★中国・香港★話題のフォトスポット「超過密住宅」の行き方

326

view
   2017年11月21日更新

この写真、見たことありませんか?香港の超過密住宅(Yick Cheong Building)で、最近フォトグラファーに人気のあるスポットのようです。行ってきたので、行き方などご紹介します。

「超過密住宅」の行き方

太古駅にて下車

港島線の太古駅が最寄駅です。電車を降りたらBの出口から地上に出てください。地上に出ましたら、正面の英皇道を西(地下鉄の階段を背中に向けて左側)に進みます。

有名な超過密住宅以外にも、道中至る所に高層マンションがあります。

「超過密住宅」入り口

地下鉄の出口から約5分ほど歩くと、入り口に到着します。目印は「六福珠寶(LUKFOOK JEWELLERY)」です。六福珠寶を通り過ぎると、写真のような入り口が見えてきます。

入り口はもう一箇所あります。1つ目の入り口の並びにあり、Number1というお店と福昌肉食公司というお店の間です。目立たない入り口なので、下の写真を参考にしてください。

少し薄暗いですが、通路を通り抜けると、「超過密住宅」到着です。

太古駅

香港

 

住所:Kornhill Rd, Kornhill, 香港

撮影してみましょう

あまりの迫力に、どう撮るか迷うほどです。地面に置いて撮るのが一番たくさん建物を写すことができると思います。

また、写真では「ロ」の字型に立つマンションのように見えますが、実際は「コ」の字型です。裏の建物があまりにも近いため、「ロ」の字型に見えるということがわかると思います。隣の建物だけ少し見た目が違うので、省いて「コ」の字型に写すのも統一感があり綺麗におさまります。

上↑の写真と逆側の写真です。

コンクリートの台のようなものがあるので、そこに座り、下のアングルから撮影するのもオススメです。時間帯にもよりますが、筆者が訪れた13時頃は、「コ」の字型の部分と一緒に写そうとすると逆光になりました。あえて暗めにとり、人をシルエットのように撮るとカッコよく撮れます。

筆者は昼撮影しましたが、夜も幻想的な雰囲気を味わえるようです。お時間ある方は是非訪れてみてください。

Yick Cheong Building

香港 / 建造物

 

住所:英皇道1046號,香港

帰りはトラムを利用するのもおすすめ

超過密住宅を出ると、正面にトラムの柏架山道駅が見えます。上環・中環方面に帰る場合は、西行のトラム乗り場に並んでください。地下鉄よりも駅数が多く信号も多いので、2〜3倍の時間がかかりますが、2階建てトラムの最前列から見る香港島の街並みは見る価値がありますので、目的地の途中まででもいいので乗ってみてください。

住所:Mount Parker Road , Quarry Bay, 香港

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月5日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
なんにもないおひとりさまトラベラー

2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんな何にもない私ですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車など、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。

https://designarthphoto.wixsite.com/yosiasu

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!