーナと聞いて何を思い浮かべますか?チョコレー...

【長野県】良縁を呼ぶパワースポット「縁結神社」~日本で唯一“縁結び“の名を冠する神社

縁結びに御利益があるという神社は、日本全国各地にたくさんありますよね。でも、名前に「縁結び」とつく神社は、日本でここだけ!それは、森の中にひっそりと佇む、小さな...


旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する6つのこと~文化・習慣編~

ガーナの治安の良さは、アフリカトップクラス!とはいえ、初めてアフリカへ旅行する方は不安に感じることも多いかと思います。また、ガーナには独特の文化、習慣があります...

【ガーナ】負の世界遺産ケープコースト城で奴隷貿易の歴史に触れる

西アフリカのガーナ。今でこそ明るく陽気な人々が暮らす平和な国ですが、「奴隷貿易」という暗い歴史を持つ国でもあります。ガーナには奴隷貿易の拠点となっていた建造物が...


棺桶に命をかける国?!葬式天国ガーナで葬式&棺桶工房を見学しよう!

西アフリカのガーナ。目立った観光資源のないこの国ですが、世界中でガーナでしか見られない珍しいものがあります。それは、独特な葬式スタイルとユニークな棺桶!ガーナで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?