オランダ
オランダ観光
運河のある街並や絵本のような風車のある景色

中世に繁栄したオランダの古都、ハーレムの歴史に触れる

取材・写真・文:

オランダ在住
訪問エリア:25ヶ国

2019年4月24日更新

698view

お気に入り

写真:Tompouce

17世紀のオランダ黄金時代に栄えたハーレムには、歴史的建築物やモニュメントが何と1,650箇所もあり、今でも当時の雰囲気が伝わってきます。この記事では、そんなハーレムでの見どころをご紹介していきます。アムステルダムに負けない、中世に繁栄した古都の雰囲気を体験してみましょう。

この記事の目次表示

オランダのおすすめツアー
市内へのアクセス抜群&モダンな設備を揃えた3つ星《キングス・コート・ホテル》指定!世界遺産の運河とコスモポリタンな雰囲気が人気の街《アムステルダム》5日間【羽田夜発/カタール航空利用】
87,800円~235,800円
◆往復直行便利用【成田発/KLMオランダ航空利用】「マウリッツハイス美術館」へ徒歩5分の4つ星ホテル【ノボテルデンハーグシティセンター】指定!フェルメールの名画のある街【ハーグ】5日間
131,800円~281,800円
◆往復直行便【成田午前発/KLMオランダ航空】利用―*話題のホテルに宿泊♪*―インスタ映え間違いなし!レゴブロックのようなカラフルな外観がユニークな【インテルホテルズアムステルダムザーンダム】ご宿泊!《アムステルダム》5日間
140,800円~284,800円

ハーレム駅

ハーレム(Haarlem)の玄関口「ハーレム駅」は、アムステルダム駅との間でオランダ初の鉄道が開通した駅です。今でも昔のままの駅舎が残っており、当時の様子が伝わってきます。

  • 写真:Tompouceハーレム駅
  • 写真:Tompouceハーレム駅、プラットホーム

ハーレム駅とアムステルダム駅間の乗車時間は、約15分ほどです。

ハーレム駅
オランダ
住所:Stationsplein 11 L, 2011 LR Haarlem地図で見る

グローテマルクト広場

ハーレムの中心部「グローテマルクト」(Grote markt) は聖バフォ教会のある広場で、周辺にはたくさんのレストランやお店があるほか、歴史的建築物も見ることができます。また週末には、地元の人や観光客が訪れ大変にぎやかです。毎週土曜日には、この広場いっぱいにフリーマーケットが開催されます。

  • 写真:Tompouce聖バフォ教会 (Grote kerk) とグローテマルクト広場
  • 写真:Tompouce聖バフォ教会 (Grote kerk)
  • 写真:Tompouceローレンス・コステル像、(グローテマルクト広場)
グローテマルクト広場
オランダ
住所:Grote Markt,Haarlem地図で見る

聖バフォ教会

  • 写真:Tompouce聖バフォ教会 (Grote kerk)

グローテマルクト広場に来て、まず目に入る巨大な建物、聖バフォ教会「グローテケルク」(Grote kerk)。15世紀に設立された歴史的な建築物で、ハーレム市内では一番有名な建物です。

当初はカトリックでしたが、16世紀後半にはプロテスタントへと変わりました。クリスマスの時期になると教会の中でマーケットも開催されるなど、地元市民にとても馴染みのある場所となってます。

教会内には壮大なパイプオルガンがあり、モーツアルトやヘンデルが演奏したことで有名です。今でも定期的にコンサートが開催されており、春先から秋にかけて毎週土曜日のお昼すぎには、短時間のランチコンサートも開かれます。このパイプオルガンを間近で見るだけでも、その壮大さに圧倒されることでしょう!

  • 写真:Tompouce教会内のパイプオルガン (Christian Müller Organ)

教会内の中央部には、小さなパイプオルガンもあります。こちらも飾りではなく実際に演奏されているものです。

  • 写真:Tompouceパイプオルガン(Christian Müller Organ)
  • 写真:Tompouce教会内の小さなパイプオルガン (the Choir Organ)
入場料 大人 2.5ユーロ(約313円)、12~16才 1.25ユーロ(約156円)
聖バフォ教会
オランダ
住所:Grote Markt 22, 2011 RD Haarlem地図で見る
Web:http://www.bavo.nl/en/

スタッドハウス(Stadhuis)

14世紀に建てられたこの建物は、軍事と行政の中心となる場でした。過去に火災や戦争による被害で何度も修復され、現在は市役所の一部として使われてます。ちなみにスタッドハウス(Stadhuis)とは、市庁舎という意味です。一階には、ハーレム市内の観光案内所が設けられてます。

  • 写真:Tompouceスタッドハウス (Stadhuis)

スタッドハウスは、グローテマルクト広場の聖バフォ教会の反対側に位置しています。

スタッドハウス(ハーレム)
オランダ
住所:Stadhuis,Haarlem地図で見る

フランス・ハルス・ハル(Frans Hals Hal)

この建築物は「フレースハル」(Vleeshal)と言い、17世紀に建てられました。当時は肉市場でしたが、現在は「フランス・ハルス」の博物館として使用されてます。

以前は「デ・ハレン・ハーレム」(De Hallen Haarlem)というミュージアムの名前でしたが、「フランス・ハルス・ハル」に変更となりました。

  • 写真:Tompouce旧肉市場 (Vleeshal)
入場料 大人 16ユーロ(約2,000円)、19才未満 無料

考古学博物館(Archeologisch Museum)

フレースハルの写真にも写っていますが、左下の一角に考古学博物館の小さな入り口があります。あまり高さのない入り口なので出入りには頭をぶつけないように注意して下さい!博物館自体も規模が小さく、地元ハーレムとその周辺の考古学についての展示をしています。

  • 写真:Tompouce考古学博物館(Archeologisch Museum)
考古学博物館
オランダ
住所:Grote Markt 18K, 2011 RD Haarlem地図で見る
Web:http://www.archeologischmuseumhaarlem.nl/home.html

アドリアーン風車

こちらは、ハーレム唯一の風車です。1778年に誕生した「歴史のある風車」と言いたいのですが、実は1932年に火災で全壊してしまいました。現存の風車は火災のあと長い歳月が経ってから、2002年に復元されたものなので、事実上はまだ新しい風車です。

  • 写真:Tompouceアドリアーン風車 (de Adriaan)

風車内は博物館になっており、専属のガイドさんにより風車の仕組みや風車に纏わる話などを聞くことができます。風車の上部では外に出ることができ、ハーレム市内を一望できます。

  • 写真:Tompouce風車内の博物館
入場料 大人 5ユーロ(約625円)、5-12歳 2ユーロ(約250円)
英語のガイド付き
アドリアーン風車
オランダ / 建造物
住所:Papentorenvest 1a, 2011 AV Haarlem地図で見る
Web:http://www.molenadriaan.nl/en/

次のページを読む

オランダの旅行予約はこちら

オランダのパッケージツアーを探す

オランダのホテルを探す

オランダの航空券を探す

オランダの現地アクティビティを探す

オランダのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


オランダのおすすめ観光スポット12選!オランダ旅行の人気名所・有名観光地ガイド

世界遺産の運河地区があるアムステルダムをはじめ、観光で訪れたい人気名所が豊富なオランダ。風車が並ぶ有名観光地に、お洒落なレストランやカフェが立ち並ぶ古都など、オ...


【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...

【オランダ】閲覧注意! ハーグ・拷問博物館

オランダの政治首都、ハーグ(Den Haag)は、400年以上前からオランダ国内でその役割を担ってきました。それを証明するのが、犯罪者や謀反者を罰してきた拷問の...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...

オランダ チーズの町「アルクマール」でチーズ市の見学とお洒落ランチを!

チーズ王国「オランダ」。アムステルダムから車で約40分の小さな町「アルクマール」では、1365年からチーズ売買が行なわれていました。現在アルクマールでは、昔なが...

この記事を書いたトラベルライター

オランダより情報発信
仕事でオランダに渡り、日本で見ることのできない風景や建物に出逢い、何気なく住んでる土地でも、ふと気付けばその「素晴らしさ」に気付き、皆さんにお伝えしようと考えるようになりました。
自分では日常的に生活してる場所でも、視点をかえると大変興味深い発見があります。

そんなスポットを、お伝えしていきたいと思ってます。

Traveloco(トラベロコ)を通じて、ガイドもおこなっています。
エリア:オランダ
ロコ名:アルト
https://traveloco.jp/loco/arto_shack

記事で紹介した場所にも、ご案内いたします!

必見!オランダ鉄道の切符の買い方から乗り方まで徹底ガイド

鉄道は、旅行においてとても便利な移動手段の一つです。そしてオランダは、ヨーロッパの中でも鉄道路線が充実しており、たくさんの人に利用されている重要な交通手段です。...


【オランダ】北欧最大のアウトレットも!ショッピングの街・ルールモント

ヨーロッパにおいてもアウトレットショッピングモールは各地に多数ありますが、オランダの南東部に位置しているルールモント (Roermond) の街にあるアウトレッ...

特集!オランダで絶対食べたい定番スイーツ9選

オランダの食べ物といえばチーズが有名ですが、お菓子でも世界的に知られているものや、オリジナルなものもいくつかあります。ここでは、オランダ発祥のお菓子や、オランダ...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...

小さな漁村フォーレンダムで昔ながらのオランダを散策!

オランダの観光地の一つで、かつて漁村として大変栄えていたフォーレンダムは、アムステルダムから北東にあるマルケン湖に面した所に位置してます。今では小さな観光地とし...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でオランダの音声ガイドを聴く

オランダの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?