ギリシャ
ギリシャ観光
神話の国の壮大な遺跡とエーゲ海の美しい島

アテネ・パルテノン神殿を観光する際に絶対気を付けてほしい2つのこと!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:12ヶ国

2018年7月3日更新

17,411view

お気に入り

写真:いちまろ夫婦

ギリシャ・アテネの人気観光スポットといえば、パルテノン神殿を始めとするアテネの遺跡群ですが、筆者がパルテノン神殿を訪れた際に、実は失敗してしまった事が2つあります。これから観光予定の方にもぜひ気を付けてほしいポイントです。

この記事の目次表示

ギリシャのおすすめツアー
◆◇専用車で行くメテオラ&古代聖域デルフィ日帰り観光付きプラン◇◆カランバカ×アテネは4つ星以上ホテルに宿泊!【現地午前中着/成田夜発/滞在時間重視のフライト♪】6日間
195,800円~402,800円
【限定特典!アテネで世界遺産を臨む素敵な最上階ディナー付き!】賑やかな島の中心地・フィラ地区の断崖絶壁に建つ4つ星ホテル「PORTOFIRASUITES」泊<成田発カタール航空利用/空港-ホテル送迎付>7日間
213,800円~366,800円
◆◇東西文化の架け橋・イスタンブールにも滞在◇◆ サントリーニ/リーズナブルにヴィラを楽しむ&イスタンブール旧市街ホテル指定 全朝食&送迎付き7日間 【成田夜発/ターキッシュエアラインズ利用】
224,800円~469,800円

パルテノン神殿とは?

  • 写真:いちまろ夫婦

パルテノン神殿とは古代ギリシャの最も重要な遺跡で、1987年に世界遺産に登録されています。設立年はなんと紀元前447年~438年に遡り、ペルシア戦争の勝利を記念して建築されたといわれています。

アテネを代表する有名な遺跡なので、世界中から毎日観光客が訪れる人気スポットです。小高い丘(アクロポリスと呼ばれます)の上に、このパルテノン神殿は建築されています。

  • 写真:いちまろ夫婦

人気の観光スポットだけあって、パルテノン神殿を訪れる際には気をつけてほしいポイントがあるんです。早速解説していきましょう。

1.観光する時間帯に気を付けよう!

まず初めに、パルテノン神殿を観光する「時間帯」に気を付けてください。

現地の方に聞いたお勧めの時間帯は、開園時間一番に行くことだそうです。

一方でできれば避けたい時間帯は、午前中〜お昼前まで(10:00~12:00)。特にたくさんの人が訪れる時間帯で、筆者はちょうどこの時間に行ってしまい、大混雑の中での観光となってしまいました。

チケット購入から待ち時間が発生

筆者がパルテノン神殿のあるアテナイのアクロポリスに到着したのは、午前10時半頃。パルテノン神殿に入るためには入場券(大人20€=約2,400円)が必要なのですが、すでにチケットブースには長蛇の列ができていました。

  • 写真:いちまろ夫婦

チケットを買うまでに15分かかり、さらにチケットを購入してから入り口に入るまでにも列ができていました。

  • 写真:いちまろ夫婦

中はさらに大混雑!

いざチケットを使って丘の中に入ると、さらなる混雑が待っておりました。このアテナイのアクロポリスは、世界遺産・パルテノン神殿もあることから、アテネの遺跡の中でも超人気スポットです。なので観光ツアーで来ている方も世界各国何十組と見かけました。

  • 写真:いちまろ夫婦

改めて現地の人に聞くと、お昼前の時間はやはり毎日、一番混むとのことです。特にツアーで訪れている方々は、現地ガイドが同行して各所で説明を行っているために滞在時間が長く、それで余計混雑するようでした。

丘に入ってからパルテノン神殿へと向かう途中、アテネ市内を一望できる場所もたくさんあり、

  • 写真:いちまろ夫婦

こんな綺麗な写真も撮れるのですが、実はここでも筆者の周りには同じように写真を撮る方がひしめいております。この1枚も、順番待ちをしてから撮ったもので、大変苦労しました。

そしていざ、パルテノン神殿の入り口に入ると、ここで一番の大渋滞です!

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

実は、パルテノン神殿に入る際も出る際もこのくらい長蛇の列なのです。ここでもそれぞれ15分ほどかかりました。海外なので、混雑した場所にいる際にはスリなどにも注意してくださいね。

また併せて、遺跡内の地面は大理石を使用している部分が多く、滑りやすいので注意してください。

  • 写真:いちまろ夫婦

筆者の妻はこの地面で盛大に転んでしまい、しりもちをついてしまいました。履きなれた靴で観光することをお勧めいたします。

混雑時のパルテノン神殿は奥側から撮るのがコツ!

パルテノン神殿のある広場まで進むと、少し人口密度が緩和されます。しかし、入り口近くから見えるパルテノン神殿(恐らくよく写真で見る光景)は、実はこんな感じです。

  • 写真:いちまろ夫婦

ここまでの混雑時に観光してしまうと、人がたくさんいすぎて、パルテノン神殿を綺麗に写真に収めるには難しいのです。

そこでもし混雑しているタイミングで訪れた場合に、筆者がお勧めする撮影方法は、「パルテノン神殿の一番奥側から撮る」ということです。入り口までは混雑していたパルテノン神殿ですが、奥側に回ると観光客が意外と減るのです。

  • 写真:いちまろ夫婦

そして筆者は、このような写真を収めることができました!人が多く観光は大変でしたが、生で見るパルテノン神殿は荘厳で、やはり感動しました。せっかく来たからには、ぜひ人があまり映り込んでないショットにも挑戦してみてくださいね!

2.路駐に気を付けよう!

気を付けてほしいポイント2つ目は、レンタカーなどを借りて車で訪れた際に「路駐」をしないことです!

アテネは地下鉄が比較的発達しているので、レンタカーを借りないでも観光できますが、便利という理由で借りる方もいると思います。筆者の場合は、ギリシャ内部にある世界遺産「メテオラ」を見に行く関係で、レンタカーを借りておりました。

ギリシャは路駐社会!

実は日本と違い、ギリシャの道にはたくさんの車が路駐しています。

  • 写真:いちまろ夫婦

アテネ市内の道によっては、左右の道路に路駐している車がずらっと並び、道が狭く一方通行状態になってしまっている道路もたくさんあります。

その中でもパルテノン神殿付近は、人気観光地であることから、ものすごい数の車がきれいに路駐されています。

  • 写真:いちまろ夫婦

筆者はもともと駐車場を探して車を止める予定でしたが、この様子を見て「路駐しても大丈夫なんだ」と思ってしまい、パルテノン神殿バス停近くの道路に路駐を行いました。

駐禁+ナンバープレートを取られた!

路駐をして観光してから約3時間後、車に戻ってみると、窓ガラスに駐車禁止の罰金(40€=約4,800円)を要求する紙がおいてありました。

そしてそれだけでなく、なんとナンバープレートまで取られてしまったのです!!

  • 写真:いちまろ夫婦

事情をレンタカー会社に話して、レンタカー会社の人が代わりに手続きを行ってくれましたが、最終的に400€(約48,000円)かかってしまいました。海外旅行でこのような出費はかなりの痛手ですね。

レンタカー狙いで駐禁を取っている

  • 写真:いちまろ夫婦

駐禁の罰金を取ることはあっても、ナンバープレートまで!?と思ったので現地レンタカー会社の方に話を聞いてみると、どうやら異例のようでした。

その方は、

  • 「ギリシャにおいて路駐は基本的に見逃されるので駐禁を取られることがめったにない。しかもナンバープレートまで取るのは初めて聞いた。」
  • 「(筆者の前に停めていた車も駐禁を取られていたので)おそらく警察が(罰金を払ってくれやすい)レンタカーを狙って取り締まったのだと思う」

と話しておりました。

上記はあくまで現地の方の推測ではありますが、現に筆者はパルテノン神殿近くに路駐を行い、駐禁を取られさらにナンバープレートまで取られてしまいました。車で行く方は駐車場を探すか、もしくは地下鉄で行かれることをお勧めいたします。

パルテノン神殿
ギリシャ / 遺跡・史跡
住所:Parthenon, Athens 105 58, Greece地図で見る
Web:http://odysseus.culture.gr/h/2/eh251.jsp?obj_id=91...

ギリシャ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばギリシャのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でギリシャのすべてのツアーをみる>>

ギリシャの旅行予約はこちら

ギリシャのパッケージツアーを探す

ギリシャのホテルを探す

ギリシャの航空券を探す

ギリシャの現地アクティビティを探す

ギリシャのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


世界の青い街5選!モロッコ・インド・スペイン・ギリシャ・チュニジアのブルーシティまとめ

世界には、びっくりするような青に染まったブルーシティが各地にあります。とくに有名なモロッコのシャウエンをはじめ、一度は訪れたい、モロッコ・インド・スペイン・ギリ...


ヨーロッパで人気の国10選と観光スポットガイド!初めてのヨーロッパ旅行にもおすすめ

ヨーロッパの全54カ国のうち、特に旅行者に人気の国を厳選!各国で外せないおすすめ観光スポットもあわせてご紹介します。とくに初めてのヨーロッパ旅行を検討中の方は要...

【ギリシャ】ミコノス島観光で必須のスポット「ミコノスタウン」でやりたいこと7選!

ギリシャ・ミコノス島に行ったら絶対行きたいのが「ミコノスタウン」。島の主要観光スポットが集まるこの街は、どこを切り取っても写真映えする素敵な街。この記事では、ミ...

サントリーニ島・ミコノス島での交通手段「バス・タクシー・レンタカー・バギー・バイク」の5種類を徹底比較!

ギリシャのサントリーニ島やミコノス島に旅に出かける方で、現地の交通手段が気になる方はきっと多いはず。この記事では「バス・タクシー・レンタカー・バギー・バイク」の...

【ギリシャ】ミコノス島のお勧めホテル選び!これだけは押さえたい4ポイントを紹介!

エーゲ海に浮かぶ、青と白が美しいギリシャ・ミコノス島。もし行くことが決まったら、重要なのはホテル選びです。ミコノス島ならではの島事情を事前に知っておき、たくさん...

この記事を書いたトラベルライター

夫婦で旅する月1バックパッカー!
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:夫)iPhone7+📱、妻)iPhoneⅩ📱

「一眼ではなくスマホで撮影。誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^

■2018年の月1バックパックリスト
1月-6月:名古屋・大分・横浜・湘南・兵庫(竹田城)・大阪・ドバイ・ギリシャ
7月:東京・横浜
8月:奈良・京都
9月:長野
10月:釜山
11月:淡路島
12月:大阪和泉市・東京

□2019年の月1バックパックリスト
1月:熊本
2・3月:ハノイ
4月:大阪
5月:長野・京都・姫路
6月:舞洲
7月:屋久島
8・9月:ハワイ

■いちまろ夫婦運営メディア
http://www.ichimaro.com/

【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...


ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...

【ドバイ】世界一美しい黄金のスタバ!空港からの行き方も紹介!

アラブ首長国連邦・ドバイのIbn Battuta Mall(イブンバトゥータモール)にあるスターバックスコーヒーは、「世界一美しい」と称されるほどの美しさが魅力...

モンセラットはバルセロナで必見の人気観光スポット!

スペイン・バルセロナに行ったらぜひ訪ねてほしいのが「モンセラット」です。標高1,241mのモンセラットの山には、円筒型の岩がいくつも寄り集まっており、その姿は一...

釜山・金海空港の免税店で買える!韓国定番お土産8選!

現地のお土産を買う最後のチャンスと言えば、空港です。この記事では、釜山・金海空港の免税店で買える、定番の韓国土産8選をご紹介します。免税店というと、高いブランド...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?