インド
インド観光
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

何だこれは!?南インドの巨大岩、クリシュナのバターボール

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年3月22日更新

729view

お気に入り

写真:トラベルライター

岩山の斜面で静止して動かない、不思議な巨大岩が南インドにあります。場所はマハーバリプラムという小さな村で、インドの主要都市チェンナイから、南に約60kmの所にあります。その岩は「クリシュナのバターボール」と呼ばれていて、ヒンドゥー教の神様クリシュナの大好物に形が似ていることからその名が付きました。かつて、王様がゾウを使って動かそうとしたもののビクともしなかった、という逸話が示すようにどんな嵐が来ようとも微動だにしない、世にも不思議な岩なのです。そんな謎めいた、インドの一部をご紹介します。

この記事の目次表示

インドのおすすめツアー
≪人気スーペリアクラスホテル利用で快適な旅へ≫ ★*:.。北インド列車の旅。.:*★ …━自由探訪・デリー×アグラ×ベナレス━… 母なる聖河ガンジスとタージマハルの佇む街へ [各都市送迎&朝食付] 【瞑想印度7日間】
155,800円~261,800円
≪人気スーペリアクラスホテル利用で快適な旅へ≫ ★*:.。北インド列車の旅。.:*★ …━自由探訪・デリー×アグラ×ベナレス━… 母なる聖河ガンジスとタージマハルの佇む街へ [各都市送迎&朝食付] 【瞑想印度8日間】
159,800円~262,800円
≪人気スーペリアクラスホテル利用で快適な旅へ≫ ◆◇八つの世界遺産探訪+1日フリータイム◇◆ あのタージマハルや象のタクシーとの出会い♪ …━3都市周遊/デリー・アグラ・ジャイプール━… [日本語ガイド・お食事付き]【濃厚印度6日間】
162,800円~284,800円

マハーバリプラムへの行き方

  • 写真:トラベルライターマハーバリプラム行きの現地バス

マハーバリプラム(Mahabalipuram)には鉄道駅がありません。ですので、現地へはバスを利用します。チェンナイ(Chennai)主要部からならば、所要時間は約2時間です。60km程度の距離なので、思い切ってタクシーを利用するのも良いでしょう。ただし、バスだと1人35ルピー程度で済むのに比べ、タクシーは1,500ルピー程度かかります。

旅情を楽しみたい場合は、鉄道との併用をオススメします。ベンガル湾沿いに途中までMRTSという列車が通っています。高台を走っているので、道路からの景色とはまた違った風景が楽しめます。

マハーバリプラム
インド / 町・ストリート
住所:Mahabalipuram, Tamil Nadu, India地図で見る

クリシュナのバターボール

マハーバリプラムは片田舎の小さな村で、そのほぼすべてが1km四方に収まっています。クリシュナのバターボールがある公園までは、バス停から歩いて10分とかかりません。拝観料などの費用も一切かからず、無料で見学できます。

  • 写真:トラベルライター正面から見た「クリシュナのバターボール」

マハーバリプラムには、実は世界遺産に登録された遺跡がいくつもあり、学術的にも貴重な場所です。しかし、それが観光名所となり得たのは、やはりこのクリシュナのバターボールがあってこそでしょう。

ツルツルとした岩肌の斜面、その途中に5m以上あろうかという楕円形の巨石が静止しているのです。これは見ごたえがあります。

  • 写真:トラベルライター岩山の斜面で静止していてビクともしない

岩山は人がやっと腰掛けられるほどの急斜面です。今にも転がり落ちてきそうですが、心配いりません。その昔、王様がゾウを使って動かそうと試みたものの、ビクともしなかったという逸話があるそうです。7世紀頃の話ですから、考えるのもバカバカしくなるくらい大昔からこの場所にたたずんでいるのです。

  • 写真:トラベルライター裏側から見た「クリシュナのバターボール」

ぐるっと回って裏側を見ると、予想外の形をしています。まるでナイフで切ったかのように、鮮やかで鋭い切り口です。これが「クリシュナのバターボール」と名付けられた所以です。ヒンドゥー教の神様、クリシュナの大好物であるバターボールに、形がそっくりだというわけですね。

岩山との接地面にも注目して下さい。本当にわずかしか接していないことが分かります。何度見ても、どうしてこんな現象が起きたのか、謎は深まるばかりです。

  • 写真:トラベルライター日中は観光客で賑わう公園内

ところで、クリシュナのバターボール前で記念写真を撮りたいなら、早朝が狙い目です。こちらは正午過ぎの公園内の様子ですが、ご覧の通りバターボールの周りは観光客でいっぱいです。人々の憩いの場にもなっていますので、日中よりも午前中、午前中よりも早朝の方が、落ち着いて写真を撮ることができます。

クリシュナのバターボール
インド / 遺跡・史跡
住所:Mada Koil St, Mahabalipuram, Tamil Nadu, India地図で見る

マハーバリプラムの歩き方

マハーバリプラムは小さな村なので、徒歩でも1日あれば周りきることができます。日帰りでチェンナイに戻るのも良いですが、マハーバリプラムはリゾート地でもあり、海に面した立地です。遺跡を巡り歩く以外にも、様々な楽しみがあるのでご紹介します。

マハーバリプラム・ビーチで遊ぼう

  • 写真:トラベルライタービーチ・ロードには露店がズラッと並んでいる。
  • 写真:トラベルライタービーチで刺青を彫る少年

マハーバリプラムのシンボルである海岸寺院方面へ行くと、マハーバリプラム・ビーチへ続くビーチ・ロードが続いています。その通りは露店がいくつもひしめき合っていて、さながら縁日のようです。食べ歩きはもちろん、海岸へ抜ければ、メリーゴーランドや乗馬体験を楽しむこともできます。

  • 写真:トラベルライターベンガル湾を望む砂浜ではしゃぎ回る現地の人々

マハーバリプラム・ビーチから見えるのはベンガル湾です。やがて続くインド洋を想うと興味深いものがありますが、それよりも興味を引くのは、海水浴をして遊ぶインド人の姿です。この辺りのインドの人々には水着を着る習慣がないらしく、服を着たそのままの格好で海に入ります。女性はサリーを着たままです。

マハーバリプラム・ビーチ
インド / ビーチ
住所:Mahabalipuram, Tamil Nadu, India地図で見る

南インド料理を楽しもう

  • 写真:トラベルライター地元で人気のシュリー・アナンダ・バワン

マハーバリプラムにはリゾート地らしく、外国人向けのレストランも数多くあります。しかし、旅先ではできる限り、現地の人々と同じものを食したいですよね。こちらのシュリー・アナンダ・バワンは地元で人気の南インド料理屋です。現地価格で地元料理を味わえて、衛生面でも比較的安心なお店です。

ちなみに、南インドでは食堂のことを「HOTEL」と表記しますので注意して下さい。ではホテルのことはというと、「LODGE」と言います。

  • 写真:トラベルライターベジタブル・ビリヤニ
  • 写真:トラベルライターマサラ・ドーサ

南インドに来たからにはビリヤニドーサは欠かせません。ビリヤニは一見、炒飯のようですが、炒めるのでなく、スパイスと食材を炊き込んで作ります。ドーサはクレープ料理の一種で、ジャガイモとスパイスの炒め煮を包んでいます。それを様々なソースに付けて食します。

  • 写真:トラベルライター南インドの名物料理、ミールス

加えて、ミールスは是非ともトライして欲しい一品です。バナナの葉を皿代わりにした南インドの定食料理です。おかずはお店ごとに決まっていて、おかわり自由なのが特徴です。ミールスを注文した時は、現地の人に倣って、スプーンではなく右手を使って食べてみましょう。

シュリー アナンダ バワン
インド / アジア料理
住所:1 Aanaikatti St. Mahabalipuram, Tamil Nadu, India地図で見る

インドの旅行予約はこちら

インドのパッケージツアーを探す

インドのホテルを探す

インドの航空券を探す

(ムンバイ(ボンベイ))

(デリー)

インドの現地アクティビティを探す

インドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

世界の青い街5選!モロッコ・インド・スペイン・ギリシャ・チュニジアのブルーシティまとめ

世界には、びっくりするような青に染まったブルーシティが各地にあります。一度は訪れたい、モロッコ・インド・スペイン・ギリシャ・チュニジアの青い街並みをまとめてご紹...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


非パリピでも楽しめるインド・ゴアのおすすめビーチ3選+1

パーティーの聖地であり世界のヒッピーカルチャーを牽引してきた伝説の地、ゴア。普段クラブにはほとんど行かない地味系旅人の筆者が、非パリピでも楽しめるゴアのおすすめ...

聖地バラナシを通に楽しむ超ディープスポット7選【インド】

ヒンドゥー教の一大聖地であり街全体が世界遺産でもあるバラナシ。この街のメインストリートであるベンガリートラには、ガイドブックにも載っていない知る人ぞ知るお店がた...


真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?