神奈川
神奈川観光
観光やレジャー目的での日帰り旅行者が多い地域

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2021年1月26日更新

37,308view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生林のような豊かな自然と、起伏にとんだ地形がまさにアルプス!手軽に行ける場所に、こんなに本格派の山があったなんてと嬉しくなるほど。いつもとは違う山登りを楽しみたいという方にお勧めの、三浦アルプスをご紹介します。

この記事の目次表示

三浦アルプスって?

日本アルプスをはじめ、全国に〇〇アルプスと付く山々は沢山あります。自然の少ないイメージのある関東にも実は沢山あって、そのうちの一つが本日ご紹介する、神奈川県三浦半島の「三浦アルプス」です。

アルプスと付くと高い山々を想像しますが、意外にも全国のご当地アルプスは、里山をつないだ登山ルートが多いので、標高が低く、街並みの気配を感じながら歩くところも少なくありません。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto街並みの気配

ここ三浦アルプスも最も高いところで200m程度と、低い山々をつないだハイキングコースですが、低いながらもアップダウンが多く、また藪漕ぎ(やぶこぎ)が楽しめるコースとして人気が高まっています。

藪漕ぎとは、竹やササなど草地をかき分けて歩く技法のことで、整備されたルートを歩くハイキングよりも、より冒険感が味わえるため、藪漕ぎにハマる人も多いんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto

三浦アルプスにはいくつかルートがありますが、今回は特に人気が高い縦走ルートをご紹介します。約9kmのコースを標準的な大人の体力で、約4時間半かけて歩くルートです。

持ち物は?

通常、200mクラスの低山では、登山者とはっきりとわかる装備の人と、街歩きの格好の人が半々くらいの印象ですが、三浦アルプスはガッツリと登山装備の人のみという印象です。約4時間半は山の中を歩き続けるので、最低限、以下の装備を準備して出かけると安心です。

  • トレッキングシューズ
  • 化繊やウールのアンダーウェア、服:綿素材は、汗の渇きが遅いので避けましょう。
  • カッパ、または撥水能力のあるウインドブレーカー
  • グローブ:手を使う個所が多々あります。グローブが無ければ軍手でもかまいません。
  • 水:季節や個人差もありますが、1.5リットルあると安心です。
  • 行動食、ご飯:アップダウンが激しい山道では、平地に比べてカロリー消費が激しく、すぐにお腹がすきます。長時間運動を続けると、極度の低血糖状態に陥ることがあり、体が動かなくなります。これを回避するため、長時間の登山では必ずチョコレートなどの行動食を食べながら登ります。
  • 地図:京急沿線トレッキングガイドがわかりやすくてオススメです。事前にプリントアウトしてきましょう。このガイドでは「3.仙元山から南尾根、京急田浦駅へ」というオレンジのルートで紹介されています。
  • レジャーシート:コースの中盤の疲れてくる付近に、ベンチなどの休憩スペースがないので、レジャーシートがあると適宜休憩がとれて便利です。
  • ザック:上記で紹介した諸々をザックに詰めてGO!

はじまりは教会から

さて、早速ハイキングに出かけましょう。本日のコースは、教会の奥に入り口があります。教会までは、JR逗子駅から京急バスで15分程度。風早バス停で下車します。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto教会前の坂道

この坂道が出だしから結構キツイ角度で、息が上がりますが、後ろを振り返ってみると街並みの奥にすぐ海が見えて綺麗です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto教会に向かう坂道からの景色

そして前方には、真っ白な壁と、緑の屋根の上にのった十字架が目印の葉山教会が見えてきました。ハイキングコースの入口は、この教会の左手奥にあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto葉山教会
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoハイキングコース入口

教会の奥を15分ほど歩くと、先ほどちらりと見えた海が一望できるスポットに出ます。テーブルや椅子もあって、ちょっとした休憩スポットがあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto休憩スポット
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto景色
葉山教会
葉山町(三浦郡) / 教会
住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内1882番地地図で見る
Web:http://hayama.church.jp/

観音塚

海が一望できるスポットをすぎると、途中右手に中学校の生徒たちの元気な声が聞こえてきます。この辺りはまだ街の真横にあるルートで、人の気配を感じながら歩けるところです。

そして、ここから徐々に三浦アルプス特有の激しいアップダウンが始まります。トレッキングマップでも紹介されている、250段の階段がお待ちかね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto階段

建物の中にある階段よりも、段差が大きいので、結構太ももにきます。普段運動をしていない人は、確実に筋肉痛に数日苦しめられるキツさです。さらに上る&下るの両方があるので、太ももの前後の筋肉を使います。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto階段の先にあるベンチ

階段の先にはベンチが。心憎い配慮です。この後はどんどん山が深くなっていき、お待ちかねの藪漕ぎスポットが登場です!いい感じに草木が茂ってます。グローブを付けてガンガン進んでいきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto

そして観音塚に到着。お地蔵様サイズの像が安置されています。風雨で表面がなだらかになっていますが、観音に縁のあるものでしょうか。観音塚は、標高167m。三浦アルプスの中でもまずまずの高さです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto観音塚
観音塚
葉山町(三浦郡) / その他スポット
住所:神奈川県三浦郡葉山町上山口地図で見る

茅塚

次に三浦アルプス最高峰212mの茅塚を目指します。ここは送電線の鉄塔などわかりやすいポイントもあるので目指しがいがあります。やっぱりここも途中途中に藪のコースがあり、飽きることなく歩くことができます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto竹藪

さらにこんな風に木の根っこが路上に縦横無尽に露出していたり、とっても楽しい!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto根のはった道

紛らわらしい分岐には、こんな感じで木に直接矢印がテーピングされたりしています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto木に貼られたテープ

方向案内では、「観音塚」と「乳頭山」が出てきますが、ひたすら乳頭山を目指して進んでいきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto方向案内板

鉄塔①

途中、鉄塔が見えてきました。このコースには鉄塔が2カ所あります。コースの道幅も狭く、ゆっくり腰を下ろせる所が少ないので、鉄塔下で休憩しておくのがいいでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鉄塔

一つ目の鉄塔は観音塚から2.6km、乳頭山まで0.8kmの位置にあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto方向案内板

椿のアーチ

鉄塔を越えると、ワイルドな三浦アルプスの中でカワイイ!!と叫びたくなるスポットが。季節にもよりますが、冬季には椿のアーチを見ることができるんです。100m程もつづく椿のアーチはまるで絵本の世界のよう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto椿のアーチ

鉄塔②(茅塚)

椿のアーチを越えて、二つ目の鉄塔に向かって進んでいきます。二つ目の鉄塔があるところが茅塚。本日の最高峰212mです。乳頭山まで残り0.6kmという地点で、手書きの「茅塚直登新ルート」の表示を発見。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto案内板

新ルートということなので早速挑戦してみます。斜度お構いなしに直登するルートなので、結構足の筋肉を使います。ただし距離はとっても短いので、ここまで体力が残っていれば挑戦してみるのが面白いかも。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto直登ルート

そして見えてきました。二つ目の鉄塔です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鉄塔

鉄塔からは、今まで登ってきたご褒美とばかりに気持ちのいい景色が見えます!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鉄塔からの景色
茅塚
葉山町(三浦郡) / その他スポット
住所:神奈川県三浦郡葉山町上山口地図で見る

次のページを読む

神奈川の旅行予約はこちら

神奈川のパッケージツアーを探す

神奈川のホテルを探す

神奈川の航空券を探す

神奈川の現地アクティビティを探す

神奈川のレンタカーを探す

神奈川の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【関東】春のおすすめ花畑24選!3月・4月・5月に見頃を迎える花の名所ガイド

あちらこちらで花の便りが聞かれる”春”。芝桜、ポピー、チューリップなど、春の花が一面に咲く花畑を見にお出かけしませんか?3月・4月・5月に見頃を迎える、関東の花...


【2021最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順...

横浜デートに!カップルにおすすめのデートスポット46選

港町らしい雰囲気抜群のスポットにおしゃれカフェ、まったり過ごせる公園から夜景の名所、最新の話題スポットまで、カップルで行きたい横浜デートにおすすめのスポットを厳...

初めての縦走チャレンジにもオススメ!陣馬山から目指す高尾山

奥高尾縦走といわれている「陣馬山~高尾山縦走」についてご紹介します!縦走ときくと、少し構えてしまう方も多いかもしれませんが、コースは整っていて、エスケープルート...

横浜・子供と行きたい観光スポット50選!子連れ旅行におすすめ

実は子ども向けの施設も多い横浜中華街や、お散歩するだけでも楽しめる山下公園、キャラクターイベントが人気の横浜ランドマークタワーなど、横浜への子連れ旅行におすすめ...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります