北海道
北海道
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

【北海道・帯広】まさに地上の楽園!花を愛する、おばあちゃんが造った夢の世界-紫竹ガーデン

2017年10月20日更新

340view

お気に入り

紫竹ガーデンは、とかち帯広空港から車で28分、帯広駅から車で35分のところにあります。十勝平野の田園地帯にある約15,000坪という広大なガーデンには、春から秋にかけて約2,500種類の花が咲き乱れ、さらに蝶やミツバチ、小鳥が飛び交う、まさに「地上の楽園」という言葉がピッタリです。

紫竹ガーデンとは?

紫竹ガーデンへは、とかち帯広空港、帯広駅どちらからも、車で豊かな田園地帯を走って30分前後で行くことができます。

  • ガーデンの周りの景色

北海道には、大小様々な美しい花園があります。特に、旭川大雪~富良野~十勝にかけて全長約250kmには、8つの個性的な花畑が集中しており、「北海道ガーデン街道」と名付けられ、人気の観光ルートとなっています。

その1つが、紫竹ガーデンなのです。

  • 紫竹ガーデン入口の様子

紫竹ガーデンは、オーナーである紫竹昭葉(しちくあきよ)さんが、専業主婦から転身して農家となり、1992年に開園した花園です。

このガーデンの大きな特徴は、紫竹昭葉さんが、子供の頃に楽しく遊んだ思い出を再現したような、花いっぱいの十勝の野原をイメージして造ったということです。

また完全無農薬で除草剤も使用せず、そのかわり栄養たっぷりの土作りにこだわり、ここ数年は水やりもしていないという、手をかけすぎない園芸という理念で運営されています。

紫竹昭葉さんとは?

このイラストの方が、ガーデン創業者でオーナーの紫竹昭葉さんです。

優しくて仲の良かったご主人が1983年に突然逝去され、56歳だった昭葉さんは、失意の毎日でしたが、ご家族からの言葉や、残りの人生で何ができるだろうと自問し、

「北海道の地に、昔遊んだような花畑をつくること」(「紫竹おばあちゃんの夢ノート」より抜粋)

を思い立ったそうです。

  • 野原でよく見かける草花

そして63歳から、その夢を実現するための庭造りを始め、1992(平成4)年に紫竹ガーデンを開園。現在では、年間10万人以上が訪れる人気スポットに成長しました。

また2015(平成27)年には、園芸文化の発展に寄与したということで「園芸文化賞」を受賞されています。

紫竹ガーデンのオーナーは、テレビや書籍をとおしてご存知の方も多い、有名なおばあちゃんです。
ちなみに、おばあちゃんの

座右の銘は「只管遊華(しかんゆうげ)」。「ただひたすら花に遊ぶ」という意味で、ある高僧の方よりいただきました。(「紫竹おばあちゃんの夢ノート」より引用)

とあるように、会社名に「遊華」と付いています。

紫竹昭葉さんの、想いの詰まったガーデンだということがよく分かります。


ガーデンを散策してみよう!

12のテーマに分かれるガーデン

遊び心と、どこかメルヘンな出入り口には、左側にチケット売り場、右側にレストランがあります。

チケット売り場には、入場料のほか、見頃を迎えたお花の情報が書かれています。(写真左)

  • 「入園料金」と「今見頃の花」が書かれた看板
  • お花の種

入場料(大人800円/税込)を払うと、なんと、紫竹ガーデンで採れたお花の種をいただけます!(写真右)

色々な種類の種が入っています。どんなお花が咲くかは、咲いてみてのお楽しみといったところでしょうか?ここにも遊び心がありますね♪

  • 園内地図

ガーデンは、「宿根ボーダーガーデン」「バラとクレマチスの道」「睡蓮の池」「パレットの花壇」など12のテーマに分かれています。詳しいテーマの説明はこちらをご覧ください。

植物の間を歩くような空間

各テーマの入口には、写真のような標識があります。

ただ、紫竹ガーデンは「十勝の野原をイメージ」しているためか、花の名札はありません。逆に名札がない分、本当に野原で遊んでいるような気分になれます。

筆者がガーデンを訪れたのは、8月の後半で、ダリア、ユリ、アナベルなどが最盛期でした。

  • ユリとアナベル

ユリとアナベルの共演は迫力満点!

このユリ、カサブランカではないでしょうか?お花屋さんによっては、ガラスのケース内に飾られているような種類も、ここでは他の花と共存共栄です。

ガーデン内は、細い小道の両脇にお花が植えられているところが多く、背の高い植物の間を歩くような感覚です。

小道の横には大きな樹木が植えてあり、この樹木でテーマを区切ってあります。

お花を1つ1つ見ていくと、おばあちゃんの夢のとおり、「あ!この花、昔見たことがある」という花に、よく遭遇します。

とにかく広いのと、草花の背が高いので、花の迷路のような場所もあります。

たまに、どこを歩いているのか分からなくなりますが、澄んだ空気、様々な花からの芳醇な香り、鮮やかな色の花々に囲まれていると、ずっと迷っていても良いような気がしてしまうのが不思議です。

ゆったりできる休憩エリアも

高い樹木に覆われた緑の中で、ゆったりできるエリアもあります。緑の中に置かれた、真っ白なテーブルと椅子が、太陽の光でキラキラしています。

15,000坪という広大なガーデンなので、休憩できる場所は嬉しいですね。

筆者は、ちょうど睡蓮が見事な時期に行くことができました。歩き疲れたら、水辺で休むのも良いですね!

色ごとに集められた花たち

  • ホワイトガーデンの様子

白い花だけを集めた「ホワイトガーデン」です。ありそうでいてあまりないと思います。同じ時期に開花する白い花を集めた、見事な一角です。

アナベルとユリが見事です。

逆に色々な花を集め、まさにパレットを広げたような、その名も「パレット花壇」というテーマもあり、見る人を飽きさせません。

そして植えてある植物は、珍しいものばかりではなく、見慣れた花も一緒になっています。

また、この場所を逆方向から見てみると、まったく違う印象となります。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月19日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

富良野だけじゃない!? 札幌で楽しむラベンダー畑6選!

夏の北海道の風物詩といえばやっぱりラベンダーですが、富良野に行かないと見られないと思っていませんか?実は北海道で最初にラベンダーが栽培されたのは札幌市なのです!...

北海道の定番・観光スポットならココ!30選

札幌、函館、小樽、十勝、知床・・・日本でも有数の観光地である北海道には、数多くの観光都市があり、雄大な大自然を堪能できるスポットや、レトロで情緒ある街並み、世界...

1位は山中湖花の都公園!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年5月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年5月の1位はトリップノートトラベラーtani...

札幌から一足伸ばして行ける!おすすめスポット3選

旅行先として、大人気の北海道札幌市。市街には多数の観光地やグルメスポットがあり、何度でも訪れたくなる街です。ですが、札幌市街から一足伸ばせば自然豊かなスポットが...

【札幌】大仏とモアイ像を拝む!安藤忠雄作の新名所・真駒内滝野霊園

札幌といえば、時計台や羊ヶ丘展望台など有名な名所がありますが、最近にわかに話題になっているのが真駒内滝野霊園(まこまないたきのれいえん)!1981年の開園ですが...



この記事を書いたトラベルライター

在宅ワーカー&ライター
皆さまこんにちは。
週末を利用して北海道内はドライブがメインで、数年に一度は本州方面にも足を伸ばしています。
2006年には、北海道の「道の駅巡り」93か所を制覇しました。
そこで、これまでに旅先で出会った素敵な場所や物を紹介し、皆さんにもその感動を味わっていただきたいと願っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

化石からノーベル賞まで! 北海道大学総合博物館の充実過ぎる展示品

北海道大学総合博物館は、札幌駅北口から北へわずか徒歩10分の場所にある、入館料無料の博物館です。敷地面積日本一の、自然と四季折々の景観が楽しめる北海道大学のキャ...

もはやエンタメ施設?北海道・新千歳空港の見どころ8選

北海道旅行者の約80%が利用する、まさに北海道の空の玄関口という呼び名にふさわしい新千歳空港。札幌市内からJRで約40分の距離に位置する千歳市にあります。201...

知ればもっとビールが美味しくなる! サッポロビール博物館

サッポロビール博物館は、サッポロビールの歴史を紹介する日本でただ一つのビール博物館です。1876年(明治9年)、北海道開拓使の村橋久成や中川清兵衛が、北海道札幌...

日本一空港に近い温泉街-【函館・湯の川】のおすすめスポット6選

「函館の奥座敷」「日本一空港に近い温泉街」として人気の高い湯の川温泉街は、約20の温泉・旅館があります。温泉に入ってのんびり癒やされるのは、温泉旅行の醍醐味です...

なまら「イカす」!【函館・湯倉神社】

「北海道三大温泉」であり、「函館の奥座敷」として人気のある、湯の川温泉街。「湯倉神社」は、湯の川温泉発祥の地に建てられている神社です。五穀豊穣・商売繁盛・家内安...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?