韓国
韓国観光
日本から3時間足らず!激辛グルメや韓国コスメに大満足

【釜山・南浦洞】BIFF広場の屋台で安く食べ歩き!お勧め韓国グルメ6選!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:13ヶ国

2019年1月27日更新

12,798view

お気に入り

釜山の南浦洞(ナンポドン)にある、「BIFF広場」は、毎年秋に行われる、釜山国際映画祭の中心広場としても有名な通りです(映画祭のメイン会場は、現在は別に移されています)。そんなBIFF広場には、韓国グルメを食べ歩くにはもってこいの屋台やお店がたくさんあり、観光客にもお勧めの場所です。この記事では、BIFF広場で食べ歩きのできる、お勧めの韓国グルメ6選をご紹介します。

この記事の目次表示

1.ホットク

ホットクはシナモン入りの砂糖を、パン生地で包んで焼いた韓国屋台でも大人気のグルメです。基本は油で揚げ焼くことが多いですが、油を使わず鉄板焼きするタイプもあります。

  • 写真:いちまろ夫婦甘川洞文化村の屋台で買ったホットク

韓国では、紙コップに入れて提供してくれることが多いです。中の具材には、写真のようにひまわりの種やナッツが入っている物だったり、チャプチェが入っている物だったり種類はたくさんあります。熱々でもちもち、かつシナモンの甘みが美味しくて病みつきになります!

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

BIFF広場でも一番の賑わいを見せていたのが、写真のホットク屋台でした。凡そ1,300w(≒130円)程度で買えるのもホットクの魅力です。韓国に来たら絶対食べたいフードの一つですね。

2.トッポギ

日本でも最近よく目にする「トッポギ」は、ここBIFF広場でも食べることができます。ちなみにトッポギとは、細長い韓国餅を、コチュジャンで味付けした料理です。値段は3,000w(約300円)程度で買うことができますよ。

もしトッポギにはまってしまった方は、ロッテデパートのデパ地下でお土産として買うこともできますので、ぜひ日本でも食べてみてくださいね。

3.ブドウ飴

  • 写真:いちまろ夫婦

韓国では「フルーツキャンディ」と呼ばれる、日本でいうりんご飴などを販売している屋台が多くあります。BIFF広場では、日本では珍しい、「ブドウ飴」がありました。

1本3,000w(≒300円)で販売されており、5個串に刺さっているのでシェアにも適していますよ。

4.キンパ

キンパは、「韓国風海苔巻き」のことで、韓国のりで巻いた日本人にも好評な海苔巻きです!専門店も多くありますが、屋台で手軽に買えることも魅力です。韓国では、子どもたちの遠足の定番みたいですよ。

基本の中身は、玉子焼き、ハム、たくわん、ニンジン、ほうれん草、ごぼう、オデン(練り物)などが入っていることが多いです、値段は1本2,000w(≒200円)ほどで購入することができましたよ。

5.ワッフル

  • 写真:いちまろ夫婦

韓国でワッフルは、日本同様若者からすごく人気があります。値段も1,500w(≒150円)ととても安いです。例えばホットクなど少し辛めの味付けのものを食べた際には、デザートに食べるのもいいですね。BIFF広場のワッフルは、見た目はシンプルながらもクリームがはみでるボリュームで、食べ応え抜群です。

6.特大ソフトクリーム(32parfait)

  • 写真:いちまろ夫婦

最後は、屋台ではありませんが、BIFF広場のすぐ近くにある「32parfait(サーティーツーパフェ)」というソフトクリームのお店の特大ソフトクリームです!

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

31アイスクリームを彷彿させるような店名ですが(笑)、この特大ソフトクリームの長さが実は32㎝なのです。顔の大きさを優に超える、この特大ソフトクリームを食べられるのは韓国だけ!明洞にもお店を構えている、韓国でも人気店のソフトクリーム屋さんです。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

フレーバーは、「バニラ・チョコ・ストロベリー・抹茶・ヨーグルト・マンゴー」の6種類で、それぞれMIXをすることができます。店員さんが縦長にソフトクリームを作っていく様子に、子どもも興味津々です!しかもこれが、2,000w(≒200円)という安さなのも魅力です。

BIFF広場に関して

  • 写真:いちまろ夫婦

BIFF広場は、釜山地下鉄1号線チャガルチ駅から徒歩2分ほどの距離で行けます。釜山の観光名所「チャガルチ市場」からも歩いていける距離なので、セットで観光するのもお勧めです。

現在の釜山映画祭のメイン会場は、センタムシティや海雲台(ヘウンデ)に移されていますが、かつてはBIFF広場のある南浦洞(ナンポドン)が映画祭の中心でした。その名残として「BIFF広場」の地面には、映画祭に参加した監督や俳優の手形が記念に路面に埋め込まれています。屋台のグルメを食べながら、ぜひここもチェックしてみてくださいね。

また、釜山の観光・グルメ情報は「釜山に弾丸1泊2日旅!人気の観光地や韓国フード11選を網羅する最強プランをご紹介!」に、詳しくまとめて書いてありますので、ぜひそちらもご参考に下さいね!

BIFF広場
韓国 / 町・ストリート
住所:BIFF広場地図で見る

※記事内のウォンから円への換算は1ウォン=0.1円で計算しています

韓国の旅行予約はこちら

韓国のパッケージツアーを探す

韓国のホテルを探す

韓国の航空券を探す

(プサン(釜山))

(ソウル)

韓国の現地アクティビティを探す

韓国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ソウル】学生も必見!10,000ウォン以下で食べられる韓国グルメ12選

日本では第三次韓国ブーム!!KPOP人気や韓国関連の飲食店も続々出店されています。学生の留学先や旅行先としても大人気。日本からの時差もなく、旅費も安いので、初め...


【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...

大盛り生野菜!ソウル「エコパプサン」で食べたい野菜ビビンバ

韓国料理と言えばビビンバですね!今回ご紹介するのは、新鮮な生野菜がたっぷりのった、日本では珍しいサラダ感覚で食べられる野菜ビビンバです。こちらが食べられるのは、...

【釜山】海雲台周辺のおすすめグルメスポット6選

釜山広域市南東に位置し、リゾート感ある海雲台(ヘウンデ)。繁華街とは違い落ち着いた雰囲気で、韓国人をはじめ、観光客にも人気の場所です。そこで、海雲台周辺でいただ...

【韓国】蔚山おすすめグルメスポット6選

釜山(プサン)のお隣にある蔚山(ウルサン)は、海と山に囲まれていて、美味しいグルメの宝庫です。そこで、韓国三大プルコギの一つ彦陽(オニャン)プルコギがいただける...

この記事を書いたトラベルライター

共働き×夫婦旅 ライター
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:夫)iPhoneXS📱、妻)iPhoneⅩ📱

「一眼ではなくスマホで撮影。誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^


■いちまろ夫婦運営メディア
https://ichimaro.com/

【ディズニーシー大人デート】お勧めレストラン4選をプラン例と共に紹介!

大人の方が、東京ディズニーシーでデートをする場合に、どのレストランを利用したらいいのでしょうか?この記事では、筆者が考える「ディズニーシーデートで絶対外さないお...


アテネ・パルテノン神殿を観光する際に絶対気を付けてほしい2つのこと!

ギリシャ・アテネの人気観光スポットといえば、パルテノン神殿を始めとするアテネの遺跡群ですが、筆者がパルテノン神殿を訪れた際に、実は失敗してしまった事が2つありま...


【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...

ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...

【ドバイ】世界一美しい黄金のスタバ!空港からの行き方も紹介!

アラブ首長国連邦・ドバイのIbn Battuta Mall(イブンバトゥータモール)にあるスターバックスコーヒーは、「世界一美しい」と称されるほどの美しさが魅力...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります