韓国
韓国観光
日本から3時間足らず!激辛グルメや韓国コスメに大満足

【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:13ヶ国

2019年4月29日更新

48,440view

お気に入り

写真:WriterA

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力をご紹介いたします。格安で美味しいサムギョプサルを食べられると人気のお店です。

この記事の目次表示

マッチャンドル・ワンソグムグイの概要

  • 写真:WriterA

今回紹介する「マッチャンドル・ワンソグムグイ」は釜山の南浦洞(ナンポドン)にある、観光客からも地元の人からも人気のサムギョプサル専門店です。西面(ソミョン)にも同じ店があります。

  • 写真:WriterA
  • 写真:WriterA

店内は比較的広めで、筆者が訪れた時は韓国のお客様の方が多かったです。地元にも愛される人気店だということがわかりますね。清潔感のあるフロアなのも日本人にとっては嬉しいポイントです。

メニュー紹介

  • 写真:WriterA

それでは、マッチャンドル・ワンソグムグイのメニューを紹介していきます。メニューはとてもシンプル!お肉料理は、「サムギョプサル」と「モクサル」のみ。どちらも1人前10,500w(≒1,050円)です。これを3人前以上注文することが、お店のルールとして決まっています。(サムギョプサルは豚バラで、モクサルは豚の首の部分です)

お肉以外には、石焼ご飯・チゲ類・麺類などがありますよ。日本語メニューがあるので、非常にわかりやすいですね。

ナムル盛り合わせ

  • 写真:WriterA

まず嬉しいのが、ナムルが無料でついてくることです!韓国の焼肉店では、このように最初からテーブルにナムルが並んでいるお店が多く、日本人からするとまずこの部分に驚きです。しかも、ナムルは1品だけでなく、種類が豊富!大根・白菜・シソの葉、シメジなど、たくさんのナムルがありました。

  • 写真:WriterA

さらに、注文した後に出てきたのが、キンキンに冷えたもやしのナムル!ごま油が非常に効いていて、コチュジャンと一緒に食べると最高です。これは、サムギョプサルやモクサルと一緒に食べるのもお勧めです。

これだけ無料のナムルが充実していると、非常に安く感じます。

サンチュ・薬味類

  • 写真:WriterA
  • 写真:WriterA

韓国焼肉定番の、お肉を巻く「サンチュ」や、コチュジャン・にんにく・塩などの薬味類も充実していますよ。こちらももちろん無料です。特に、右写真の左手前にある小エビの薬味は、焼いてサムギョプサルに合わせて食べると、とても美味しいです!(店員さんから直々に教えてもらった食べ方です!)

サムギョプサル・モクサル

  • 写真:WriterA
  • 写真:WriterA

そしてメインの「サムギョプサル」と「モクサル」です!こちらは、店員さんがお肉を切って焼いてくれるので、完全に任せてしまって大丈夫。丁度いい焼き加減のころに、店員さんがお皿によそってくれます。後は自由に食べてOKです!

  • 写真:WriterA

手前のお肉がモクサルです!モクサルは豚の首の部分のお肉。外側に脂身が厚くついていて、中央の肉部分は弾力があります。サムギョプサルよりもあっさりしているので、女性の方にも食べやすいお肉です。

続いて奥が、サムギョプサル。脂がたっぷりのっていてジューシー。豚バラ肉は、日本では薄切りで食べることが多いですが、分厚くカットされているのもやはり韓国式。

  • 写真:WriterA

ナムルと一緒に、サンチュに巻いて、備え付けの塩を少しかけて食べると、さらに絶品!韓国をふんだんに感じられる、サムギョプサル&モクサルです。

石焼ご飯

  • 写真:WriterA

焼肉にはご飯が欠かせない方も多いはず。マッチャンドル・ワンソグムグイのご飯は、「石焼ご飯」のみ!熱々出来立ての石焼ご飯は、香りもよくて最高です。値段は4,000w(≒400円)で、二人で分けるとちょうどいい量ですよ。

  • 写真:WriterA
  • 写真:WriterA

ちなみに石焼ご飯を注文すると、キムチと韓国のりがつきます。これもまた、サムギョプサルとモクサルにも非常に合うのです。焼肉好き・サムギョプサル好きの方にとってはまさに天国です!

ランチタイム情報

  • 写真:WriterA

ランチタイムはディナー以上に、お得に食べられるのでお勧めです!

筆者は会計時に、この案内に気づいたのですが、15:00までのランチタイムは、なんと「石焼ご飯」と「チゲ」が無料でつくのです!ただでさえ、お肉だけでなくナムルまで付いてお得なのに、これ以上お得になってしまうのがランチなのです。

筆者夫婦はディナーでかなりお腹いっぱいだったので、さらにチゲまで付いたら、もしかしたら食べきれなかったかもしれません(笑)。ランチに行く方はぜひお腹を空かせて訪れてくださいね!

アクセス

  • 写真:WriterA

マッチャンドル・ワンソグムグイは、地下鉄・南浦洞駅から徒歩3分ほどの距離にあります。

ちなみに南浦洞は、釜山の海が間近の観光都市。新鮮な魚介がたくさん並ぶ「チャガルチ市場」や、BIFF広場、少し足をのばせば、韓国のマチュピチュとも呼ばれる「甘川文化村」にもアクセスできます。

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:WriterA

釜山に来たら絶対サムギョプサルだよな~と思って、グーグルマップとにらめっこして見つけたお店が今回紹介した「ワンソグムグイ」です。釜山旅でも一番満喫したグルメで、心から日本の方にお勧めできるお店です!他にもお勧め釜山の観光スポット・グルメ情報をトリップノート上で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね☆(いちまろ夫婦)

韓国の旅行予約はこちら

韓国のパッケージツアーを探す

韓国のホテルを探す

韓国の航空券を探す

(プサン(釜山))

(ソウル)

韓国の現地アクティビティを探す

韓国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ソウル】学生も必見!10,000ウォン以下で食べられる韓国グルメ12選

日本では第三次韓国ブーム!!KPOP人気や韓国関連の飲食店も続々出店されています。学生の留学先や旅行先としても大人気。日本からの時差もなく、旅費も安いので、初め...


大盛り生野菜!ソウル「エコパプサン」で食べたい野菜ビビンバ

韓国料理と言えばビビンバですね!今回ご紹介するのは、新鮮な生野菜がたっぷりのった、日本では珍しいサラダ感覚で食べられる野菜ビビンバです。こちらが食べられるのは、...

ソウルに行ったら絶対食べたい!美味しい韓国料理12選

韓国料理って種類が多いですよね。辛すぎたらどうしよう〜なんて思ってついつい食べ馴染みのあるものばかりになってしまいがち。でも、ちょっぴり冒険してみたら、「これ美...

【釜山】海雲台周辺のおすすめグルメスポット6選

釜山広域市南東に位置し、リゾート感ある海雲台(ヘウンデ)。繁華街とは違い落ち着いた雰囲気で、韓国人をはじめ、観光客にも人気の場所です。そこで、海雲台周辺でいただ...

【釜山】冷麺食べるなら現地で人気の「海雲台ミルミョン専門店」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理に「冷麺」があげられます。釜山では、冷麺の派生で、「ミルミョン」という小麦原産の麺で作られた冷麺が人気です。この記事では、釜山で人気の「...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きサラリーマンライター

アテネ・パルテノン神殿を観光する際に絶対気を付けてほしい2つのこと!

ギリシャ・アテネの人気観光スポットといえば、パルテノン神殿を始めとするアテネの遺跡群ですが、筆者がパルテノン神殿を訪れた際に、実は失敗してしまった事が2つありま...


【ディズニーシー大人デート】お勧めレストラン4選をプラン例と共に紹介!

大人の方が、東京ディズニーシーでデートをする場合に、どのレストランを利用したらいいのでしょうか?この記事では、筆者が考える「ディズニーシーデートで絶対外さないお...


ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...

【ドバイ】世界一美しい黄金のスタバ!空港からの行き方も紹介!

アラブ首長国連邦・ドバイのIbn Battuta Mall(イブンバトゥータモール)にあるスターバックスコーヒーは、「世界一美しい」と称されるほどの美しさが魅力...

【上海ディズニー】これだけは絶対乗りたい!人気アトラクション6選!

上海ディズニーランドは2018年現在、世界で一番新しいディズニーランドということもあり、日本とはまた違った魅力がたくさんあるパークです。そんな上海ディズニーラン...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります