アイスランド
アイスランド観光
火と氷の国で雄大な自然を満喫したい

自由に冒険したいなら車が1番!アイスランドのレンタカー事情とは?

取材・写真・文:

イギリス在住

2017年5月17日更新

3,390view

お気に入り

アイスランド旅行の醍醐味である、大自然を感じる旅。「自然の宝庫」ともいわれるアイスランドの大自然をもっと身近に、もっと自由に感じられる旅にしたいなら、レンタカーで周る旅がおすすめです◎ 実際、アイスランドを訪れる欧米圏の旅行者の多くはレンタカーを借りて自分で移動しているんです。そこで、アイスランドのレンタカー事情や気になるポイント、レンタカー受け渡しの流れや注意点等をまとめてご紹介します!レンタカーで周れば、アイスランドを愛しちゃうこと間違いなし!

この記事の目次表示

アイスランドのおすすめツアー
【ANAマイルが貯まる!】**。レイキャビーク&パリ。**  ANAで行くおしゃれな2ヶ国周遊!! 【空港-市内送迎バスチケット付き】 ホテルは市内スタンダードクラスにご宿泊 7日間
161,800円~470,800円
【同日着/乗り継ぎラクラクSAS】◇日本語オーディオガイド付き!地球の鼓動を感じるゴールデン・サークル観光◇迫力満点!アイスランドの大自然を見に行こう*レイキャビック5日間 〈空港⇔市内のバスチケット付〉
164,800円~260,800円
【同日着/乗り継ぎラクラクSAS】◇日本語オーディオガイド付き!地球の鼓動を感じるゴールデン・サークル観光&神秘の光オーロラハント◇*レイキャビック6日間 〈空港⇔市内のバスチケット付〉
170,800円~263,800円

アイスランドを冒険しよう!

  • アイスランドの国旗

日本と同じ島国であり、北海道よりも少し大きいほどの土地面積であるアイスランド。そんなアイスランドには鉄道や地下鉄がありません

そのため、移動するときには一般的に徒歩や車、バスを利用して移動することになります。もちろん、周辺の島々など行き先によっては飛行機やフェリーを利用することも。

  • 自然の宝庫、アイスランド

そんなアイスランドの魅力は、「自然の宝庫」と呼ばれるほどの大自然。アイスランドの旅の醍醐味でもある大自然を感じる旅をするのなら、車が1番

とはいえ、タクシー料金は非常に高く、各地に点在している大自然を冒険するには長距離移動となるため、公共バスの料金であっても意外と高額になってしまいます。

  • 自然の宝庫、アイスランド

1人旅であれば、公共バスもしくは現地のツアーに参加するほうが安くつくかもしれませんが、2名以上のグループでアイスランドを冒険したいのなら、絶対レンタカーを借りるのがおすすめです。

費用を抑えられるだけでなく、より身近に、そして自由に、効率良く感じることができるレンタカーの旅で、アイスランドが誇る大自然を満喫する旅へと出かけてみませんか?

アイスランドのレンタカー事情

  • アイスランドでレンタカー

アイスランドのレンタカーを予約する方法

アイスランドでレンタカーを借りる際、おすすめなのがケフラヴィーク国際空港もしくは首都であるレイキャビク市内にて借りること。

ケフラヴィーク空港のオフィスであれば、深夜到着便や早朝出発便にも対応して営業しているほか、追加料金を支払えばケプラビーク空港で借りてレイキャビクで乗り捨てることもできるなど、レンタカー会社と打ち合わせをすることで柔軟に対応してもらうことができます。

ただし、空港や市内に到着してからカウンターにて申し込み等を行うよりも、出発前にしっかりと予約を済ませておくほうが、冒険の旅をスムーズにスタートすることができるためおすすめです◎

また、EUROPCARHertzレンタカー等のウェブサイトであれば日本語にも対応しているため、英語が得意でない方も安心です。

車種選びのポイント

  • 壮大な道を走る

国道1号線でもあり、アイスランドを1周するリングロードは舗装道路であるため、全タイプの車が走行可能です。リングロードの特徴は、ほとんどが中央分離帯やガードレールなどのない片側1車線の道路であること!

もしアイスランドの山中、ハイランドに行く旅を計画している場合には、リングロードのように舗装された道ではなく、ほとんど整備されていない山岳道路を通るため、4輪駆動車「4WD」の車種を選ぶ必要があります。

なお、アイスランドでは自然保護の観点から、指定のないオフロードを走行することは法律で禁止されており、違反をすると高額の罰金が科せられることになるため要注意です!

旅のルートや、荷物の量などを考慮しながら、自分たちの旅スタイルに合った車種を選びましょう。ヨーロッパでは一般的なマニュアル車以外にも、オートマ車もレンタルできるためご安心を◎ ただし、マニュアル車に比べて少し割高であったり、数が少ないことも多いためしっかりと確認しておくことが大切です。

安全はお金で買う!絶対入っておきたい自動車保険

日本とは異なる、左ハンドル右側走行のアイスランドでの運転。運転が得意!という方も、慣れない海外での運転だからこそ、しっかりと安心できる自動車保険に入っておきたいものですよね。

ほとんどの場合、レンタカー料金にCDWと呼ばれる自車両損害補償は含まれています。このCDWに加えて、様々な保険をオプションで選んで付けていくことになります。

個人傷害保険やスーパー自車両損害補償、砂利による損害の補償、盗難補償、砂・灰による損害の補償、プレミア保険など様々なオプションが用意されています。特にアイスランド南部の海岸沿いを旅のルートに選ぶ際には、必ずSAAPやSADWと呼ばれる砂・灰による損害の補償を付けることを強くおすすめします!

想像以上に強風で、砂や砂利が車体に傷を付けてしまうことが多く、オプションで保険を付けていないがためにレンタカー返却時に修理費としてかなりの金額がかかってしまった…なんてこともアイスランドではよく耳にする話ですので、要注意です!

アイスランドのレンタカー受け渡しの流れ

  • レンタカーで自由に冒険!

レンタカーを受け取り時に必要なもの

  • 日本の運転免許証
  • 国際免許証※レンタカーでの旅が決まったら、忘れずにできるだけ早めに取得しておきましょう!
  • 予約確認書
  • レンタカー予約時に使用したクレジットカード

レンタカーを受け取る流れ

ケフラヴィーク空港にてレンタカーを受け取る際、空港に配車される場合と空港近くのレンタカー会社のオフィスまで、無料シャトルバスに乗って移動して手続きをする場合とがあります。予約時にしっかりと確認しておきましょう!

無事に旅のお供となるレンタカーを渡されたら、レンタカーの傷の有無やエンジンの不具合、冷暖房の効きなどを入念にチェックしておくことが大切です。また、天候が変わりやすいアイスランドではワイパーやハイビーム、ロービームなどの操作チェックもしておくのがベターです◎

その他、ガソリン車なのかディーゼル車なのか等、わからない点や気になる点があれば車を走らせる前にすべてクリアにしておくことが大切です。

  • アイスランドでドライブ

受け取りの手続きが済んだら、あとは大自然への冒険を満喫するのみ!いざ、「自然の宝庫」への出発です!

レンタカーを引き渡す流れ

レンタカーを引き渡す方法は、契約内容によって主に3つの流れに分けられます。まず1つめは、ケフラヴィーク空港の駐車場で車を乗り捨てる方法。この場合は、一般的に備え付けられてあるポストボックスに鍵を投函して返却の手続きが完了です。

2つめは、空港近くにあるレンタカー会社のオフィスで返却する方法。この場合、レンタカー受け取り時と同様、オフィスから空港までは無料シャトルバスによる送迎があります。

3つめは、レイキャビク市内のホテルにて返却する方法。契約した場所、時間に車を返却することになり、予約時はもちろん、レンタカー受け取り時にもしっかりと確認しておくことが大切です。

  • 自然の宝庫、アイスランド

自然の宝庫、アイスランドの大自然を肌で感じられるレンタカーの旅。ドライブ中も飽きさせることのない絶景に、目も心も奪われること間違いなしです!

