茨城
茨城
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

滝のあとは、モミジに漆「茨城・大子町」で、たまには、しぶ~いお散歩デート

2016年11月18日更新

773view

お気に入り

茨城県の有名観光スポット、日本三名瀑の一つでもある袋田の滝で、迫力の滝を堪能しながら奇跡のハートを探したら、通称「もみじ寺」と、言われる永源寺で紅葉を楽しみ、レトロな町をお散歩してみましょう。町には、日本古来から伝わる漆について、詳しく知ることができる施設もあります。秋だからしてみたい、たまには、大人のお散歩デート。

日本三名爆・袋田の滝

袋田の滝は、「日本の滝100選」はもちろん「日本三名瀑」の一つでもあります。久慈川の支流、滝川にかかる滝で高さ120メートル、幅73メートル。四段に落下することから別名四度の滝(よどのたき)とも呼ばれています。一説には、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ、真の風趣を味わえない。」と、絶賛したとも伝えられています。

西行法師が伝えた言葉通り、季節ごとに様々な表情を見せる袋田の滝は、新芽の緑が印象的な春から、滝全体が凍結し氷瀑となる冬の景色まで、訪れるたびに違う景色を見せてくれます。毎年11月から2月にかけては、滝が幻想的にライトアップされます。水量の変化によって、滝の2段目中央部にハートマークが現れることも。そんな奇跡のハートマークを見つけられたカップルはラッキー?!

袋田の滝
茨城 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:茨城県久慈郡大子町袋田
電話:0295-72-0285
Web:http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001474.h...

通称「もみじ寺」の永源寺

  • 永源寺門前

永源寺は、文安3年(1446年)に創建された曹洞宗の寺院です。元治元年(1864年)に起きた天狗党の乱で、寺の大半を焼失してしまいました。そののち、1953年に再建され今日に至っています。

  • 大子の町

場所は、JR常陸大子駅裏手で久慈川を見下ろす高台に位置し、見晴らしの良い境内からは、大子町の中心部を一望できます。

見事な紅葉で有名

紅葉の季節には、多くの方々で賑わいます。赤や黄色に色づいたモミジ、ケヤキ、カエデなどで埋め尽くされる境内の風景は、紅葉で有名な京都にもひけをとらない美しさです。

パレットに絵具を散らしたような、紅葉が織りなす自然のアートに、見とれてしまいます。例年紅葉は、10月下旬ごろから色づき始め、11月中旬あたりから見頃となるようです。

永源寺
茨城 / 社寺・教会
住所:茨城県久慈郡大子町大子1571
電話:0295-72-0494

漆の麗潤館

ご存知ない方が多いかも知れませんが、茨城県は、岩手県に次いで全国第2位の漆産出県であり、大子町は良質の漆が採れる産地なのです。

透明度が高く、良質の大子漆は、輪島塗や春慶塗など高級漆器に仕上げ用として使われています。麗潤館は、国産漆の振興のため大子町に拠点を置くNPO法人です。

  • 麗潤館

建物は昭和30年代の病院を改装されていて、館内には漆搔きの方法などわかりやすく展示されています。

漆と日本

江戸時代までの日本は、漆とは、切っても切れない生活をしていました。馬の鞍や刀、家具、漆器など、ペンキやプラスチックがない時代には、漆がその役割を担っていました。しかし、時代の移り変わりによって、漆製品は、高い、使いにくいなどの理由で徐々に影をひそめてしまいます。

そうした市場の需要の低下も含め、漆掻き職人の高齢化や後継者の減少の問題など、縄文時代から続いたわが国の漆文化は危機を迎えようとしているのだそうです。この機会に、漆文化に興味を持ってみるのも良いのではないでしょうか?

麗潤館
茨城 / 博物館・美術館
住所:茨城県久慈郡大子町大子705
電話:0295-76-8777
Web:http://reijunkan.com/

デートの締めは、レトロカフェで

  • daigo cafe

こじんまりとした大子の町ですが、隠れ家的なレトロカフェもありますので、立ち寄ってみては?!

古い民家をリノベーションした「daigo cafe」は、落ち着いた雰囲気。古い家具に囲まれて、休憩にぴったりのほっこりできるカフェです。

大子町文化福祉会館「まいん」の駐車場が利用可能です。

ダイゴカフェ
茨城 / カフェ・喫茶店
住所:茨城県久慈郡大子町大子688
電話:0295-76-8755
Web:https://ja-jp.facebook.com/daigocafe/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年10月25日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

紅葉以外も!9月・10月・11月の秋旅にオススメ国内旅行14選

すっかり朝晩の気温が下がり、木々が色づき始める秋。三連休が多く、旅行に出かけるチャンスも増える季節です。そんな秋にベストシーズンを迎える旅先をご紹介します。

関東を花旅しよう。花の名所14選〜秋編(9・10・11月)〜

暑さもやわらぎ気候もよく、三連休の多い秋は行楽シーズン。そんな季節は綺麗に色づく花を見に旅をしませんか?曼珠沙華(まんじゅしゃげ)やサルビア、コキアといった真っ...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

1日で遊びきる!筑波山周辺満喫コース【茨城】

美しい佇まいの筑波山周辺には、ファミリーでもカップルでも、大いに楽しめるスポットが点在しています。それぞれ車で30分圏内という近さで、全て訪れても無理なく1日で...

茨城【ひたち海浜公園】駐車場攻略でネモフィラの青の世界にうっとり

書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』にも掲載され、東京から日帰りで見に行けることからも大人気な国営ひたち海浜公園。2017年のゴールデンウイーク期間中の入園者...



この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

川越散歩でお土産みつけた!話題のドレッシングから蔵町パンまで13選

埼玉県・川越の魅力は、タイムスリップしたような蔵造りの町並みや、昔懐かしい菓子屋横丁など、歩いて散策できるスポットが集中していること。その上、おいしい食べ歩きグ...

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

ベルギー・ブルージュで見つけた!大満足のお土産探し!

歴史的な名所に、美しい風景、優雅な運河クルーズに美味しい食事。ベルギーの古都、ブルージュをおもいきり満喫した後の仕上げは、お土産ですね。美味しいもの、一生の記念...

北海道みやげ定番以外!友人・職場用ばらまき土産5選&自宅用土産2選

「なにも買うものがな~い。何を買ったらいいの~?!」なんてことには、決してならない北海道。お洒落で美味しそうで、パッケージもかわいい!そんなお土産がたくさんあり...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?