ネパール
ネパール観光
変化に富む自然環境のなかに30以上の民族が暮らす

ディープな旅ができるネパール観光の人気都市と見どころ

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:19ヶ国

2020年4月8日更新

1,787view

お気に入り

出典:makimomo.com

ネパールはディープな雰囲気漂うバックパッカーに人気の国であり、日本にはない独自の文化と様々な景色を見ることができます。そんなネパール観光におすすめの、人気の都市とその見どころをまとめました。

この記事の目次表示

ネパールの首都「カトマンズ」

スワヤンブナート(モンキーテンプル)

スワヤンブナートはネパール最古の仏教寺院で、猿がたくさんいることから「モンキーテンプル」とも呼ばれています。ここにはお釈迦様の顔が描かれた高さ15mの仏塔(ストゥーパ)が建っており、カトマンズを代表する有名スポットとして知られています。

仏塔にたどり着くには約400段の階段を登ります。少々大変ですが、高台からはカトマンズの街の景色を一望できます。そして仏塔の周囲には数多くのギフトショップやカフェもあり、カトマンズ観光には外せない場所のひとつとなっています。

スワヤンブナート
ネパール / 社寺・教会 / 寺
住所:カトマンズ 44600 ネパール地図で見る

世界遺産「パシュパティナート」

ネパールは仏教とヒンドゥー教が入り混じった珍しい宗教観を持っていますが、パシュパティナートはネパールで最大のヒンドゥー教寺院で、とても神聖な場所として扱われています。寺院の中には信者しか入ることができませんが、その奥にある衝撃の様子は観光客も共に目にすることができます。

寺院の奥には川が流れ、川沿いにいくつもの台が設置されています。実はここは火葬場であり、死者を囲んでセレモニーが行われたあと、薪の上で数時間かけて焼かれます。この川は聖なるガンジス川の支流であるため、骨は拾われることなくすべて川へ流します。そして魂は川をつたって天に帰り、また生まれ変わると信じられています。

パシュパティナート
ネパール / 社寺・教会
住所:Pashupati Nath Road 44621, Kathmandu 44600 ネパール地図で見る

カトマンズの中心街「タメル」

カトマンズの中心地となるタメル地区は、人や建物が密集したカオスな世界が広がっています。あちこちで目にするのは仏具店や絵画店、そして服や雑貨が売られているお店も多いです。お土産として人気なのはカシミヤ(パシュミナ)ですが、偽物も多いようなので購入時には注意しましょう。

タメル
ネパール / 町・ストリート
住所:ठमेल地図で見る
カトマンズ
ネパール / 町・ストリート
住所:काठमाडौँ地図で見る

人気のリゾート地「ポカラ」

ポカラの象徴「ペワ湖」

ポカラは穏やかな空気が漂うリゾート地であり、ネパールで2番目に大きなペワ湖に面しています。「レイクサイド」と呼ばれる場所にはレストランやホテルが集まっていて、外国人ツーリストの姿も頻繁に目にします。湖畔は遊歩道になっているので、湖を眺めながらのんびりお散歩してはいかがでしょうか。

フェワ湖
ネパール / 自然・景勝地
住所:Pokhara, Nepal地図で見る

ヒマラヤ山脈が見れる「サランコットの丘」

ポカラはヒマラヤ山脈が見られることで知られていますが、よりリアルに感じたい場合は、サランコットの丘へ行くことをおすすめします。天気がいい日には目の前にアンナプルナ山群が立ちはだかり、迫力のある景色が楽しめます。

サランコットの丘はレイクサイドから約10km離れていて、山道をのぼるため交通手段はタクシーを利用します。ですが知らずに乗ると高い料金をふっかけられることがあるため、乗車前に必ず値切り交渉を行いましょう。

ちなみに筆者はレイクサイドの宿でタクシー料金をたずねたところ、往復4,000ルピー(約3,600円)と言われ高いのでやめました。ですがそのあと湖畔で声をかけてきたドライバーに2,000ルピー(約1,800円)と言われ、いきなり半額にはなりましたが、そこから値切って最終的には1,100ルピー(約1,000円)で乗車しました。このくらいがおそらく相場だと思います。

サランコット
ネパール / 自然・景勝地
住所:ネパール 〒33700 ポカラ サランコット地図で見る

滝が流れる公園「デビスフォール」

レイクサイドから4kmほど離れた場所に、デビスフォールという公園があります。柵の向こうには滝が流れていますが、雨の多い季節には力強い水の流れを見ることができます。周囲にはギフトショップが並んでいますが、観光地化されたレイクサイドとはひと味違った、ネパールらしい雰囲気が楽しめると思います。

デビスフォール
ネパール / 自然・景勝地
住所:Shital Path, Pokhara 33700 ネパール地図で見る
ポカラ
ネパール / 町・ストリート
住所:Pokhara,Nepal地図で見る

仏教の聖地「ルンビニ」

ルンビニガーデン

仏教といえばお釈迦様ですが、インドとの国境近くにあるルンビニは、お釈迦様が生まれた場所として知られています。ここには広範囲にわたって各国の仏教寺院が建っており、一番奥には日本のお寺である日本山妙法寺があります。

聖園と呼ばれるエリアには、遺跡が保存されているマヤデヴィ寺院や、釈迦誕生後に産湯に使われたといわれるプスカリニ池、そして釈迦が悟りをひらいたといわれる大きな菩提樹がそびえており、多くの人が祈りを捧げています。

日本山妙法寺
ネパール / 社寺・教会 / 寺
住所:World Peace Pagoda, Lumbini地図で見る
ルンビニガーデン
ネパール / 観光名所
住所:Lumbini Garden,Nepal地図で見る
ルンビニ
ネパール / 町・ストリート
住所:Lumbini.Nepal地図で見る

ネパールの旅行予約はこちら

ネパールのパッケージツアーを探す

ネパールのホテルを探す

ネパールの航空券を探す

ネパールの現地アクティビティを探す

ネパールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年4月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ネパールの世界遺産!釈迦誕生の地「ルンビニ」で仏教寺院を観光

ネパール南部のルンビニはお釈迦様の出生地として知られており、仏教の八大聖地のひとつとして世界中から巡礼者が訪れています。1997年には世界遺産にも登録され、広大...


【ネパール】ポカラでアンナプルナの絶景を楽しもう

アンナプルナ連峰の麓に広がる町・ポカラ。どこにいても雄大な山々を一望できる町には、山並みを楽しめる絶好の展望台や、日本人が建てた高台の寺院、ヒマラヤの歴史や文化...

【ネパール】これだけは外せない!カトマンズで訪れるべきスポット5選

ネパールの首都であるカトマンズ。ネパール唯一の国際空港であるトリブバン国際空港があるほか、ヒマラヤ山脈登山の玄関口としても知られるネパール随一の都市です。そんな...

ペワ湖に面したネパールのリゾート地!ポカラ観光と日本食レストラン

ネパールの首都カトマンズから、200kmほど西にある第二の街「ポカラ」。ポカラは大きな湖に面した穏やかな街で、温暖な気候のリゾート地です。天気がいい日には街から...

ヒマラヤ山脈を望むネパール観光!雨季の様子と旅のおすすめアイテム

ヒマラヤ山脈で知られるネパールでは、6月~9月前半辺りまでが雨の季節です。旅には雨季を外した方がベストなものの、日本ではちょうど夏休みに当たるため、この時期しか...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

【2020年】ロシア大使館とビザセンターでのビザ申請方法と注意点

2019年6月3日からロシア大使館でのビザ申請は完全予約制となりました。このような制度は急な変更が付き物ですが、東京の在日ロシア大使館とロシアビザセンターで申請...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります