神奈川
神奈川観光
観光やレジャー目的での日帰り旅行者が多い地域

【神奈川県・横須賀市】冬の無人島・猿島への非日常体験のひとり女子旅へ♪

2018年3月15日更新

1,126view

お気に入り

横須賀市にある東京湾唯一の無人島「猿島」は、船で10分でむかえるとても気軽な旅スポットです♪夏は家族やグループが多く、バーべキューや海水浴を楽しむ人であふれていて、ちょっとひとりで行くには気が引けますが、冬はカメラ女子も多く一人でも旅がしやすくおすすめです。今回は、神奈川県の横須賀市という都会にいながら手つかずの大自然を味わえ非日常体験ができる無人島「猿島」への女子のひとり旅のすすめです!

東京湾唯一の無人島「猿島」

無人島と言えば、人がひとりもいないサバイバルなイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし「猿島」は、無人島とは言ってもしっかり歩道が整備されています。

管理会社があり、毎日1時間に1本程度船が行き来していますし、落ち葉のお掃除をする管理者もいるので手つかずの自然が溢れる無人島と言えど、安心して楽しめるのが「猿島」が女子旅に適したポイントです!

冬に行きたい!非日常体験ができる手つかずの無人島「猿島」

実は無人島「猿島」では、夏にはバーベキューが行えたり、海水浴を楽しめたり、無人島と言えどオープンな商業施設でもあります。

横須賀から船で10分という手軽に非日常体験ができる無人島として、夏には大変な人でにぎわいます。それこそ、団体で楽しむ人が多いのでひとり旅でふらっと行くにはかなり気が引ける事は間違いありません。

しかも「猿島」は手つかずの豊かな自然が魅力のスポットです。その豊かさゆえに夏は暑さや、女子にとっては大きな問題であるが大量に発生している事も考えられます。

上記の点を踏まえて、女子がひとりで「猿島」を旅するなら人も比較的少なく涼しくて虫も少ないがおすすめです。

女子のひとり旅なら絶対に「冬」がおすすめ!

筆者は1年で一番寒いと言われる2月に猿島へひとり旅に行ってきました。

その日はとても快晴だった事もありますが、たくさん歩くので寒くて震えるという事は一切ありませんでした。正直、猿島に旅目的で夏に来るのはかなり厳しいと感じます。

なぜなら、猿島は本当に階段が多く、アップダウンが激しいから!!です。運動不足の女子であれば、翌日に筋肉痛で苦しむのは免れないぐらい急な階段がいくつもあります。

「猿島」自体は1時間程度でぐるっと一周できるとても小さな島なのですが、小さな島であるがゆえに見どころが上下左右にありアップダウンが激しいです。「横須賀だし♪」なんて思ってヒールを履いていったら確実に足が崩壊します!くれぐれもペタンコの歩きやすい靴を履いていってください!

夏の観光であっても、海に飛び込めるならまだしも、ひとりだとさすがに海水浴するなんて気分にはなれないので、汗ダラダラのまま船にのって帰らないといけないと思うとちょっとゾットしますよね。

ひとりでも楽しい♪カメラを持って行きたい『ラピュタ』の世界

「猿島」の魅力のひとつに、まるでジブリ映画の『ラピュタ』の世界を思わせる手つかずの自然と長い年月を紡いできた遺跡のような煉瓦作りのトンネルや兵舎があります。

まるで異世界に迷い込んだような非日常の景色が広がるこの空間は、写真に収めずにはいられないぐらいフォトジェニックです!多くの人が立ち止まっては、スマホでカシャカシャと写真を取るほど、「猿島」の景色は幻想的で魅力的です。

特におすすめなのが切通し(要塞)エリアです。ここは明治時代に実際に要塞として使われていた場所で、日本にはたった4件しか現存しないフランス積れんが建造物を見ることができます。

なんだかおしゃれな煉瓦はもちろんなのですが、映画『インディージョーンズ』を思わせるような遺跡感も感じられ冒険好き女子にはたまらない空間です!

特に、「愛のトンネル」を通った後に待っている景色は圧巻!まさに『ラピュタ』を思わせる神秘的な世界が広がっています。

天使のハシゴの様に、木々の隙間を通ってこぼれる光が本当にキレイです!木々が颯爽と茂っている為すこし薄暗くなっている事もあり、より光がきれいに見えます。

更に煉瓦についたコケも、長い年月を紡いできた遺跡感があり奥へ進んでいく度にどんどんと冒険感が高まってきます。

そして、もう一つおすすめなのが浜辺です。さすが手つかずの無人島だけあってびっくりするぐらい貝殻がたくさん転がっています!

よく観光地で売られている小さい貝殻も目を凝らして探していると見つけることができるのですごく楽しいです。綺麗なシーグラスなんかもたくさん落ちているので、旅の思い出にお気に入りのひとつを持って帰るのもおすすめです!

さらに、この浜辺の近くの船着き場の岸壁は晴れていると様々な色合いの青が見れ、とてもきれいです。

魅力たっぷりの「猿島」にぜひカメラをもって冬に旅してみてくださいね♪

猿島
神奈川 / その他スポット / 観光名所
住所:神奈川県横須賀市猿島
Web:https://www.tryangle-web.com/sarushima.html

神奈川の旅行予約はこちら

神奈川のホテル予約をじゃらんで探す

神奈川の航空券予約をskyticketで探す

神奈川のパッケージツアー予約をJTBで探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【関東】秋のおすすめ花畑スポット14選!9月・10月・11月が見頃の花名所ガイド

暑さもやわらぎ気候もよく、三連休の多い秋は行楽シーズン。そんな季節は綺麗に色づく花を見に旅をしませんか?曼珠沙華(まんじゅしゃげ)やサルビア、コキアといった真っ...

【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...


100以上のお寺から厳選!鎌倉観光で巡りたいおすすめ寺院10選

鎌倉観光の目玉のひとつが、寺院めぐりです。しかし鎌倉には100を超える寺院があると言われており、どの寺院を訪れたらいいのか迷う!そんな方も多いと思います。そこで...

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


半日で楽しむ鎌倉さんぽ!鶴岡八幡宮~長谷モデルコース♪

四季折々の魅力にあふれる神奈川・鎌倉。とにかく見所がたくさんあって、楽しむには丸一日かかるイメージがある人も多いのでは?いえいえ、そんなことはありません!アクセ...

この記事を書いたトラベルライター

ソロトラベラー(ひとり女子旅専門フォトライター)
大好きな旅をする為に25歳までフリーターをしながら旅を楽しんでいました!キャリアと旅との両立に悩みながらも、大好きな旅をしながら楽しみながら仕事をして豊かになる方法を構築し、たくさんの女性にお伝えしています。

あまりメジャーではないスポットや、寝台列車や、お酒のスポットなど、まだ女性向けの情報のないスポットに行き、女性目線で情報を得て発信する事が得意です。

新しい事にチャレンジし、刺激を受けるのが何よりもの楽しみです!

超ド級の方向音痴で行くところ、行くところで迷子になりながらもGoogleMapと地元の人に助けられ今まで無事故(笑)でたのしく旅をしています。

୨୧-- お仕事 --୨୧
♡ウェブデザイナー
♡好きを仕事にする!Instagraコンサルタント
Instagram講座毎月開講中★
♡ソロトラベラー

୨୧-- 私の旅スタイル --୨୧
♡ひとり旅
♡お散歩
♡世界遺産
♡ご飯・お酒
♡写真(カメラ:α6000)
♡かわいい
♡リフレッシュ・癒し
♡動物
♡おしゃれ
♡スーツケース
♡ミニマリスト
http://withbe.net

2日間で島根を巡る♡縁結びの出雲大社とご利益スポット女子ひとり旅

島根県と言えば縁結びやパワースポットがたくさんあります!日本一の縁結びスポットの出雲大社はもちろん、鏡の池で有名な八重垣神社や、フォトジェニックなまるで竜宮城の...

【弾丸】たった4時間でも京都を満喫できる女子のひとり旅モデルコース

京都といえば、魔都と言われるほど美しく旅人を引きつけてやまない街です。数えきれないぐらいの歴史的な寺社と、うっとりするような華やかな街並み。そんな素敵な京都の観...


はじめての女子ひとり旅はアジアで決まり!おすすめの国3選

社会人になると友達と予定が合わず、人と一緒に旅行する事がなかなか難しくなってきます。しかし、旅好きの女子としてはやっぱり年に何回かは海外に旅行に行きたいと思うも...

次の週末は鎌倉へ♪気軽に行けて運気も上がる鶴岡八幡宮と開運スポット女子ひとり旅

鎌倉といえばおしゃれな街並みと、150もあるお寺と神社で有名な街です。最近では映画の舞台になったりと何かと注目されている鎌倉には、女子ひとり旅でも十分楽しめる開...


休日+1日有給で行ける!【カンボジア】アンコールワットをめぐる非日常の大冒険女子旅♡

東南アジアの国【カンボジア】と言えば、まだまだ豊かな自然が残り素朴な暮らしを垣間見れる癒しの国です。多くのガイドブックでは、最低でも4日間は必要と書かれています...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?