伊勢・志摩
伊勢・志摩観光
伊勢・鳥羽・志摩は三重観光の中心エリア

【三重】祈願にお守り、鳥羽市・志摩市のオススメ神社3社

取材・写真・文:

三重在住
訪問エリア:37都道府県

2018年12月21日更新

399view

お気に入り

写真:nakatani

伊勢志摩エリアの神社といえばやはり伊勢神宮、しかし隣接する鳥羽市と志摩市にも見どころのあるオススメの神社が存在しています。今回の記事ではそんな鳥羽志摩の魅力あふれる神社3社をご紹介いたします!

この記事の目次表示

鳥羽市・志摩市について

  • 鳥羽市の風景

鳥羽市・志摩市はどちらも三重県の志摩半島にある市の名称で、隣接する伊勢市と合わせてよく「伊勢志摩エリア」と呼ばれています。このエリアは、神宮のある伊勢市と海のレジャーが楽しめる鳥羽市、リゾート的な雰囲気を持つ志摩市という3つの市で幅広い観光を楽しめることから、年間を通して多くの観光客が訪れています。

今回の記事では、鳥羽市から1社、志摩市から2社オススメの神社を紹介いたします。願いを叶えてくれる神社・伊勢神宮の関係社・お守りが可愛らしい神社など、魅力いっぱいの神社を余さずご紹介するので、ぜひともチェックしてくださいね!

オススメの神社1. 女性の願いを1つ叶える「神明神社」(鳥羽市)

  • 写真:nakatani神明神社参道

鳥羽市の相差(おうさつ)という地域にある神社で、一時期のパワースポットブームの際に一躍有名になった神社です。境内にある「石神さん」と呼ばれるお社は女性の願いをなんでも1つ叶えてくれると言われており、最近では日本人だけでなく海外からの観光客も参拝に訪れています。

  • 写真:nakatani石神さん

比較的アクセスしにくい相差に海外観光客が訪れる理由はもう一つ、周辺で活動している「海女(あま)さん」の存在です。海女さんとは、海に潜って貝類などを獲ってくる女性のことで、ここ相差を始め周辺一体で現役で活躍しておられます。

販売されているお守りは、白地に紫色で「ドーマンセーマン(相差の海女が海の魔物や災難から身を守るおまじないとして磯着に入れていた図柄)」が描かれたもので、こちらも参拝客から支持を集めています。お守りの「ドーマンセーマン」は海から無事に帰ってこれるようにという海女さんの願いと、紫色は「貝紫染め」という貝の色素で紫染めを行っていたことに由来する…という、細部まで海との関わりが感じられる神社です。

【アクセス】
かもめバス 「相差」(鳥羽駅から1時間) から 徒歩すぐ
神明神社 石神さん
鳥羽 / 社寺・教会
住所:三重県鳥羽市相差町1385地図で見る
電話:0599-33-7453

オススメの神社2. 御神田が広がる伊勢神宮別宮「伊雑宮」(志摩市)

  • 写真:nakatani伊雑宮本殿

志摩市に居ながら伊勢神宮を感じられるのがこちらの「伊雑宮(いざわのみや)」です。伊勢神宮の別宮(神宮と関わりが深くかつ神宮が管轄している神社)で、境内はまるで小さな伊勢ような荘厳な雰囲気です。志摩市と伊勢神宮の関係は古来より続いており、現在でもアワビや伊勢エビなどの海産物が神宮に奉納されます。

  • 写真:nakatani御神田

見どころは神社横に広がる「御神田(おみた)」です。神宮の領田で、毎年6月には「御神田祭」というお祭りも開催されます。また、御神田の前にある鳥居は皮付きの木を使ったもので、これは神殿が無いところで神事を行うときに用いられる貴重なものです。

【アクセス】
近鉄志摩線 「上之郷駅」 から 徒歩5分
【関連記事】
【三重】御神田が広がる伊勢神宮別宮、志摩「伊雑宮」参拝のススメ!
伊雑宮
志摩 / 社寺・教会
住所:志摩市磯部町上之郷374地図で見る
電話:0596-24-1111(神宮司庁)
Web:http://www.isejingu.or.jp/about/naiku/izawa.html

オススメの神社3. 可愛らしいサメのお守りが魅力的「安乗神社」(志摩市)

  • 写真:nakatani安乗神社

志摩市阿児(あご)町の安乗(あのり)という小さな漁村にある「安乗神社」は、規模の小さいこぢんまりとした神社でありながら、ここまで紹介した2社と同様全国から一定数の参拝客を集めるちょっと変わった神社です。

  • 写真:nakatani波乗守 ¥1,000

その理由というのがこちら、「波乗守」です。「安全に乗る」「良い波に乗る」といった願いが込められたお守りで、白地に可愛らしいサメの刺繍が施されています。サメは古くから海の神様と深い関わりがあると言われており、サーファーの中にはお守りとしてサメの歯自体を持ち歩く人も居るほどです。

  • 写真:nakatani神社裏からの風景

上のような理由から特に自転車やバイクに乗る人、そしてサーファーなどから支持を集めているのがここ安乗神社です。神社の裏からは海沿いの集落らしいのどかな景色を見ることもできますので、志摩市を訪れたならぜひ足を運んでみてくださいね。

【アクセス】
三重交通バス 「安乗」(鵜方駅から所要時間20分) から 徒歩すぐ
【関連記事】
【三重】よい波に乗る、志摩「安乗神社」で波乗守を手に入れよう
安乗神社
志摩 / 社寺・教会
住所:三重県志摩市阿児町安乗844地図で見る
電話:0599-47-3423

まとめ

  • 写真:nakatani御神田

今回ご紹介した3社はいかがでしたか?伊勢神宮のある伊勢市に負けないほど、どこも個性あふれる素晴らしい神社です。みなさんも伊勢志摩エリアを観光される際は、鳥羽市・志摩市の魅力いっぱいの神社たちを参拝してみてくださいね。

伊勢・志摩の旅行予約はこちら

伊勢・志摩のホテルを探す

(伊勢・二見)

(志摩)

(鳥羽)

伊勢・志摩の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

伊勢・志摩のパッケージツアーを探す

伊勢・志摩の現地アクティビティを探す

伊勢・志摩のレンタカーを探す

伊勢・志摩の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【三重】伊勢神宮内宮から徒歩圏内「猿田彦神社」で万事良い方向へ!

猿田彦神社は三重県伊勢市宇治浦田にある神社です。境内にある方位石という八角形の石柱から力を頂けると人気で、多くの参拝者を集めています。地元でも有名な「みちひらき...

【三重】伊勢神宮は早朝参拝で混雑回避!アクセス・駐車場情報なども紹介!

古来鎌倉時代から参拝客が訪れたという歴史のある伊勢神宮。現在でも人気は衰えず、最近では2013年に式年遷宮、2016年には伊勢志摩サミット参加のために来日した各...


【三重】月に1度しか味わえない!伊勢神宮朔日参りに行ってみよう

毎月1日の早朝に神社へお参りすることを「朔日(ついたち)参り」と呼びます。伊勢神宮にも多くの人が朔日参りに訪れ、近くにある赤福では、その日限定の「朔日餅」を食べ...

【三重】夫婦岩もある、二見興玉神社の魅力と見どころを紹介!

二見興玉神社は伊勢神宮に次ぐ伊勢志摩観光のメッカで、毎年多くの観光客を集めています。特徴的な夫婦岩があるのもここで、特定の時期には夫婦岩の間から昇る朝日や月を撮...


伊勢参拝後のお楽しみ♪おはらい町とおかげ横丁食べ歩き7選

伊勢神宮の参拝を終えたら、いよいよお楽しみは、おはらい町とおかげ横丁散策ですね。伊勢名物と言えば、赤福餅に伊勢うどんが有名ですが、他にも美味しいものがありますよ...

この記事を書いたトラベルライター

おわり!
旅行は一人か二人でがほとんどです。旅行先で見つけたオススメの場所や、地元の一押しスポットを紹介していきます。

【三重】伊勢神宮内宮から徒歩圏内「猿田彦神社」で万事良い方向へ!

猿田彦神社は三重県伊勢市宇治浦田にある神社です。境内にある方位石という八角形の石柱から力を頂けると人気で、多くの参拝者を集めています。地元でも有名な「みちひらき...

【三重】100年以上ぶりの新商品!4色の赤福「いすず野あそび餅」をGETせよ!

赤福は言わずと知れた伊勢の名物お土産であり、赤福を作っている会社の名称でもあります。そんな赤福が2018年7月15日から抽選販売を始め、現在は先着順となっている...


【奈良】日本最大の宗教都市「天理市」のオススメ観光スポット5箇所を紹介!

タイトル写真、中国でも韓国でもなく実は奈良なんです。この建造物は、奈良県天理市の中心部にある天理大学の建物。天理市は天理教の本拠地であり、宗教施設がたくさんある...

【三重】天空カフェテラス「横山展望台」の魅力と施設・アクセス方法を紹介!

三重県志摩市にある「横山展望台」は、英虞(あご)湾を一望できる展望台として人気です。2018年8月にはリニューアルされ、天空カフェテラスなどがオープンしました。...


【三重】伊勢神宮は早朝参拝で混雑回避!アクセス・駐車場情報なども紹介!

古来鎌倉時代から参拝客が訪れたという歴史のある伊勢神宮。現在でも人気は衰えず、最近では2013年に式年遷宮、2016年には伊勢志摩サミット参加のために来日した各...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?