横須賀市

【神奈川県・横須賀市】冬の無人島・猿島への非日常体験のひとり女子旅へ♪

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:26都道府県

2021年1月26日更新

24,304view

お気に入り

写真:中嶋といろ

横須賀市にある東京湾唯一の無人島「猿島」は、船で10分でむかえるとても気軽な旅スポットです♪夏は家族やグループが多く、バーべキューや海水浴を楽しむ人であふれていて、ちょっとひとりで行くには気が引けますが、冬はカメラ女子も多く一人でも旅がしやすくおすすめです。今回は、神奈川県の横須賀市という都会にいながら手つかずの大自然を味わえ非日常体験ができる無人島「猿島」への女子のひとり旅のすすめです!

この記事の目次表示

東京湾唯一の無人島「猿島」

  • 写真:中嶋といろ

無人島と言えば、人がひとりもいないサバイバルなイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし「猿島」は、無人島とは言ってもしっかり歩道が整備されています。

管理会社があり、毎日1時間に1本程度船が行き来していますし、落ち葉のお掃除をする管理者もいるので手つかずの自然が溢れる無人島と言えど、安心して楽しめるのが「猿島」が女子旅に適したポイントです!

冬に行きたい!非日常体験ができる手つかずの無人島「猿島」

  • 写真:中嶋といろ

実は無人島「猿島」では、夏にはバーベキューが行えたり、海水浴を楽しめたり、無人島と言えどオープンな商業施設でもあります。

横須賀から船で10分という手軽に非日常体験ができる無人島として、夏には大変な人でにぎわいます。それこそ、団体で楽しむ人が多いのでひとり旅でふらっと行くにはかなり気が引ける事は間違いありません。

  • 写真:中嶋といろ

しかも「猿島」は手つかずの豊かな自然が魅力のスポットです。その豊かさゆえに夏は暑さや、女子にとっては大きな問題であるが大量に発生している事も考えられます。

上記の点を踏まえて、女子がひとりで「猿島」を旅するなら人も比較的少なく涼しくて虫も少ないがおすすめです。

女子のひとり旅なら絶対に「冬」がおすすめ!

  • 写真:中嶋といろ

筆者は1年で一番寒いと言われる2月に猿島へひとり旅に行ってきました。

その日はとても快晴だった事もありますが、たくさん歩くので寒くて震えるという事は一切ありませんでした。正直、猿島に旅目的で夏に来るのはかなり厳しいと感じます。

なぜなら、猿島は本当に階段が多く、アップダウンが激しいから!!です。運動不足の女子であれば、翌日に筋肉痛で苦しむのは免れないぐらい急な階段がいくつもあります。

  • 写真:中嶋といろ

「猿島」自体は1時間程度でぐるっと一周できるとても小さな島なのですが、小さな島であるがゆえに見どころが上下左右にありアップダウンが激しいです。「横須賀だし♪」なんて思ってヒールを履いていったら確実に足が崩壊します!くれぐれもペタンコの歩きやすい靴を履いていってください!

夏の観光であっても、海に飛び込めるならまだしも、ひとりだとさすがに海水浴するなんて気分にはなれないので、汗ダラダラのまま船にのって帰らないといけないと思うとちょっとゾットしますよね。

ひとりでも楽しい♪カメラを持って行きたい『ラピュタ』の世界

  • 写真:中嶋といろ

「猿島」の魅力のひとつに、まるでジブリ映画の『ラピュタ』の世界を思わせる手つかずの自然と長い年月を紡いできた遺跡のような煉瓦作りのトンネルや兵舎があります。

まるで異世界に迷い込んだような非日常の景色が広がるこの空間は、写真に収めずにはいられないぐらいフォトジェニックです!多くの人が立ち止まっては、スマホでカシャカシャと写真を取るほど、「猿島」の景色は幻想的で魅力的です。

  • 写真:中嶋といろ

特におすすめなのが切通し(要塞)エリアです。ここは明治時代に実際に要塞として使われていた場所で、日本にはたった4件しか現存しないフランス積れんが建造物を見ることができます。

  • 写真:中嶋といろ

なんだかおしゃれな煉瓦はもちろんなのですが、映画『インディージョーンズ』を思わせるような遺跡感も感じられ冒険好き女子にはたまらない空間です!

特に、「愛のトンネル」を通った後に待っている景色は圧巻!まさに『ラピュタ』を思わせる神秘的な世界が広がっています。

  • 写真:中嶋といろ

天使のハシゴの様に、木々の隙間を通ってこぼれる光が本当にキレイです!木々が颯爽と茂っている為すこし薄暗くなっている事もあり、より光がきれいに見えます。

更に煉瓦についたコケも、長い年月を紡いできた遺跡感があり奥へ進んでいく度にどんどんと冒険感が高まってきます。

  • 写真:中嶋といろ

そして、もう一つおすすめなのが浜辺です。さすが手つかずの無人島だけあってびっくりするぐらい貝殻がたくさん転がっています!

  • 写真:中嶋といろ

よく観光地で売られている小さい貝殻も目を凝らして探していると見つけることができるのですごく楽しいです。綺麗なシーグラスなんかもたくさん落ちているので、旅の思い出にお気に入りのひとつを持って帰るのもおすすめです!

さらに、この浜辺の近くの船着き場の岸壁は晴れていると様々な色合いの青が見れ、とてもきれいです。

  • 写真:中嶋といろ

魅力たっぷりの「猿島」にぜひカメラをもって冬に旅してみてくださいね♪

猿島
横須賀市 / インスタ映え / 女子旅 / 島・離島 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / ピクニック
住所:神奈川県横須賀市猿島地図で見る
Web:https://sarushima.jp/

次のページを読む

横須賀市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット33選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


神奈川デートに!カップルにおすすめのデートスポット42選

ロマンチックな夜景が眺められる名所や海の見える公園、2人で思いっきり楽しめるレジャースポットに、絶景が魅力の観光スポットまで、カップルで行きたい神奈川のおすすめ...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット29選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、日帰りで楽しめる関東近...

【2024最新】日本の人気の島・離島TOP50!旅行者が行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の離島を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に行ってい...

全国のおすすめ花畑85選!一面に絶景が広がる花の名所ガイド

チューリップにバラ、ひまわりに菜の花など、季節ごとにカラフルな花畑が広がる、全国のおすすめの花の名所をご紹介!カメラ片手に、全国の花の絶景を見に出かけませんか?

この記事を書いたトラベルライター

ソロトラベラー(ひとり女子旅専門ライター)
フリーランスのトラベルライター 。

女性目線の女子旅を主にひとりで、時々友達と楽しんでいます。写真を撮るのも好きで、Olympus PENとGoproを連れて旅しています。

世界遺産や遺跡、自然、絶景、美術、教会、グルメを主な発信としています。
世界遺産検定2級を取得しました!

あまりメジャーではないスポットや、寝台列車や、お酒のスポットなど、まだ女性向けの情報のないスポットに行き、女性目線で情報を得て発信するしてきたいと思っています。

旅はしたいけど、友達との予定があわずなかなか旅ができない社会人女子の参考にしてもら得るとうれしいです!
http://withbe.net

2日間で島根を巡る♡縁結びの出雲大社とご利益スポット女子ひとり旅

島根県と言えば縁結びやパワースポットがたくさんあります!日本一の縁結びスポットの出雲大社はもちろん、鏡の池で有名な八重垣神社や、フォトジェニックなまるで竜宮城の...


【弾丸】たった4時間でも京都を満喫できる女子のひとり旅モデルコース

京都といえば、魔都と言われるほど美しく旅人を引きつけてやまない街です。数えきれないぐらいの歴史的な寺社と、うっとりするような華やかな街並み。そんな素敵な京都の観...


はじめての女子ひとり旅はアジアで決まり!おすすめの国3選

社会人になると友達と予定が合わず、人と一緒に旅行する事がなかなか難しくなってきます。しかし、旅好きの女子としてはやっぱり年に何回かは海外に旅行に行きたいと思うも...

【岩手県】平泉の中尊寺金色堂!夏休みも意外と空いてる歴女なひとり旅♡

夏休みと言えば、どこに行っても人がごった返していて、なかなかひとり旅に出かけるのは億劫になってしまいますよね。しかし!2011年に世界遺産に登録された岩手県の平...

【横浜】ハマッコが教えるおしゃれでおいしい女子旅コース♡

海外情緒あふれる港町【横浜】は友達やデートで楽しむ町として有名です。ですが、実はひとりでも十分に楽しめるスポットがたくさんあることをご存知でしょうか?今回は、横...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります