奈良
奈良
世界遺産が日本一多く、鹿のゆるキャラが人気

【奈良】驚きの宗教施設「天理教教会本部」見学のススメ

2018年6月26日更新

168view

お気に入り

天理教は日本全国・世界に100万人以上の信者がいると言われている、江戸時代に成立した宗教です。本拠地は奈良県天理市で、多くの天理教信者が集まってきます。今回は天理市にある「天理教教会本部」を紹介してきます!

この記事の目次表示

天理教とは

奈良県天理市に本拠地を置く宗教で、世界に100万人以上の信者が居ると言われています。江戸時代末期の1838年に、教祖である中山みき様が神の啓示を受け、それを人々に伝えたのが天理教の始まりと言われています。

天理教教会本部とは

奈良県天理市にある天理教の本部です。天理教において人間創造の聖地とされている「ぢば」を中心に、四方に礼拝場(らいはいじょう)が建てられており、全国から天理教の信者が参拝に集まる場所です。


天理教教会本部の魅力

信者じゃなくても参拝できる

きちんとマナーを守れば、信者でなくても参拝出来ます。宗教施設というのは閉鎖的なイメージがあるかと思いますが、なんと天理教教会本部は 365日 24時間 誰にでも 開放されています。

独特の雰囲気

  • 信者詰所

天理教教会本部の周辺にはたくさんの天理教関係の施設があり、非常に一体感があります。信者の方々が、おつとめをしているのを見るとどこか神聖な気持ちになり、神社や寺院とはまた違った雰囲気を感じることが出来ます。

広大な敷地

  • 教会本部からみた諸施設

聖地である「ぢば」を中心に礼拝場や回廊・中庭、さらにその外に信者の詰所があります。教会本部だけでなく周辺の宗教施設まで見て回ると、より一層天理教のことを知ることが出来ます。


オススメの見学方法

誰にでも開かれている宗教施設とはいえ、一人で回るのには少し勇気が要ります。というわけで、天理教の係員さんに案内してもらうのがオススメです!

境内の南西にある「南支所インフォメーションセンター」に行けば、参拝の順序やマナーについて聞けるほか、希望すれば係員さんに案内をお願いすることも出来ます!不安な方はこちらで案内をお願いすると確実ですし、いろいろと教えてもらえて勉強にもなります。

「○○を案内してほしい」や「●●分くらいでお願いしたい」という希望があれば事前に係員さんに伝えておきましょう。結構希望を聞いてくれます。

天理教教会本部にある主な施設

神殿

中央に神様が人間を創造したとされる「ぢば」があり、その四方には礼拝場が建てられています。東西南北の礼拝場をすべて合わせると、なんと3,157枚もの畳が敷き詰められており、入った瞬間に圧倒されます。

回廊

礼拝場と教祖殿、祖霊殿などを繋ぐ回廊です。各礼拝場が建立された時期が違うことから、回廊の作りも少しづつ違います。新しい回廊には消防法によって防火扉が付けられていたり、建築面でも面白い要素が数多く存在します。

教祖殿

教祖である、中山みき様が住んでいるとされる建物です。1838年に教えを説かれてから現在も存命のまま人間を導かれているとされています。

祖霊殿

霊様(みたまさま)が祀られている建物です。お社が3つあり、正面には中山家の方々、向かって右には天理教の役員の方々、向かって左には一般の信者の方々が祀られています。

マナー・参拝の方法

天理教教会本部は天理教の中心にあたる非常に神聖な施設です。お邪魔しているという気持ちを忘れずに、信者の方に失礼の無いようにしましょう。写真撮影も寺院と同じように神殿内は不可能で、回廊や中庭も禁止区域になっています。

参拝のやり方は一般的な神道のものと違い、 両手をついて1拝 → 4拍手 → 両手をついて1拝(お願い事やお礼はこのときに) → 4拍手 → 両手をついて1拝 という順序です。案内をお願いした場合は、参拝の際にやり方を教えてくれます。

アクセス

  • JR・近鉄 「天理駅」 から 徒歩で 17分
  • JR・近鉄 「天理駅」 から タクシーで 5分
  • JR・近鉄 「天理駅」 から 奈良交通バスで「天理教本部前」まで 5分
  • 名阪国道 「天理東IC」 から 約10分
  • 西名阪自動車道 「天理IC」 から 約10分

まとめ

「天理教教会本部」いかがでしたか?宗教施設ということで、少し観光のハードルは高く感じますが、HPにも参拝の方法が書かれていたりしますのでそちらも確認の上で是非一度見学に訪れてみてください。

天理教教会本部
奈良 / その他スポット
住所:奈良県天理市三島町1番地1
Web:https://www.tenrikyo.or.jp/jpn/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月20日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

夏におすすめ!関西水辺のおでかけスポット9選

今回は、暑い時期にも涼しげな、関西の水辺スポットをご紹介します。風情ある川沿いを散策したり、マス釣りを体験したり、遊覧船に乗ってみたりと、夏ならではのお出かけを...

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

まだこんな秘境があった!和歌山・奈良・三重にまたがる、瀞峡めぐり

和歌山・奈良・三重の3県にまたがる瀞峡(どろきょう)。ここには、現代の秘境とも言える美しい渓谷があります!目に映る景色は、どこもまるでジブリの世界。どこかでトト...

【奈良】一言で願ったら何でも叶う!葛城一言主神社と御所市おすすめスポット

「願い事を一言で願ったら、何でも叶えてあげよう」そう聞いたら絶対に訪れたくなりますよね。奈良県御所市にある葛城一言主神社(かつらぎ ひとことぬしじんじゃ)は、全...

【奈良】大和高原を楽しむ!道の駅での味覚狩りや動物とのふれあいも

奈良県の北東部には、都市部より標高の高い高原地帯が広がっています。この地域は大和高原と呼ばれており、田畑や小高い山が点在する、のどかな景色が楽しめます。大型の道...



この記事を書いたトラベルライター

ドラクエⅣでガオン狩りをする男
旅行は一人か二人でがほとんどです。旅行先で見つけたオススメの場所や、地元の一押しスポットを紹介していきます。

【三重】伊勢神宮の混雑回避!静かで荘厳な早朝参拝のススメ!

古来鎌倉時代から参拝客が訪れたという歴史のある伊勢神宮。現在でも人気は衰えず、最近では2013年に式年遷宮、2016年には伊勢志摩サミット参加のために来日した各...

【京都】絢爛なる彫刻・治癒の名水、伏見「御香宮神社」に参拝!

「御香宮神社(ごこうぐうじんじゃ)」は京都府京都市伏見区にある神社です。拝殿の彫刻が非常に美しく、境内には名水百選にも選出された「御香水(ごこうすい)」という水...

【大阪】天王寺駅徒歩5分「ファーストキャビンステーションあべの荘」の魅力を紹介!

「ファーストキャビン」は、飛行機のファーストクラスをイメージして作られたコンパクトホテルです。今回はそんなファーストキャビングループの中でも少しコンセプトの違う...

【近畿】2府3県をお得に旅行「近鉄週末フリーパス」の買い方・使い方

「近鉄週末フリーパス」は近畿日本鉄道が販売している、金・土・日か土・日・月の3日連続で近鉄が乗り放題になるお得な切符です。この切符を使って、近鉄でお得に旅行する...

【三重】駅・伊勢神宮から徒歩5分!外宮の別宮「月夜見宮」を紹介!

「月夜見宮(つきよみのみや)」は、三重県伊勢市宮後町にある伊勢神宮外宮の別宮です。外宮から徒歩5分かつ駅からも徒歩5分という好立地でありながら、周辺は静かで雰囲...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?