伊勢&鳥羽で楽しい!とっておきのお土産探し14選

933

view
   2017年8月22日更新

歴史をさかのぼってみると、江戸時代より伊勢参拝の土産物として、お団子などが売られていたことがわかっています。帰りを待つ人達に、土産話と一緒にお土産を配る。そんな心遣いが、はるか昔から脈々と続いていたのかと思うと、感慨深いものがありませんか?お土産に対する気持ちは、今も昔も変わらない想い。相手の喜ぶ顔を想像しながらのお土産選びはワクワクしますよね。伊勢&鳥羽で見つけた定番から人気爆発中まで、きっと喜んでもらえるとっておきのお土産をご紹介します。

おはらい町やおかげ横丁で探すお土産11選

伊勢神宮門前町は、一軒一軒散策するのも楽しみの一つ。あなただけのひと品を見つけてください。

<1>赤福の赤福餅

伊勢参りのお約束!と言っても過言ではない赤福餅。驚いたのは参拝帰りの多くの方が、赤福の袋を持っていること。伊勢を代表する銘菓として、人気は不動のようです。誰もが知る赤福餅の、白い餅は川底の小石を、餡につけた三筋は五十鈴川の清流をあらわしているそうです。

赤福 本店

三重 / スイーツ / お土産

 

住所:三重県伊勢市宇治中之切町26

電話:0596-22-7000

Web:http://www.akafuku.co.jp/tenpo_syousai/?SHOP_ID=1

<2>太閤餅の太閤出世餅

天下人、豊臣秀吉が「美味也」と賞賛したことが、名称の由来と言われている太閤出世餅は、上品な甘さで、優しい味わい。元々は三日月形でしたが、縁起を担いで丸型になったのだそう。個包装なので、友人に配る場合など便利ですね。

太閤餅

三重 / スイーツ / お土産

 

住所:伊勢市宇治今在家町63

電話:0596-22-2767

Web:http://taikou-mochi.com/

<3>岩戸屋の岩戸餅

岩戸餅は和菓子中心のみやげ屋・老舗食事処「岩戸屋」が販売する、漉し餡を包んで、きなこをまぶしたお餅です。その他、神宮のお札をかたどった生姜糖など、伊勢みやげが店内にズラリと並んでいます。お多福の看板が目印です。

岩戸屋

三重 / スイーツ / お土産 / 和食

 

住所:伊勢市宇治今在家町58

電話:0596-23-3188

Web:http://www.iwatoya.co.jp/

<4>伊勢宇治園のお茶

伊勢茶の製造販売店。人気商品は、緑茶やくき茶です。

店頭で、香り高い伊勢茶の試飲もさせて頂けます。マイボトルを持参すれば、金額に応じた緑茶を入れてくれる、給水スポットでもあります。

伊勢宇治園

三重 / ドリンク

 

住所:伊勢市宇治今在家町47

電話:0596-23-0764

<5>ひもの塾の干物

ここでは常に数種類の干物が店先で焼かれており、無料で試食させて頂けます。三重県内で水揚げされた魚を、自社加工しているという干物。その焼きたてのおいしいこと!地方発送も可能です。

ひもの塾

三重 / 食料品・デリ

 

住所:三重県伊勢市宇治今在家町35

電話:0596-20-6628

Web:http://himonojk.com/index.html

<6>伊賀くみひも平井のくみひも

伊賀地方で、奈良時代から伝わっている伝統工芸品の伊賀くみひも。七色で作る厄除け商品なども取りそろえられており、鮮やかな色彩が美しいです。

伊賀くみひも平井

三重 / お土産 / 伝統工芸

 

住所:伊勢市宇治浦田一丁目5 番6号

電話:0596-26-2377

<7>吉兆招福亭の招き猫グッズ

「福のおすそ分け」をテーマに、全国の縁起物を集め誕生したお店で、約1,000種の招き猫を取り揃える招き猫の専門店。様々な招き猫が所狭しと並んでいる店内は、猫好きにはたまらないお店です。

吉兆招福亭

三重 / お土産

 

住所:伊勢市宇治中之切町52

電話:0596-23-8852

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年2月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
お出かけ、食べることが大好き!

日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!