姫路市

【兵庫】サファリパークと遊園地が融合!姫路セントラルパーク

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:35都道府県

2021年3月2日更新

1,860view

お気に入り

写真:ポムラぽむ

兵庫県姫路市にある、サファリパーク形式の動物園と遊園地が融合した「姫路セントラルパーク」。通称''姫セン''と呼ばれ、関西で唯一、自家用車で回れるサファリがあり、年間56万人もの方が訪れる人気スポット!夏にはプールや花火やナイトサファリ、冬にはアイススケートとその季節ならではの様々な楽しみ方もできる施設となっております。

この記事の目次表示

サファリゾーン

  • 写真:ポムラぽむ

姫路セントラルパークは、全体の面積が甲子園球場48個分あり、そのうちの約半分をサファリゾーンが占めています。その中にいる動物の総数は120種類1,000頭(鳥も含む)。

車、徒歩など様々な方法で、動物と触れあうことができますよ♩

ドライブスルーサファリ

自家用車もしくは、サファリバスを利用して、様々な動物を見ることができるエリアです。夏の暑い日も、冬の寒い日も、天候が悪い日でも関係なく、楽しむことができます♩

  • 所要時間:30~40分(個人差があります)

ゆっくりマイペースで回りたいなら自家用車で

自家用車の場合は、サファリゲートを目指し、車にGPS音声をつけてもらいましょう!その際に、サファリパンフレットももらえます。GPSの音声を聞きながら、ゆっくり進みましょう。マイペースで行けるのが自家用車で回るメリットですね♩

自分で運転することなく、違う目線で動物を見たいなら、サファリバスで

  • 写真:ポムラぽむ

サファリバス乗車の場合は、まず遊園地へ。遊園地入り口左側にサファリバスのバス停があります。サファリバスのメリットは車高が高いこと!少し高い位置から動物をみることができるので、いつもと違う感覚で楽しめます!

※サファリバスは、電話での予約はできません。当日受付(先着順)のみです。詳しくは、こちらをご覧ください。

迫力満点!「サファリ・ザ・ライド」

  • 写真:ポムラぽむ

このドライブスルーサファリのエリアでは、自家用車で楽しむ他に、「サファリ・ザ・ライド(1人2,500円(税込))」というアトラクションがあります。このアトラクションの特徴が、檻に入るのが、動物ではなく、人ということ。

動物は園内を自由に動き回り、人間は檻の中のからその様子を観察します。3組限定でエサやり体験もでき、檻の上に置いてあるエサを食べるライオンの様子を超至近距離で見ることができます!スリル満点で、大人気のアトラクションです。詳しい受付方法などは、こちらをご覧ください。

小さなお子様も大喜び!「ウォーキングサファリ」

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

歩きながら間近に動物達と触れ合いたい!そんな方には、ウォーキングサファリのエリアがオススメです。ドライブスルーサファリとはまた違った動物がいます。

またこちらのエリアでは、2018年3月にチーターの双子の赤ちゃんが誕生しました。オスのルークとメスのラムです。この二匹のうち、メスのラムはキングチーターです。

  • 写真:ポムラぽむ

キングチーターは、代々受け継がれるキングチーターの遺伝子を持つ親からしか生まれない、多くの謎に包まれた希少動物です。一般的なチーターの斑点模様と違って、背中に帯状の模様が見られ、毛がやや長く柔らかいと言われています。そのため、世界に30頭、国内に5頭しかいません。

2018年8月現在、赤ちゃんキングチーターを見ることができるのは、ここ姫センのみ!この機会をお見逃しなく!

  • 所要時間:60分~90分(個人差があります)

間近で触れ合える、えさやり体験♩

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

園内にいるクマ、ニホンザル、キリンなどには、毎日、いつでもエサをあげることができます♩エサの自動販売機がそばに置いてあるので、そちらで購入してください。1つ200円です。夏には、水浴びするクマさんの姿を見ることができます。その水をかけることもできます!ぜひ体験してみては?

また、希少動物のホワイトタイガー、ホワイトライオンにもエサをあげることができます!こちらは、毎日時間制で、先着30組限定となっています!事前予約はありませんので、当日時間前に集合しましょう!体験料は1組500円です。

遊園地

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

姫路セントラルパーク内には絶叫系の乗り物から2歳のお子様でも乗れる乗り物まであり、家族や友達、デートなど、どのシチュエーションでも楽しむことができます。入園料とは別にフリーパスを購入すると乗り放題で遊べます!

  • アトラクションフリーパス:大人3,000円、子供2,700円、幼児1,200円

夏限定の楽しみ!

大規模のプール「アクエリウム」

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

「アクエリウム」には、プール、スライダーがそれぞれ4種類あり、趣向を凝らしたものばかりです!もちろんキッズも楽しめるプールもあります♩その名も「パイレーツ キッズ アクエリア」。特大ジャグジーがあり、突然頭上から大量の水が落ちてきます!終始、歓声が響き渡るエリアです。こちらは入園料のみで入れるため、追加料金はかかりません。

花火・ファイヤーショー

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

1,200発の花火が19:50頃から遊園地内から打ちあがります。よく見える場所は、観覧車の下のあたり。また、花火の前には、約20分間のファイヤーショーも開催します!実際の炎をまとった松明をもって踊るなど、迫力のあるショーを見ることができます。太鼓の演奏が、迫力をより一層引き立たせてくれます♩

  • 開催日(2018年):7/14(土)〜9/2(日)の土日祝、8/13(月)〜8/15(水)

バスの中がにぎやかに!「ナイトサファリ」

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

夏に大人気のナイトサファリ!昼間に見る動物達とはまた違う、夜の顔を見ることができます♩自家用車での入場はできませんので、バスの予約が必要となります(入場料とは別に、バス代が必要です)。

こちらは、WEBによる事前予約もできますので、ぜひチェックしてみてください♩

  • 開催日(2018年):7/14(土)~9/2(日)の土日祝、8/13(月)~8/15(水)
  • 開催時間:18:45~20:50

冬限定の楽しみも!「風の城アイスパーク」

  • 写真:ポムラぽむ

冬になると、敷地内にある白亜のお城がスケートリンクに大変身!スケートシューズは無料でレンタルできます。また、初心者の方のためにレッスンも開催しているので、とても安心です♩こちらも入園料のみで入ることができます。

まとめ

いかがでしたか?四季を問わず楽しめる姫路セントラルパーク。ぜひ一度足を運んでみては?

姫路セントラルパーク
姫路市 / 動植物園 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:兵庫県姫路市豊富町神谷1436-1地図で見る
電話:079-264-1611
Web:http://www.central-park.co.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

生まれたときから旅人
旅っていいですよね。
計画立てる時、実際に行った時、写真や動画などで振り返る時‥3段階で楽しめますもん。
そして、ハプニングも付き物だったりする。だけど、それが楽しめるのも、旅の醍醐味♫
そんな感じで、生まれた時から旅をしていて、旅をこよなく愛する私なりの記事を書いていけたらいいなあ。なんて思っております◎
ぜひとも読んでいって下さいませ〜〜。
https://note.com/b10t4025u

【大阪・高槻】森林浴でリラックス!摂津峡ハイキング

大都会として知られる大阪ですが、実は府内には美しい公園がいくつもあり、遠出せずともアウトドアを楽しむことができるんです!今回はその中でも、北摂にある「摂津峡」に...


【兵庫】「日本のマチュピチュ」竹田城跡の雲海を見る方法

兵庫県朝来(あさご)市にたたずむ、竹田城跡。秋が深まるにつれて、雲海に包まれる絶景を見られるチャンスも増えてきます。その雲海を見る方法として、竹田城跡の中まで行...


【滋賀】何度も登りたくなる近江富士「三上山」

琵琶湖を周遊していると、どこからでもキレイな三角形の山が見えます。これは「近江富士」と言われる「三上山(みかみやま)」。御上という神様が宿っている神聖な山です。...

【三重】月に1度しか味わえない!伊勢神宮朔日参りに行ってみよう

毎月1日の早朝に神社へお参りすることを「朔日(ついたち)参り」と呼びます。伊勢神宮にも多くの人が朔日参りに訪れ、近くにある赤福では、その日限定の「朔日餅」を食べ...

【大阪】最強のパワースポット「住吉大社」を徹底解説!ご利益・初辰まいり・周辺グルメまで

「大阪の初詣といえば、すみよっさん」。と言われるほど、全国各地から参拝客が訪れる住吉大社。年間参拝者数は、約230万人!そんな住吉大社は、大阪随一のパワースポッ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります