伊勢・二見
伊勢・二見観光
日本の神社の総本山”伊勢神宮”が観光の中心

【三重】月に1度しか味わえない!伊勢神宮朔日参りに行ってみよう

取材・写真・文:

大阪在住

2018年5月1日更新

11,121view

お気に入り

写真:KONIO

毎月1日の早朝に神社へお参りすることを「朔日(ついたち)参り」と呼びます。伊勢神宮にも多くの人が朔日参りに訪れ、近くにある赤福では、その日限定の「朔日餅」を食べることができます。ということで毎月1日は、早朝にも関わらず店頭に行列ができます。毎月販売されるお餅の種類が変わるので、全種類制覇するために毎月足を運んでいる強者も。またお餅だけでなく、月替わりのお粥「朔日朝粥」も人気です。「朔日参り」という、いつもと違う伊勢神宮への参拝をこの機会にぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事の目次表示

伊勢神宮についてのおさらい

まずは、伊勢神宮について簡単におさらいしましょう。

伊勢神宮の正式名称

皆さんが聞き馴染みのある伊勢神宮は、実は正式名称ではありません。正式名称は、「神宮」。他の「神宮」と名のつく神社と区別をするために、地名をつけて「伊勢神宮」と呼ばれています。また親しみを込めて、「お伊勢さん」「大神宮さん」と呼ばれることも。

神宮には、内宮(ないくう)外宮(げぐう)を始め、14所の別宮(べつぐう)、43所の摂社(せっしゃ)、24所の末社(まっしゃ)、42所の所管社(しょかんしゃ)があります。これら125の宮社全てを含めて「神宮」といいます。

お伊勢さん参りの始まり

お蔭(かげ)参りが流行した江戸時代、全国へ広がった伊勢音頭で「伊勢へ行きたい、伊勢路が見たい、せめて一生に一度でも」と歌われ、人々は伊勢への憧れを募らせました。

現在も日本全国から多くの方が伊勢を訪れ、内宮と外宮を合わせると1年間に約800万人の方がお参りされます。

また、江戸時代から多くの人が「一生に一度」と憧れたお伊勢参りを実現すること自体、大吉でないわけがありません。その為、昔から伊勢神宮ではおみくじを引く必要がなかったと考えられます。それが現在でも、伊勢神宮におみくじがない理由です。

内宮と外宮について

内宮の正式名称は、皇大神宮(こうたいじんぐう)。皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神(おおみおやがみ)として崇敬を集める天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りしています。

外宮の正式名称は、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)です。衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしています。

参拝方法

外宮から内宮の順番にお参りするのがならわしです。その理由は、神宮のお祭りにあります。神宮のお祭りは「外宮先祭(げくうせんさい)」といって、まず外宮から行われます。そのために、参拝の順番も外宮からとなっています。

また、内宮、外宮それぞれに正宮(しょうぐう)というお寺でいうところの本殿があり、そこではお願い事はできません。日頃の感謝を伝える場所となっています。もし、個人的なお願い事をする場合は、内宮では荒祭宮(あらまつりのみや)で、外宮では多賀宮(たかのみや)で、といわれています。

月に1度の朔日参り

そんなお伊勢さんへの朔日参りとはどんなものなのか、詳しく見ていきましょう。

朔日参りとは

  • 写真:KONIO

明治以降に定着した風習に「朔日詣」があり、毎月1日には早朝に神宮へ参って神様に感謝し、清らかな気持ちでその月をはじめるという神領ならでの美風です。

現在でもその風習は続いており、内宮門前のおかげ横丁では、朔日参りが行われる日には早朝からお店を開けて特製の粥を振る舞ったり、参拝客をもてなしています。

毎月のお楽しみ!朔日餅

朔日参りに来る参拝客をもてなすものの1つとして、赤福で提供される朔日餅があります。朔日餅は、元日を除く毎月1日のみ販売される季節ならではの餅菓子です。昭和53年から、ずっと販売し続けているそうです。

以下が、月ごとの朔日餅の種類です。

  • 2月 立春大吉餅(りっしゅんだいきちもち)
  • 3月 よもぎ餅
  • 4月 さくら餅
  • 5月 かしわ餅
  • 6月 麦手餅(むぎてもち)
  • 7月 竹流し
  • 8月 八朔粟餅(はっさくあわもち)
  • 9月 萩の餅
  • 10月 栗餅
  • 11月 ゑびす餅
  • 12月 雪餅

※値段はそれぞれ異なります。またサイズ(小箱6個入りや大箱10個入りなど)によっても異なりますので、詳しくは、赤福公式ホームページをご覧ください。

受取方法

1.前日:午後5時から「列整理券」の事前受付。ご希望の方のみ「受付番号票」を受け取ることができます。当日午前3時30分に「列整理券」と引き換えてください。

※人気のある朔日餅の月には、当日並んでいる途中で「列整理券」がなくなる可能性もあります。もし確実に朔日餅がほしい場合は、前日から並び「受付番号票」を受け取ることをお勧めいたします。もしくは、赤福公式ホームページからの予約(販売月の前月15日から本店店頭または、電話にて)も可能です。

2.当日:午前3時30分、「列整理券」の配布。事前に「受付番号票」を受け取った方は、「列整理券(列を整理させていただくための券)」と交換します。まだ「列整理券」が残っていれば、当日並んで受け取ることも可能です。

  • 写真:KONIO

3.当日:午前4時30分、お並び 引換券配布。係員の誘導に従い、「列整理券」と「ご購入引換券」を交換します。

  • 写真:KONIO

4.当日:午前4時45分、販売開始。赤福のお店の前に並び、順番が来るまで待ちます。

赤福 本店
伊勢・二見 / スイーツ / お土産
住所:三重県伊勢市宇治中之切町26地図で見る
電話:0596-22-7000
Web:http://www.akafuku.co.jp/tenpo_syousai/?SHOP_ID=1
赤福 外宮前特設店
伊勢・二見 / スイーツ
住所:伊勢市本町14番1号地図で見る
電話:0596-22-7000
Web:http://www.akafuku.co.jp/tenpo_syousai/?SHOP_ID=27...

次のページを読む

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

伊勢・二見の旅行予約はこちら

伊勢・二見のパッケージツアーを探す

(二見)

(伊勢・伊勢神宮)

伊勢・二見のホテルを探す

伊勢・二見の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

伊勢・二見の現地アクティビティを探す

伊勢・二見のレンタカーを探す

伊勢・二見の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【三重】伊勢神宮内宮から徒歩圏内「猿田彦神社」で万事良い方向へ!

猿田彦神社は三重県伊勢市宇治浦田にある神社です。境内にある方位石という八角形の石柱から力を頂けると人気で、多くの参拝者を集めています。地元でも有名な「みちひらき...


【三重】100年以上ぶりの新商品!4色の赤福「いすず野あそび餅」をGETせよ!

赤福は言わずと知れた伊勢の名物お土産であり、赤福を作っている会社の名称でもあります。そんな赤福が2018年7月15日から抽選販売を始め、現在は先着順となっている...

【三重】伊勢神宮は早朝参拝で混雑回避!アクセス・駐車場情報なども紹介!

古来鎌倉時代から参拝客が訪れたという歴史のある伊勢神宮。現在でも人気は衰えず、最近では2013年に式年遷宮、2016年には伊勢志摩サミット参加のために来日した各...

【三重】現地予算1,500円!伊勢の定番スポットを回る日帰りモデルコースを紹介

伊勢神宮が有名な三重県伊勢市。今回紹介するモデルコースは、そんな三重県伊勢市を日帰りで観光するお手軽プランです。はじめての伊勢観光に、ちょっとした休日に、家族を...

伊勢参拝後のお楽しみ♪おはらい町とおかげ横丁食べ歩き7選

伊勢神宮の参拝を終えたら、いよいよお楽しみは、おはらい町とおかげ横丁散策ですね。伊勢名物と言えば、赤福餅に伊勢うどんが有名ですが、他にも美味しいものがありますよ...

この記事を書いたトラベルライター

生まれたときから旅人
旅がほんまに好きです。
現地の雰囲気を肌で感じることがワクワクしてたまりません!
また、富士山登山がきっかけで、すっかり山に魅了されてしまいました。
それ以来、山、自然、絶景を求める旅によく行きます☆
もちろん美味しいものにも目が無いです!
現地で味わったことを精一杯、記事に込めれたらと思っています!

【兵庫】「日本のマチュピチュ」竹田城跡の雲海を見る方法

兵庫県朝来(あさご)市にたたずむ、竹田城跡。秋が深まるにつれて、雲海に包まれる絶景を見られるチャンスも増えてきます。その雲海を見る方法として、竹田城跡の中まで行...


国内最大級の吊り橋「星のブランコ」がある【大阪・ほしだ園地】の絶景に感動!

大阪府には、府政100年を記念して整備された自然公園施設「大阪府民の森」が全部で8つあります。北から順に、交野市の「くろんど」・「ほしだ」園地、四條畷市の「むろ...

【大阪・高槻】森林浴でリラックス!摂津峡ハイキング

大都会として知られる大阪ですが、実は府内には美しい公園がいくつもあり、遠出せずともアウトドアを楽しむことができるんです!今回はその中でも、北摂にある「摂津峡」に...

【大阪】関西国際空港の裏側に潜入!?関空裏側見学ツアー

関西国際空港。皆さんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?大阪市の泉佐野市にある空港です。では、その裏側を見ることができることは、ご存知でしょうか?今...

【大阪】「#カベジョ」で投稿!インスタ映えスポット満載の北加賀屋とは

「インスタ映え」という言葉が流行り、今やそのために写真や動画を撮っている方もいらっしゃいますよね★そんな方々に朗報です!北加賀屋というエリアには、「GENIC ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?