三豊市

【香川】粟島のアートプロジェクト漂流郵便局へ行こう

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:32都道府県

2024年3月14日更新

32view

お気に入り

写真:dory

香川県三豊市の粟島には、届け先のわからない行き先不明の手紙が届く小さな島の郵便局があります。瀬戸内国際芸術祭を機にアートプロジェクトの一つとして誕生した「漂流郵便局」に行ってみませんか?

この記事の目次表示

粟島とは?

香川県三豊市にある粟島は瀬戸内海に浮かぶ人口200人ほどの小さな島です。3つの島が潮の流れによってひとつに繋がり、スクリューのような形が特徴的な島で、国の登録有形文化財に指定されている日本最古の海員養成学校があり、旧校舎を利用した粟島海洋記念館などが現在も形を残しています。4年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭の会場の一つにもなっています。

漂流郵便局って?

2013年の第2回瀬戸内国際芸術祭の作品の一つとして現代アーティスト久保田沙耶さんによって、築50年木造の旧粟島郵便局舎を利用したアートプロジェクトである漂流郵便局が誕生しました。

  • 写真:dory

いわゆる一般的な郵便局の機能はとうの昔になくなりましたが、届け先の分からない手紙を受け付ける郵便局として「漂流郵便局留め」という形で局内に全国から寄せられた「誰かに届けたい想い」を綴ったハガキを展示、保管しています。2022年にはテレビドラマ「ミステリーと言う勿れ」にも登場し、ドラマファンも足を運ぶようになりました。

漂流郵便局での楽しみ方

芸術祭が終わった今も世界中から沢山の手紙が寄せられ、ここを訪れた人は届いた手紙全てを自由に読むことができます。国内外から集まった手紙やハガキの数は5万通に達します。

  • 写真:dory中央のポストのオブジェや棚には多くの手紙やはがきが保管されている。

この建物の所有者でボランティアの中田さんは元郵便局員で、届いた手紙すべてに目を通し、印を捺し、局内のオブジェに積んでいきます。天国へ行ってしまった家族、友人、恋人などへ宛てた手紙で、見知らぬ人の悲しみに触れるのですが、穏やかな表情で去ることができました。

  • 出典:www.flickr.com手に取って思い思いに読むことができる

当初は芸術祭期間限定だったそうですが、必要な場所だから続けようと決意し、自費で管理・修繕して場を整えながら作品を守り、今も公開を続けています。漂流郵便局はアート作品から、人々の心の漂着を許してくれる特別な場所へと変貌していったのです。

漂流郵便局への手紙の出し方

”行き先のない手紙”を預かってくれる世界でたったひとつだけの郵便局で、漂流郵便局留めで世界中どこからでも手紙を送れば誰に宛てた手紙でも受け付けてくれます。また、漂流郵便局に直接投函することもできます。

  • 写真:dory

中には何度も手紙を出している人もいましたし、送った手紙の返却はしていませんが書いた本人が自分の手紙を探しに来たりすることもあるようです。こちらを訪れた人は思い思いの時間を過ごしていくのです。

次のページを読む

三豊市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


食べ歩きが楽しい!四国のグルメな観光スポット11選

賑わいある表参道が魅力の「金刀比羅宮」や、歴史ある温泉街歩きも楽しい「道後温泉」、ご当地感あるグルメが揃う「ひろめ市場」など、食べ歩きを楽しみたい、四国のグルメ...


春の国内旅行におすすめの観光地43選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

絶景!天空の鳥居【香川】高屋神社までハイキング!

高屋神社は瀬戸内海に面した、香川県観音寺市にあります。天空の鳥居から見る景色が絶景すぎる!と、人気スポットに。本宮まで車で行けますが、今回はハイキング気分で天空...

【国内】5月におすすめの穴場旅行先13選!

一面の黄色い絨毯が広がる「滝川市の菜の花畑」や、色あざやかな芝桜が美しい「茶臼山高原」、雪が作る回廊が圧巻の「八幡平アスピーテライン」など、5月の旅行におすすめ...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
元海外在住、元外資系豪華客船員ライター。学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!定番から少しだけ外れてるけど、マニアック過ぎない、いつもより少し旅を楽しくするノウハウお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【コロンビア】地元グルメを堪能!食べたいご当地料理&ドリンク10選

南米コロンビアの料理ってどんなものでしょうか?日本ではなかなか食べることも、また想像することも難しい方が多いのではないでしょうか。難しいからこそ訪れた時には、見...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります