北海道
北海道観光
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

ファームレストランで田舎料理バイキングを楽しもう!【北海道・鹿追】大草原の小さな家

2018年4月16日更新

344view

お気に入り

十勝では、パッチワークのような畑が連なる広大な大平原に建つ、農家や牧場が経営しているファームレストランが人気を集めています。なかでも、鹿追町にある「大草原の小さな家」では、地元の食材を使用した田舎料理バイキングをお手軽に楽しむことができると話題を呼んでいます。今回は、鹿追の食材を中心に、十勝の様々な家庭料理を味わえるファームレストラン・大草原の小さな家についてご紹介します。

ファームレストランとは?

ファームレストランとは、農家や牧場が直営するレストランのことで、広い敷地内にお店が建っているのが一般的です。

  • 大草原の小さな家の周囲の様子

そこで収穫された野菜や穀類、飼育されている食肉や乳製品など、こだわりの食材を使用したスペシャルなメニューが話題を呼んでいます。

またファームレストランの中には、宿泊施設を備えて、ファームステイできるところもあります。

その地ならではのお料理と共に、緑いっぱいで気持ちの良い立地が人気を集めています。

お店の外観

大草原の小さな家は、ファームレストランらしく、十勝の広々とした草原が広がる広大な地に建っており、ファームステイできる宿泊施設も備わっています。

白樺の木々や手作り感漂う看板は、ファームレストランのイメージにピッタリで、お食事を頂く前からワクワクとした気持ちにしてくれます。


店内の様子

山小屋風のウッドハウスの店内は、木の温もりとアットホームな優しい雰囲気で包まれています。

天井が高く、席と席との感覚も広いので、開放的な空間です。

窓もたくさんあり、外には農家を感じられる景色が広がっています。

長閑な時間がゆったりと流れ、お母さんの手料理のような優しい料理のかおりが漂い、心からホッとできる空間となっています。

バイキングメニューの紹介

大草原の小さな家では、自家栽培野菜などを中心に、四季折々の旬の食材を活かした田舎料理バイキングを楽しむことができます。

今回は、まだ北海道では雪が残る春先(2018年4月)に訪れた際に頂いた、十勝の家庭料理が勢ぞろいのバイキングメニューについてご紹介します。

料金は以下の通りです。

冬のバイキング料金(税込み)
お一人様 1,500円/7~10才 900円/3~6才 500円
※約20種類のお料理+フリードリンク+ミニパフェ付き

主食メニュー

滝川町中野ふぁーむ特選ブレンド米とひじきご飯

道内の滝川町でつくられたお米のブレンド米とひじきご飯。白いご飯以外にも様々な主食メニューがあります。

手作りカレー

ぐつぐつと煮込まれ、しっかりとした味付けの手作りカレー。大人気メニューの1つで、鹿追風おふくろの味を楽しめます。

鹿追蕎麦

鹿追はそばも有名で、町内にはおそば屋さんも多く、秋にはそば祭りが開催されます。そんな鹿追のそばもバイキングメニューにあり、気軽に楽しむことができます。

おかずメニュー

十勝の家庭料理が勢ぞろいの冬のバイキングでは、デザートなどを含め、約20種類以上のメニューが並びます。

大根の煮物やひじきの煮物など優しいお母さんの味を感じられる田舎料理や、男性でも大満足なとんかつや唐揚げなどのガッツリメニューも用意されています。

ドリンクメニュー

藤井農場産 しぼりたて牛乳

ジュースやカフェメニューが並ぶなかで特に注目を集めているのが、こちらの藤井農場産 しぼりたて牛乳。

コクがあるのに、サッパリとした後味で、牛乳だけでも何杯でも飲めてしまうほどの美味しさです。

ドリンクバー

バイキング料金内にドリンクバーも含まれているので、お茶やジュースを自由に飲むことができます。

カフェメニューも充実しているので、食後にゆっくりコーヒーなどを楽しめます。

デザートメニュー

おはぎ

十勝と言えば、おはぎをイメージされる方も多いかと思いますが、その十勝名物のおはぎもバイキングメニューで頂くことができます。

つぶつぶとした食感がしっかりと残っているもち米と、小豆の優しい甘さがバランス良く、1つのサイズも小さめなので、満足いくまでたくさん食べることができます。

いも団子

鹿追産氷室メークインを使用した人気メニュー、いも団子。

食感がとてももちもちしており、おいも自体の甘さも楽しめる1品です。

デザート引換券でもらえるデザート

食後のデザートに嬉しい、ソフトクリームにチョコがかかったミニパフェ。

バイキングメニューが並んでいるデザートとは別に、お食事のスタート時に、一人につき一枚、デザート引換券がもらえ、好きなタイミングでカウンターに持っていくと交換してもらえます。

おわりに

十勝の大平原に建つ、地元の食材を中心とした様々な田舎料理バイキングを楽しめるファームレストラン・大草原の小さな家はいかがだったでしょうか?

今回は冬のバイキング期間のメニューのご紹介でしたが、この期間を終えると、更に料理数がアップし、より賑わいを増します。

農家さんの広大な敷地内に建っているため、市街地からは少し離れた場所にありますが、十分に行く価値があります!

ぜひ、十勝らしい広大な景色と地元のとれたて食材を存分に楽しんで下さいね!

大草原の小さな家
北海道 / その他レストラン
住所:北海道河東郡鹿追町笹川北7線11番地3
電話:0156-66-2200
Web:http://daisougen.jp/

北海道の旅行予約はこちら

北海道のホテル予約をじゃらんで探す

北海道の航空券予約をskyticketで探す

北海道のパッケージツアー予約をJTBで探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月7日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

初めての札幌観光におすすめ!絶品グルメが味わえるお店6選

北海道を代表する都市・札幌。時計台や北海道庁旧本庁舎など開拓使の歴史を学べるスポットをはじめ、羊ケ丘展望台など絶景を楽しめるスポットもありますが、海鮮丼やジンギ...

「スイーツめぐり券」でお得に巡る!【北海道】十勝の話題スイーツ!

「スイーツ王国十勝」と呼ばれるほど、北海道を代表するスイーツ激戦区、十勝。帯広市を中心にその周辺は話題のスイーツ店で溢れています!十勝に来たのなら、有名店はもち...


【北海道】小樽バインで絶品ワインと料理を楽しもう

歴史的建造物が立ち並ぶ街、北海道小樽市。「小樽バイン」は、そんな古きよき時代の名残を感じながら、ワイン工場から直送された生ワインを肩肘張らずに楽しめるレストラン...

北海道グルメ、生肉ジンギスカンの店「ラムハウスQUEQUERE」

北海道は、新鮮魚介類・味噌ラーメン・スープカレー・ジンギスカン・トウモロコシ、乳製品など、盛りだくさんの食文化が栄える観光都市です。今回は、そんな北海道で唯一ラ...


【ニセコ】道産子絶賛!地元で人気の行列ができる名店4選!

国際的なリゾート地としてその名を轟かせているニセコ。2016年には地価上昇率日本一となるなど、現在でもインバウンド需要による商業施設の建設ラッシュが続いています...

この記事を書いたトラベルライター

生粋の転勤族ライター
トリップノートでトラベルライターをさせて頂いている傍ら、鳥取県の地域情報メディア「とっとりずむ」で、観光・グルメ・育児のライターをさせて頂いています!

敏腕編集長と地元民のライターさんに混ぜて頂き、鳥取勤務の間は、メジャーな情報はもちろんのこと、マイナーでコアな鳥取情報も発信していきます。

鳥取県の良いところを日本に、更には世界に発信していくことに尽力します!

税込980円でこの鮮度!【鳥取県】賀露港・市場食堂で新鮮海鮮を!

日本海に面している鳥取県は海の幸にも恵まれています。今回ご紹介する賀露港・市場食堂は鳥取県賀露港のすぐそばにあり、新鮮な海鮮物をまさかの税込1,000円を切る値...

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

充実しすぎのSA!足湯カフェや入浴施設もある【静岡】EXPASA足柄(下り)の魅力

足柄サービスエリアは静岡県御殿場市(上り)と駿東郡小山町(下り)にある東名高速道路のサービスエリアです。今回は足湯カフェや入浴施設などがあり、充実しすぎのサービ...


鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?