インド
インド
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

インド タージ・マハルと併せて周りたい観光スポット3選

2017年10月19日更新

234view

お気に入り

世界遺産の中でも特に有名なタージ・マハル。テレビや雑誌で一度は目にしたことのあるその名建築は、インドのアグラにあるのです。今回の記事では、死ぬまでに一度は見ておきたいタージ・マハルの基本情報と魅力と共に、一緒に巡るとさらに旅が面白くなるアグラの観光スポットを3つ紹介していきます。

タージ・マハルの魅力と基本情報

タージ・マハルって??

タージ・マハルは、インドを、いや世界を代表する世界遺産として有名です。デリーから列車で約3時間。インド北部のアグラにある荘厳な見た目のその建物は宮殿のように見えますが、実はお墓。ムガル帝国の第5大皇帝ジャー・ジャハーンが愛妃ムムターズ・マハルのために作った墓廟(ぼびょう)なのです。

タージ・マハルの魅力

タージ・マハルの魅力はなんといってもその美しさ。総大理石で作られた建物は全てが左右均等に設計されており、見るもの全てを圧倒します。遠くから均整のとれた美しさを眺めたあとは、近くに寄って外壁や内部のレリーフ、象嵌(ぞうがん)細工にうっとりできる。まさに、世界遺産の中の世界遺産がこのタージマハルなのです。

タージ・マハルの基本情報

タージ・マハルは、インドのアグラという場所にあります。首都デリーからは列車や車で3〜4時間で行けるため、日帰りでの観光も可能です。タージ・マハル自体の観光にかかる所要時間は2時間程度をみておくといいかと思います。

入場料はINR1,000・A.D.Aチケット入場料INR500を含む(約1,724円)です。中に入る際には厳しい荷物検査があり、オーディオ機器類や食べ物(水も含む)などは持って入ることができません。タージ・マハルへ行く際は、荷物は最小限に留めておく方が良いでしょう。カメラや携帯は持ち込むことが可能です。

A.D.Aチケットとは

インドの考古学調査局に支払うお金です。これをタージ・マハルで支払うことで、他の遺跡へ入場する際にも必要なA.D.Aチケットの支払いが、同日中であれば免除されます。

タージ・マハルと一緒に巡りたい周辺観光スポット3選

せっかくアグラまでやって来たからには、タージ・マハルだけじゃもったいない!!タージ・マハルをより楽しむためにも、周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。

【1】アグラ城

アグラ城はムガル帝国歴代皇帝の城であり、赤砂岩でできたこの城はタージ・マハルとは全く違った趣です。中には青い芝生の綺麗な庭が広がります。

この城は、タージ・マハルを建てたジャー・ジャハーンが息子の王に幽閉された場所としても有名で、かつての王はここから川の向こうにあるタージ・マハルを眺めていたと言われています。現在でも、アグラ城からタージ・マハルを眺め、当時のジャー・ジャハーンの心境を偲ぶことができます。

入場料はINR1,000(約1,724円)ですが、タージ・マハルのチケットがあればA.D.Aチケットの分が免除されるためINR500(約850円)で入場が可能です。

アグラ城
インド / 遺跡・史跡
住所:Agra Fort, Agra India
Web:https://www.agrafort.gov.in/

【2】マターブ・バーグ

ここはタージ・マハルの対岸に位置する公園です。実はここ、ジャー・ジャハーンが自らの死後のために黒大理石の墓廟、ブラック・タージを建設しようとしていた場所なんです。しかし、その計画は息子によって阻止され、今はその跡地が公園となっています。

ここには夕方にくるのが特におすすめ。人も少なめなので、対岸からタージ・マハルとサンセットをゆっくりと眺めることができちゃいます。入場料はINR200(約340円)です。

マターブ・バーグ
インド / 公園・動植物園
住所:Dharmapuri, Forest Colony, Nagla Devjit, Agra, Uttar Pradesh 282001 India, Mehtab Bagh

【3】イティマード・ウッダウラ廟

通称ベビータージと呼ばれるこの廟(びょう)。タージ・マハルが建てられる25年前に建てられたそうで、タージ・マハルの原型となったといわれています。小さな廟ですが、美しい装飾の施された白大理石の壁面や石の格子窓など、見応え抜群です。

こちらも人は少なめで、落ち着いて観光することが可能。入場料はINR400(約690円)です。所要時間は30分から1時間。日帰りの観光で全て巡るには時間がない場合にも、おすすめのスポットです。

イティマード・ウッダウラ廟
インド / 遺跡・史跡
住所:Agra, Uttar Pradesh, India.Tomb of Itimad u'Daula

まとめ

今回は、世界遺産タージ・マハルの魅力と、一緒に巡りたい観光スポットをご紹介しました。テレビや雑誌ではよく見かけるタージ・マハルですが、実際に目にすると言葉にできない感動を味わうことができます。ぜひ皆さんも、この記事を参考にタージ・マハルと周辺観光スポットを巡り、歴史を感じてみてください。

タージ・マハル
インド / 遺跡・史跡 / 観光名所
住所:Agra, Uttar Pradesh, India Taj Mahal
Web:https://www.tajmahal.gov.in/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

神秘的なブルーシティ!世界の青い街並み5選

心を落ち着かせリラックスさせる効果がある色、ブルー。一方で、とても神秘的で人を惹き付ける色でもあります。世界にはびっくりするような青に染まった町があり、足を踏み...

インド【バラナシ】日の出も夜の祭典も!ガンジス川を手漕ぎ舟で巡る

生と死が廻るともいわれる聖なる川、ガンジス川。そんなガンジス川が流れるインドのバラナシは、ヒンドゥー教徒にとって最大の聖地として、インド国内外から多くの教徒たち...

南インドの絶景穴場スポット“石の惑星”ハンピを旅する

訪れた旅人の誰もが絶賛する、南インドの“石の惑星”ハンピ。1986年に世界遺産に登録されるも、アクセスの不便さから観光地化が進まず、日本人にとってもいまだに馴染...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...

【南インド】チェンナイの2大名所・カーンチープラム&マハーバリプラムのおすすめ観光

インドってカレーしかないんでしょ…そんなイメージをお持ちの皆さん!違います!インドは知れば知るほど魅力を感じられるとってもファンタスティックな国なんです。そして...

この記事を書いたトラベルライター

旅のワクワク追求家
生田芳貴

鳥取生まれ神戸育ち。京都教育大学教育学部卒業後、神戸市で中学校国語科教諭として勤務。


7年間働いたあと、「自分の中にあるワクワクに素直になる」ために夫婦で世界一周へ。


旅の中で、「海でのんびりする」ことが好きだと気づき、「海辺でゆったり生きる」「海辺をゆったり旅する」をテーマに生きることに決めました。

世界一周中に海も含めて気に入った場所をこちらのサイトでご紹介していきたいと思います。

ブログでは「世界の海」の情報と「海辺でのんびり生きる・旅する」情報を発信しています。見ていただけると世界のどこかの海ではしゃぎます。

よろしくお願いします。
http://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

神の創造した最後の秘境 フィリピン・エルニドで最高の海の楽しみ方

7,000以上の島からなる国フィリピン。格安の英語留学で話題のセブ島や、人気リゾート地として旅行者の多いボラカイ島などが有名です。しかし、フィリピンの底力はそん...

ヨーロッパ 幻想的で美しすぎる 観光におすすめの図書館5選

みなさんは図書館と聞いて、どんなイメージを持ちますか?本を読むところ?調べ物をするところ?しかし、ヨーロッパにはそれだけにとどまらない存在意義を持った、図書館が...

ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?