南足柄市

【神奈川・矢倉岳】神が宿る山で低山登山を楽しむ

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2021年2月2日更新

3,470view

お気に入り

神奈川の矢倉岳(やぐらだけ)の山頂は、足柄神社の奥宮があるパワースポットです。矢倉岳は870mほどの低山ですが、バラエティに富んだ飽きさせない起伏で初心者でも登山の醍醐味を楽しめますよ。

この記事の目次表示

矢倉岳って?

矢倉岳は神奈川県南足柄市にある標高870mの山です。登山ルートもいくつかありますが、山頂まで2時間程度で登れる初心者向けの低山です。この付近では金太郎伝説で知られる金時山の方が知名度が高く、登山者もそちらに集中する傾向があり、矢倉岳は混雑を気にすることなくのんびり歩ける山です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto矢倉岳

特徴的なのはその形で、まるでお椀をひっくり返したかのような形をしています。周りを他の山々に囲まれていても、「あれが矢倉岳!」と一発で分かるほどの形をしています。山頂に行くにしたがって細くなる綺麗な形をしているため、山頂は見晴らしがよく、天候条件が整えば富士山や金時山など名だたる山々や、相模湾を眺めることができるんです。この周囲を観察できるほどの展望の良さから「やぐらのような山」として矢倉岳と呼ばれるようになったと言われています。

  • 富士山

地蔵堂

今回は「地蔵堂コース」をご紹介します。こちらの小さいお堂が地蔵堂です。登山のスタート地点となるところです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto地蔵堂

地蔵堂の近くにはバス停と無料駐車場があるので、公共交通機関と車どちらでもアクセスすることができますよ。

アクセス

公共交通機関を利用する場合

東京は新幹線またはJR東海道線で「小田原駅」まで行き、小田原で伊豆箱根大雄山線に乗り換え「大雄山駅」で下車。大雄山駅前にある「関本バス停」から 箱根登山バスの新松田駅~関本~地蔵堂線に乗車。「地蔵堂バス停」で下車。

車を利用する場合

東名高速「大井松田インターチェンジ」を下り、神奈川県道78号線の南足柄・松田方面へ直進、下原隧道を通過し「竜福寺」交差点から御殿場・山北方面(足柄街道)へ右折。地蔵堂トンネルを通過し、「夕日の滝・地蔵堂」の案内に従い旧道へ左折。

地域の言葉遣いのわかるポップな看板

地蔵堂の前にはなかなかポップな看板もあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto金太郎の看板

冒頭でご紹介した通り、この付近は金太郎伝説が残る土地。「燃すまい 木のふるさと 緑の資源」 のコピーとともに、金太郎さんが描かれています。神奈川県の一部では「燃やす」を「燃す」といいます。そんな地域の言葉遣いもわかってとても興味深いですね。

地蔵堂
南足柄市 / 社寺・教会
住所:神奈川県南足柄市矢倉沢2588-1地図で見る

足柄古道万葉うどん~登山道入口

地蔵堂からはこまめに案内板が出てくるので、登山道に入るまで迷わず行けるでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto「足柄古道・矢倉岳」の案内板

「足柄古道・矢倉岳」の案内板が示す方向に進みます。

地蔵堂コースの名物店「足柄古道万葉うどん」の右脇の道を通ります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto足柄古道万葉うどん
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto「足柄古道万葉うどん」の右脇の道

後で立ち寄るのでどんなうどんかお楽しみに!足柄古道万葉うどんを越えると見通しの良い道路に出ます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoお茶畑の見える道

お茶の畑が道路の奥に見えています。この辺りはブランド茶の「足柄茶」の栽培エリア。この辺りは山がちな地形により日照時間が短く、ゆっくりと成長する分、土壌の栄養分をたっぷり吸収して美味しくなるそう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto側道

道を渡ると側道があり、遠くにコンクリートの橋が見えます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoコンクリートの橋

登山道入り口

橋を渡るとだんだんと緑の深みが増してきて山に入ったなと感じさせてくれます。登山序盤にもかかわらず、ロープを使いながら登るような箇所もあって、とっても楽しいですよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto登山道

所々設置されている案内板に従って「矢倉岳」を目指せば良いので迷うことはないでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto矢倉岳への案内板

登山道入口から30分から40分ほど歩くと、この登山道のお楽しみの一つでもある沢が登場します。沢の真ん中にゴロンと木が橋のように渡されていますよね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto登山コースの沢

ここは矢倉岳に挑戦する登山者の中で、度々議論になる場所なんです。それというのも、この橋のような木が人が安心して渡れるほどの平さはなく、しかし橋のように渡されているため、この木を使うか使わないかで議論になるのです。バランス感覚に自信があるのであれば木の上を歩いてもいいかもしれませんが、自信がなければ木の横を歩きます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto木のわきを通る

沢にはちょうど足を濡らさないで歩ける石が点在していて、濡れずに川を渡ることができます。とはいえ天候による水流の変化で石は簡単に水没してしまうので、天気が悪い時は行かない、晴れていても防水の登山靴を履いていくなどの考慮は必要でしょう。

雨が降っているからと日程を簡単に変更することができないツアーでは、水量が多いとガイドさんが、自力で渡れないお客さんをおぶって渡ることもあるそうですよ。ひええ。。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年2月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります