ネパール
ネパール観光
変化に富む自然環境のなかに30以上の民族が暮らす

【ネパール】ポカラでアンナプルナの絶景を楽しもう

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:15ヶ国

2019年1月3日更新

166view

お気に入り

写真:YYOKO

アンナプルナ連峰の麓に広がる町・ポカラ。どこにいても雄大な山々を一望できる町には、山並みを楽しめる絶好の展望台や、日本人が建てた高台の寺院、ヒマラヤの歴史や文化などの資料を集めた博物館があります。今回は、これらのアンナプルナ連峰にまつわるスポットをご紹介します!

この記事の目次表示

アンナプルナ連峰の麓の町 !ポカラ

  • 写真:YYOKOPhewa Tal and Pokhara city

アンナプルナ(Annapurna)の麓に広がるのが、湖の町・ポカラです。町のシンボルでもあるフェワ湖は、アンナプルナ連峰からの恵みによって生み出された賜物です。ポカラはネパール指折りの観光名所となっており、湖や滝、洞窟などの雄大な自然を実感できるほか、レイクサイドでのんびり過ごせるリゾート地としても人気です。

今回は、そんなアンナプルナ連峰の麓に広がる町・ポカラを拠点に訪れることができ、アンナプルナを感じることができるスポットを紹介します。

ポカラ
ネパール / 町・ストリート
住所:Pokhara,Nepal地図で見る

アンナプルナの絶景を堪能できる!サランコットの丘

  • 写真:YYOKOAnnapurnaⅡ(7937m)&Ⅳ(7525m)
  • 写真:YYOKOMachapure(6993m)

ポカラを訪れたら、ぜひ行ってほしいのがレイクサイドにあるサランコット(Sarangkot)の丘。ここからは、雄大なアンナプルナの山並みを望むことができます。

  • 写真:YYOKOsunrise, Sarangkot
  • 写真:YYOKOSarangkot

特にオススメは朝。夜明け前に目が覚めたら、ハイキング気分でこの丘に登ってみてください。…丘といっても、標高は1,592m…町から500m以上登ることになるので、時間には余裕を持っていくと良いです。朝のさわやかな空気の中、夜明けとともに山肌が赤く染まっていく様子はまさに圧巻!息をのむ美しさです。

  • 写真:YYOKOdifficult to hold a place at Sarangkot
  • 写真:YYOKOVehicles, Sarangkot

ただし訪れる際には、侮るなかれ。かなりの観光客に知られているようで、繁忙期には早朝でも混み合って身動きが取れない状態です。ものすごく朝早くいって場所取りをするか、早起きをあきらめて混雑する中を進むか…二つに一つです。

サランコット
ネパール / 自然・景勝地
住所:ネパール 〒33700 ポカラ サランコット地図で見る

気軽なハイキング!日本人が建てた仏塔・日本山妙法寺

  • 写真:YYOKO日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)への登り階段
  • 写真:YYOKO日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)への坂道

サランコット丘の反対側、湖の南のダムサイドにあるおすすめのハイキングスポットが…日本山妙法寺です。麓から30分から45分くらい歩いて登ります。

標高1,000m!青空と白い塔のコントラストが美しい

  • 写真:YYOKO日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)の入り口
  • 写真:YYOKO花に囲まれた日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)

標高1,113mの丘の上に立つこの仏塔。英語名はWorld Peace Pagoda…世界平和の塔とも言われ、日本人が建てたお寺です。

  • 写真:YYOKO日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)
  • 写真:YYOKOBuddha, 日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)

青空を背景に真っ白な仏塔(パゴダ)が輝いて見えて、仏教のことをよく知らなくても神聖なものに見えてくるかもしれません。

  • 写真:YYOKOPhewa Tal, 日本山妙法寺(World Peace Pagoda)

筆者が訪れた日は残念ながら見られませんでしたが、塔から見おろすフェワ湖と、天気が良ければ見えるアンナプルナの山並みのコントラストは最高なのだとか…。天気に恵まれた際には、ぜひその絶景も堪能してください。

平和の祈りを!奇数でお供えするロウソク

  • 写真:YYOKO日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)のローソク小屋
  • 写真:YYOKO日本山妙法寺 (World Peace Pagoda)で蝋燭をお供え

仏塔から登り口に戻った脇をよく見ると、小さな小屋があります。ここは、ロウソクをお供えする場所です。小屋にいる地元の人に代金を支払うとロウソクを準備してくれます。ロウソクは1人当たり1本、3本、5本と奇数でお供えするのが通例とか。ロウソクの代金は一本およそ数十ルピー(数十円)ですが、その場で聞いてみてください。

おすすめ!近くのエリート・オーガニック・ハウスで一休み

  • 写真:YYOKOElite Organic House
  • 写真:YYOKOElite Organic Houseで一休み

お参りも済んで、少し一休みしたい方におすすめは、日本山妙法寺を出てすぐの所にあるエリート・オーガニック・ハウス(Elite Organic House)がおすすめです。お茶やジュースを飲むことができ、くつろぎながら湖や山並みの景色を眺めれば、ハイキングの疲れが癒えること間違いなし。飲み物の金額は100ルピー(100円)前後。湖を眺めながら、乾いた喉を潤すジュースは最高です!

エリート・オーガニック・ハウス
ネパール
住所:Elite Organic House, world peace stupa access Rd, Pokhara地図で見る
日本山妙法寺(ポカラ)
ネパール
住所:World Peace Pagoda,Kaski,Pokhara,Nepa地図で見る

ヒマラヤと世界の山々を学べる!国際山岳博物館

  • 写真:YYOKOEntrance, International Mountain Museum
  • 写真:YYOKOTicket office, International Mountain Museum

2004年にオープンした国際山岳博物館は、登山や地質、民族、環境などの資料が集められた施設です。世界中の山岳関係者の協力を得て建てられたそうです。

入場料500ルピー(500円)は、敷地内に入ってすぐに支払います。博物館の建物に入るときにチケットを見せる必要がありますので、チケットの購入は忘れずに!

  • 写真:YYOKOTo International Mountain Museum
  • 写真:YYOKOenter into International Mountain Museum

チケットオフィスから博物館までは、歩いて5分くらいかかります。

知ろう!ネパールの山の民の暮らし

  • 写真:YYOKOinside of International Mountain Museum

入場券を見せて館内に入ると、そこは体育館のような簡素なだだっ広い空間になっています。ここで、ヒマラヤ山脈を中心とした文化や自然、登山の歴史などのコーナーに分かれて展示されています。

  • 写真:YYOKOexhibition, International Mountain Museum
  • 写真:YYOKOSherpa's region map, International Mountain Museum

エベレスト登山でガイド役を務めることで有名になったシェルパ(Sherpa)は、ポーターの意味ではなく、エベレスト周辺のエリアに住む民族の名前だそうです。

  • 写真:YYOKOKimono, International Mountain Museum
  • 写真:YYOKOKomagadake, International Mountain Museum

ネパール国内の民族分布や、海外諸国のそれぞれの文化の違いを学ぶ文化のエリアには、日本の山岳地帯を代表して、なぜか長野県駒ヶ岳のポスターが。展示されている日本の着物は結構人気があり、地元の学生たちがこぞって写真を撮っていたのが印象的です。

先人たちの苦労を垣間見る!登山の歴史

  • 写真:YYOKOHimalaya's Panel, International Mountain Museum
  • 写真:YYOKOAnnapurna's explanation

歴代の登山家たちの功績やそれぞれの山にまつわる話などがまとめられたパネルも展示されています。そのほか、実際に登山家たちが使った道具や衣類も見ることができます。1950年にアンナプルナに登ったフランス人登山家が使用した道具を見ると、この装備でよく登頂したなと驚くこと間違いなし。

  • 写真:YYOKO田部井さんの展示, International Mountain Museum
  • 写真:YYOKO田部井さんの登山道具,International Mountain Museum

エベレストに女性として初めて登頂した田部井淳子さんの登山具も顔写真付きで展示してあり、日本人としては誇らしい気分になれるかもしれません。

まるで公園!国際山岳博物館の敷地

  • 写真:YYOKOOpen space, International Mountain Museum
  • 写真:YYOKOoutside of International Mountain Museum

博物館自体は、公園のような広い敷地の中にたたずんでいます。晴れていれば、建物越しにアンナプルナ連峰などを見ることができ、博物館の外にいてもリフレッシュできる空間です。

  • 写真:YYOKOManaslu's model, International Mountain Museum

山を見るだけでは物足りないという人におすすめなのが、博物館前にあるマナスルをかたどった模型に登ること。訪れた子供たちも小さな山登りを楽しんでいます。子供達の姿に混じって大人の姿もあります。マナスルの模型のてっぺんから見る景色は、また少し違って見えるかもしれません。

国際山岳博物館
ネパール
住所:Ghari Patan, Pokhara地図で見る
電話:+977-61-460742
Web:http://www.internationalmountainmuseum.org/

ネパールの旅行予約はこちら

ネパールのパッケージツアーを探す

ネパールのホテルを探す

ネパールの航空券を探す

ネパールの現地アクティビティを探す

ネパールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ネパール】一生に一度は行きたい、ヒマラヤトレッキングのススメ

8,000m級の山が連なるヒマラヤ山脈をトレッキングってハードル高すぎ…なんて、思っていませんか? もちろん8,000m級の山を登るには、それなりのトレーニング...

ネパールの世界遺産!釈迦誕生の地「ルンビニ」で仏教寺院を観光

ネパール南部のルンビニはお釈迦様の出生地として知られており、仏教の八大聖地のひとつとして世界中から巡礼者が訪れています。1997年には世界遺産にも登録され、広大...


ヒマラヤ山脈を望むネパール観光!雨季の様子と旅のおすすめアイテム

ヒマラヤ山脈で知られるネパールでは、6月~9月前半辺りまでが雨の季節です。旅には雨季を外した方がベストなものの、日本ではちょうど夏休みに当たるため、この時期しか...

ネパールの世界遺産!カトマンズの名所パシュパティナートの死の儀式

ネパールの首都カトマンズは、数々の歴史的建造物が残るとともに、独自の宗教観に触れられる街です。カトマンズ盆地と呼ばれる一帯は世界遺産に登録され、カトマンズの主要...


ペワ湖に面したネパールのリゾート地!ポカラ観光と日本食レストラン

ネパールの首都カトマンズから、200kmほど西にある第二の街「ポカラ」。ポカラは大きな湖に面した穏やかな街で、温暖な気候のリゾート地です。天気がいい日には街から...

この記事を書いたトラベルライター

気ままな旅人のマニアック道中
旅先で初めにすること、それは地図を手に入れること!地図を片手に散らばる名所をいかに効率よく歩いて回るか、それが私の旅の醍醐味です。綺麗なところで写真を撮って、疲れたらお茶して、お腹が空いたら食べる、それが私の気まま旅。帰ってから、訪れた場所がどんなところだったのか、調べます。時々行っておけばよかったと思うこともありますが、そんな時は、めげずにもう1回!可能な限り行ってみます。マニアックにまとめて、旅先の意外な魅力を楽しんでいただけたらと思います。

【高野山】永遠の聖域!弘法大師が瞑想を続ける奥の院

聖域・奥の院は高野山の信仰の中心。弘法大師・空海が今もなお、世の平和と人の幸せを願って瞑想を続けていると信じられています。弘法大師が入定しているという御廟までの...

【ノリッジ】英国人に人気!知られざる美しい街を訪ねる旅

2016年にガーディアン紙による「英国人が選ぶ働きやすい街No.1」に選ばれた、イギリス東部の街ノリッジ(Norwich)。中世の街並みが残る美しく穏やかな街は...


【高野山】幻想的な体験!普賢院の宿坊と恵光院のナイトツアー

高野山を訪れるなら一度は滞在したいのが、宿坊。参詣者が宿泊できるお寺です。どの寺院でも精進料理や写経、朝の勤行などを体験できますが、ぞれぞれの特色はさまざま。客...

【山口県・壇ノ浦】パワースポット!平家ゆかりの地をめぐる旅

1185年、平家と源氏の軍船が関門海峡に集結し、平家一門は滅亡に向かいました。幼い安徳天皇を抱いた清盛の妻・二位の尼が入水し、戦いは終結。そんな平家滅亡の面影は...


【イギリス】壮麗な夢の世界へ!クリスマスの夜長を楽しむロンドン

ロンドンのクリスマスはおもちゃ箱のよう...壁のように立ち並ぶ古代ギリシャを彷彿とさせる建物、その間に伸びる大通りの上には、さまざまな色や形をしたライトをちりば...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?