ケプラヴィーク国際空港
アイスランド / 駅・空港・ターミナル
住所:235 Keflavikurflugvollur, Iceland地図で見る
Web:https://www.kefairport.is/
レイキャビク
アイスランド / 町・ストリート
住所:Reykjavík,Island地図で見る
Web:http://reykjavik.is/

アイスランド旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばアイスランドのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でアイスランドのすべてのツアーをみる>>

アイスランドの旅行予約はこちら

アイスランドのパッケージツアーを探す

アイスランドのホテルを探す

アイスランドの航空券を探す

アイスランドの現地アクティビティを探す

アイスランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


オーロラを見るならアイスランドが超おすすめな理由と鑑賞のコツ!

自然が織りなす感動的な光のショー、オーロラ。一生に一度は自分の目で見てみたいですよね。オーロラは、北極・南極の周りに広がるオーロラ帯と呼ばれるエリアで見ることが...


アイスランドならではの絶景「ヨークルスアゥルロゥン」を見逃すな!

自然の宝庫といわれるほど、美しく壮大な自然を誇るアイスランド。そんなアイスランドを訪れたのなら、絶対に外せないのが「ヨークルスアゥルロゥン」の絶景です!とはいえ...

【アイスランド】レイキャビク郊外を1dayサイクリング!

アイスランドの首都レイキャビクを観光するなら、レンタサイクルを借りて、ダウンタウンエリアからレイキャビク郊外へのんびりサイクリングに出かけるのはいかがですか?フ...

【アイスランド】レイキャビク沖の小さな島、ヴィーズエイ島へショートトリップ

アイスランドの首都レイキャビク沖に浮かぶ、ヴィーズエイ(Videy island)は、静かで美しい小さな無人島です。島一面に広がる草原のなかを、きれいに整備され...

アイスランド:首都レイキャビク発、定番を巡る日帰りモデルコース!

地球の息吹を感じる広大な大地が広がるアイスランド。点在した見所を効率よく回る日帰りツアーがオススメです!今回は、アイスランドに来たら外せない定番の氷河湖や間欠泉...

この記事を書いたトラベルライター

イギリス在住。ママになっても一生トラベラー
イギリスにて子育て中のフリーライター。
沖縄1人旅からはじまり、現在約50ヵ国を旅するトラベラー。
1本バスを乗り違えただけでストーリが変わる1人旅の魅力にはまり、もっぱら1人旅が大好きだったときに、現在では主人であるイギリス人の彼と出会い2人旅に目覚める。
遠距離歴6年、現地集合・現地解散で2人で世界を旅する。
そして3人家族となった今も、さらに旅欲は増すばかり。
娘に見せたい景色、肌で感じてもらいたい文化、人の温かさはまさに無限。
母・娘2人旅もモロッコはマラケシュにてデビューを果たし、2歳の娘も現在10ヵ国を訪れた立派な旅人。
いつでも・どこでも自分で楽しみ方を見つけて全身で遊ぶ娘に学ぶ日々。

【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


子連れに嬉しいエリアも!ロンドンヒースロー空港ターミナル2の魅力

2014年6月にリニューアルオープンした、ロンドン・ヒースロー空港ターミナル2(T2)。スターアライアンス各社の便が発着するため、全日空(ANA)直行便や韓国の...

タイタニックの世界へタイムスリップ!イギリス/サウサンプトンにある「SeaCity博物館」

イギリス南部の街「サウサンプトン」。実はここ、映画でも知られる「タイタニック号」の母港がある街なのです。そんなサウサンプトンを訪れたのなら必ず足を運びたいのが、...

イギリス国民的アニメ【ペッパピッグ】の世界へ誘うPeppa Pig World

イギリスで国民的アニメーションといえば、「Peppa Pig(ペッパピッグ)」。約180もの国々で放送されており、今やイギリスだけでなく世界各国にファンがいるほ...

子どもも大人も癒される注目のポルトガル最南端リゾート「ファロ」

日常の喧噪から離れてゆったりと贅沢な時間を過ごしてみませんか?そんな人にぜひ注目してもらいたいのが、ポルトガル最南端にあるリゾート地「ファロ」です。プライベート...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?