ネパール
ネパール観光
変化に富む自然環境のなかに30以上の民族が暮らす

【ネパール】一生に一度は行きたい、ヒマラヤトレッキングのススメ

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年3月13日更新

6,595view

お気に入り

写真:bemnty

8,000m級の山が連なるヒマラヤ山脈をトレッキングってハードル高すぎ…なんて、思っていませんか? もちろん8,000m級の山を登るには、それなりのトレーニングや経験が必要で、一般人には危険です。 一般に「ヒマラヤトレッキング」というと、ヒマラヤ山脈を見るためにトレッキングすることを言います。コースは色々とありますが、今回はアンナプルナ連山の初級者から中級者向けのコース、3泊4日のプーンヒルトレッキングについてご紹介したいと思います。

この記事の目次表示

ネパールのおすすめツアー
≪こだわりのネパール≫…━ヒマラヤの輝く朝日を見に行こう━…カトマンズ・ドゥリケル・ナガルコット周遊 [2ヶ所のヒマラヤ絶景地点巡り&朝日鑑賞/各都市市内観光付/食事&送迎付] 6日間
171,800円~242,800円
≪こだわりのネパール≫…━ヒマラヤの輝く朝日鑑賞×デラックスクラス利用で優雅な滞在━…カトマンズ・ドゥリケル・ナガルコット周遊 [2ヶ所のヒマラヤ絶景地点巡り&朝日鑑賞/各都市市内観光付/食事&送迎付] 6日間
194,800円~267,800円
≪一人旅応援コース!こだわりのネパール≫…━ヒマラヤの輝く朝日を見に行こう━…カトマンズ・ドゥリケル・ナガルコット周遊 [2ヶ所のヒマラヤ絶景地点巡り&朝日鑑賞/各都市市内観光付/食事&送迎付/一名様追加代金不要] 6日間
224,800円~296,800円

アンナプルナ連山トレッキングの玄関口はポカラ

  • 写真:bemnty

アンナプルナ連山トレッキングの玄関口となるポカラへは、ネパールの首都カトマンズより国内線の飛行機を利用して30分程度です。バスではカトマンズから6〜7時間かかるので、バスで移動する際はトレッキング前後ポカラに宿泊したいものです。

  • 写真:bemnty

ポカラはフェワ湖のほとりにある小さな街ですが、ゆったりとした空気が流れています。湖畔のカフェでお茶を飲みながら読書などすれば、リラックスモード全開に。

  • 写真:bemnty

またトレッキングの準備は日本で万全にしておきたいものですが、買い忘れがあっても大丈夫。ポカラの街には、トレッキング用品屋さんが立ち並んでいます。

ポカラ レイクサイド
ネパール / 町・ストリート
住所:Lakeside Pokhara Nepal地図で見る

現地のトレッキングコーディネート会社を利用する場合

現地のトレッキングコーディネート会社に依頼する場合には、主に

  • ツアー期間中のゲストハウス宿泊料
  • トレッキング中の食事代(飲み物代は別)
  • 専用山岳ガイド(1名)
  • 荷物を運んでくれるポーター(1名)
  • トレッキング許可証(事前に用意してくれます)
  • ポカラからトレッキングスタート地点までの送迎

がパッケージになっています。ガイドさんは通常、英語を話す山岳ガイドのライセンスを持つ人です。山中でのガイドの他、食事の注文を取ったり、現地の人たちとの間に入ってコミュニケーションをとってくれる、執事さんみたいな役割もしてくれます。

ポーターさんは荷物を持ってくれますが、甘えすぎないようにしましょう。荷物は出来るだけコンパクトにするのが鉄則です。

ちなみに筆者が参加したツアーは「HAPPY TRECKS NEPAL」というツアー会社の「プーンヒルトレッキング4日間」です。ガイドとポーターが各1名ずつ付いた現地出発のプライベートツアーで、親子3人で参加し、料金は1名US$260(約2万7,500円)でした(2016年4月時点)。

英語でのやり取りになりますが、事前のメール問い合わせにも丁寧に対応してくれる、信頼できる会社でした。

3泊4日のスケジュールとトレッキングの難易度は?!

  • 写真:bemnty

これはあくまで筆者のプーンヒルトレッキング体験の参考に過ぎないのですが、

【1日目】
歩行距離13.5km、6時間でナヤプル→ウレリ村まで歩きました。初日は主に上りで、ひたすら石段を上がり続けるのが結構キツかったです。

【2日目】
ウレリ村→ゴレパニで歩行距離7km、4時間。ゴレパニからプーンヒルまでは片道40分ほどです。ウレリ村からゴレパニは急な階段などはさほどなかったので、楽な日でした。ゴレパニに宿泊して、夕陽、朝陽とプーンヒルで見るというのが一般的のようです。

【3日目】
ゴレパニ→ガンドルグ村で歩行時間8時間。下りがメインでしたが、上り下りも繰り返すルートです。さすがに足がガクガクになりました。

【4日目】
ガンドルグ村から出発点のナヤプルまで戻るコースで、歩行時間4時間。この日は半分は石段をひたすら下り、半分は平地をひたすら歩くルートでした。

このようにスケジュールにも割と余裕のあるトレッキングで、ひたすら上ったりひたすら下ったりはそれなりにキツいですが、周りの景色も素晴らしいので、苦にはなりませんでした。

こればかりは個人差がありますが、筆者はアラフィフですし、多くの70代の日本人シニアトレッカーともすれ違いました。

トレッキング中の山の中の宿泊施設

  • 写真:bemnty

筆者は正直、ネパール山中のゲストハウスがこんなに立派とは驚きました。宿泊施設についてはかなりの覚悟をしていたのですが、拍子抜けしたくらいです。スマホも充電できるし、Wi-Fiもあるし(使用料:1日100ルピー/約100円)、逆カルチャーショックでした。ゲストハウスによって異なりますが、ホットシャワーのあるゲストハウスもあります。

部屋の様子は

  • 写真:bemnty

今回筆者が参加したツアーで準備された山中のゲストハウスのお部屋は、すべてシャワーとトイレ付きのお部屋でした。プーンヒル近くのゴレパニのゲストハウスでは、ヒマラヤマウンテンヴューでした。

しかし、日中も夜もお部屋には暖房がなく寒かったので、お部屋で過ごすことはありませんでした。ゲストハウスは本当に寝るだけの場所です。

また標高が3,000m近いところだと、電気も貴重で昼間は電気を使えないのでWi-Fiはなし。夜になると食堂では電気が点きましたが、部屋では点かなかったので、懐中電灯で対応しました。シャワーはお湯は出ましたが、かなりぬるかったので日が暮れる前に済ませると良いです。

ベッドもふかふかとまではいきませんが、標高3,000mの山中でベッドに布団までついて、個室でシャワートイレ付きのお部屋なんて、とてもラグジュアリーです。

トレッキング中の食事

  • 写真:bemnty上:モモ400ルピー(約400円)、下:フライドヌードル500ルピー(約500円)

山の中での食事って、缶詰とか粉物とかばっかりかな?って思っていましたが、普通に麓のレストランと変わりませんでした。メニューもピザ、パスタ、スープ、もちろんネパールの国民食のダルバートやモモなど、飲み物はビールまであったりします。

どこのゲストハウスも食堂も同じようなメニューです。値段はやはり麓に比べると多少高かったりしますが、物価が安いネパールなので想定内の値段です。

  • 写真:bemnty

チキンのダルバートが500ルピー(約500円)で、大瓶のエベレストビールも500円ほどでした。そして、どこの食堂も注文してから時間がかかるのは当たり前。軽く1時間はかかるので、気長に待ちましょう。

  • 写真:bemnty

夕食は泊まっているゲストハウスでいただきますが、昼食はトレッキング中に適当な食堂でいただきます。山の中って何もないかと思っていましたが、歩いていると大体2時間おきくらいに小さな村があり、そこにゲストハウスや食堂があります。こんな風に定期間隔で村があると何かと安心出来ます。

  • 写真:bemnty

ゲストハウスの食堂はこんな風にドラム缶暖炉があって、夜は暖炉を囲んでゲスト同士和気あいあいとした雰囲気になります。

次のページを読む

ネパールの旅行予約はこちら

ネパールのパッケージツアーを探す

ネパールのホテルを探す

ネパールの航空券を探す

ネパールの現地アクティビティを探す

ネパールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ネパール】ポカラでアンナプルナの絶景を楽しもう

アンナプルナ連峰の麓に広がる町・ポカラ。どこにいても雄大な山々を一望できる町には、山並みを楽しめる絶好の展望台や、日本人が建てた高台の寺院、ヒマラヤの歴史や文化...


ネパール【チトワン国立公園】象に乗って進む本気ジャングルサファリ

世界遺産にも登録されている「チトワン国立公園(Chitwan National Park)」は、インドサイやベンガルトラ、ヒョウ、ヌマワニなど絶滅の恐れが高い動...

ネパール土産にもおすすめ!カトマンズのスワヤンブナートでシンギングボウルヒーリング

ネパールの首都カトマンズには、チベット仏教の道具である「シンギングボウル」を扱うショップが多数あります。非常に安らかな音を発するため、日本ではヒーリンググッズと...

【ネパール】ウルトラライトプレーンに乗ってヒマラヤ山脈を間近で眺めよう!

世界最高峰のエベレストがある、ヒマラヤ山脈で有名なネパール。世界中の登山者が、世界最高峰を目指してネパールに集まって来ます。カトマンズから飛行機で約30分の所に...

この記事を書いたトラベルライター

年齢と反比例して年々アクティブに
オーストラリア パース在住歴20年。
3人の子供達から手が離れ、人生第2章を満喫中。
ヒマラヤトレッキングに魅せられ、登山のための基礎体力づくりに日々没頭中です。
最近始めた地元観光ガイドの仕事をきっかけに地元愛が再燃し、パースの素晴らしさを再認識。地元パースの魅力もお伝えしていきたいと思います。

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...


【マレーシア】世界遺産の街マラッカが、楽しい!可愛い!美味しい!

マレーシアの首都クアラルンプールから、南へバスで2時間半ほどの世界遺産にも登録されている古都「マラッカ」。16世紀のオランダ、17世紀のポルトガル、18世紀のイ...

【シンガポール】リッツ・カールトン クラブフロアに宿泊してゴージャスな女子旅を

シンガポールには素敵ホテルは沢山ありますが、マリーナベイの夜景を見渡しながらのシャンパンは女子の憧れ。そんな夢を叶えてくれる素敵ホテル、リッツ・カールトンのクラ...

【オーストラリア】現地ガイドがイチオシする、フリーマントルマーケットの人気お土産6選

パースに訪れた際にはマストで寄っていただきたい、古い町並みを残したままの港町フリーマントル。週末だけ営業しているフリーマントルマーケットでは、お土産などの雑貨類...

オーストラリア パース在住者が案内!パースシティ立ち寄りスポット・徹底ガイド

西オーストラリア州の首都パース。オーストラリアの都市の中でも他の州の都市から2,000㎞以上離れているので、「世界一孤立した都市」と言われるほど。「世界一美しい...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?