香港
香港観光
ヴィクトリアピークからの夜景は世界三大夜景のひとつ

まるで映画の中の世界!?香港一のインスタ映えスポットをご紹介!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:27ヶ国

2018年5月7日更新

7,239view

お気に入り

人気の旅先の一つである香港。中国に属していながらも行政区が異なり、独特の文化が育まれ、世界から多くの観光客を集めている観光都市です。そんな香港の国土面積は札幌市とほぼ同じと非常に小さく、人口密度が高いことで知られています。それゆえ香港は高層マンションが非常に多く、またそのビル群の密集度合いも非常に高いのが特徴です。今回はそんな香港だからこそ生まれたといえるスポット、益昌大廈(イェック・チェウォン・ビルディング)をご紹介します!!

この記事の目次表示

香港のおすすめツアー
【WEB予約限定商品】香港航空《成田午前発/現地深夜発》4つ星[ベストウェスタンホテルコーズウェイベイ]宿泊!!香港1泊3日間
38,100円~92,500円
【WEB予約限定商品】香港航空《成田午前発/現地深夜発》4つ星[ベストウェスタンホテルコーズウェイベイ]宿泊!!香港1泊3日間
38,100円~92,500円
【WEB予約限定商品】香港航空《成田午前発/現地深夜発》人気の4つ星[ラマダ香港ハーバービュー]宿泊!!香港1泊3日間
38,800円~90,900円

益昌大廈とは

益昌大廈(イェック・チェウォン・ビルディング)は、香港にあるマンションの名前。「大廈」は中国語でマンションを意味します。こちらのマンションは他のマンションとは異なり、香港の中でも特に密集度の高いマンションとして有名です。

この姿はかつて香港に存在し、東洋一のスラム街と呼ばれた九龍塞城を彷彿とさせることから、香港ならではの景色として観光客を惹きつけています。

最寄り駅は香港の地下鉄であるMTRの太古駅。香港観光の中心で、度々利用するであろう中環駅から、港島線で8駅です。太古駅を出たら、B出口を目指しましょう。B出口を出たら目の前の英皇道を左手へ。3分ほど進むと写真のように湾曲した建物が見えてきます。これが益昌大廈です。

入口はとても小さいですが、中に入ると巨大なビルに囲まれた中庭があり、すぐに益昌大廈ならではの景色を見ることができます。1階(香港では0階)にはレストランやクリーニング店が入居しており、地元の方の生活を垣間見ることもできるスポットです。

太古駅
香港 / 駅・空港・ターミナル
住所:Kornhill Rd, Kornhill, 香港地図で見る

なぜ有名なのか

香港らしさを残す益昌大廈ですが、こちらのマンションが有名になったのにはいくつかの理由があります。その1つが映画。あの世界的に人気な映画『トランスフォーマー ロストエイジ』のロケ地となったことでその名を世界に広めました。

また日本では2017年に発表されたMONDO GROSSOこと大沢伸一さんと満島ひかりさんの曲、『ラビリンス』のPVのロケ地としても知られるようになりました。こちらのPVは夜に撮影されているので、さらに幻想的な雰囲気を出していますね。

またその他にも、世界的な写真家であるRomain Jacquet-Lagrèze氏が益昌大廈の様子を写真に収めたことも、有名になった理由の一つだと言われています。

今でこそ珍しくなってしまった香港らしい密集度合いが実在している益昌大廈だからこそ、様々な作品の舞台として選ばれているんですね。

益昌大廈でインスタ映えを狙おう!(※)

益昌大廈では、ぜひ写真のように下からのアングルで撮影をしてみましょう。ビルの密集度合いが引き立ち、非現実的な映画の世界のような一枚を撮影することができます。

しかしながら、注意したいのはここは一般の方が住むマンションだということ。近年人気作品の舞台として突如世界的に知られるようになったため、急激にこの場所を訪れる人が増えているのだとか。

中に入ることや写真を撮ることは禁止になっていませんが、あくまでも我々はビジターであることを忘れず、慎ましく振舞うことを忘れてはいけません。

※当記事は訪問時の状況に基づいて作成しています。2018年5月現在、住民のプライバシー保護のため、益昌大廈での撮影は遠慮するように案内されています。

いかがでしたか?

香港のガイドブックには載っていない観光スポット、益昌大廈。今は少なくなってしまった古き良き香港を思わせるとても趣のあるマンションです。初めての香港旅行の方はもちろん、リピーターで定番スポットに行き飽きてしまった方にも、是非オススメしたいスポット。比較的駅から近いこともあり、訪れやすいのも魅力ですよね。

香港旅行の際にはぜひ、旅のプランに組み込んでみてはいかがでしょうか?

Yick Cheong Building
香港 / 建造物
住所:英皇道1046號,香港地図で見る

香港旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならば香港のツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房で香港のすべてのツアーをみる>>

香港の旅行予約はこちら

香港のパッケージツアーを探す

香港のホテルを探す

香港の航空券を探す

香港の現地アクティビティを探す

香港のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


香港の人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

ヴィクトリア・ピークや女人街、香港ディズニーなど香港の数ある観光スポットの中で、トリップノートの4万人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年7月現在)が実...


2019-2020年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

2019〜2020年の年末年始は9連休!お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先...

願いが叶う香港・黄大仙廟で本格占い!おみくじの解説方法もご紹介

「求めれば必ず願いが叶う」と言われる香港のパワースポット「黄大仙廟」。願い事の結果を占うおみくじの引き方や、占い師にお願いするおみくじ解説の方法もご紹介します。

香港で運気アップ!行っておきたいパワースポット12選

香港の人々と風水は切っても切れない密接な関係。生活の中にも風水を取り入れながら暮らしています。そんな香港には、風水学に基づいた建物や「気」の流れを重視した公園な...

香港・クオーリーベイのモンスターマンション「yick cheong building」がフォトジェニック!

香港・クオーリーベイのモンスターマンション「yick cheong building」は居住地ではありますが、その景観はもはやアート。人気の理由やアクセス方法、...

この記事を書いたトラベルライター

旅するファッションマーケター
兵庫県生まれ/ニューヨーク・千葉育ち/旅するウェブマーケター兼時々フォトグラファー
都内でファッションECのマーケターをしながら、年に4~5回海外旅行、時々出張をし、現在25カ国以上を制覇。
バックパッカースタイルも、ちょっと贅沢なラグジュアリー旅行もどちらも好き。

旅の醍醐味は食べること、歩くこと、人と会うこと。
世界中に"お気に入りの場所"と"会いに行ける友人"を持つことがよろこび。
夢は198カ国、全世界制覇!
普通のガイドブックでは得られない情報を皆さんとシェアできればと思います。

本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...


現役アパレルマンの筆者が教える、ロンドンで必訪な古着屋3選!

世界でも有数のファッション都市として知られているロンドン。東京やニューヨークなどと並んで流行の発信地としても名高い場所ですが、実はロンドンは他のファッション先進...

【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...

リピーター続出!秩父の大自然を体感できる巴川オートキャンプ場へ行こう!

いよいよキャンプシーズンが到来!道具を揃えたのはいいけれども、実際どこのキャンプ場がいいんだろう?とお思いの方はきっと多いはず。キャンプに行くなら、BBQやキャ...

足つぼマッサージの元祖!台湾で極上マッサージが体験できる十足健康へ!

台湾旅行の醍醐味と言えば、やはり足つぼマッサージ。今や世界に広がりを見せた台湾式足つぼマッサージですが、もちろん台北市内には観光客向けのものからローカル向けまで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?