ニュージーランド
ニュージーランド観光
都市型の北島と大自然を楽しむ南島からなる

【ニュージーランド】映画の世界に飛び込める!?ホビット村の見どころと行き方

取材・写真・文:

2018年6月22日更新

1,104view

お気に入り

写真:mel.

ニュージーランドにあるホビット村をご存知ですが?映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地として使われた場所が見学できるんです。訪れてみると、本当に映画の世界に迷い込んだよう。ホビット村の見どころと行き方を紹介します!

この記事の目次表示

ホビット村ってどんなところ?

  • 写真:mel.高台から見たホビット村の様子。大きな木がシンボルマーク。

全世界で大ヒットとなった映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』は見たことがあるという人も多いのではないでしょうか?映画の中に登場するホビット族が暮らしているのがホビット村です。ここは映画の撮影で実際に使われた村が見学できる場所なんです!

映画のロケ地見学というよりも、本当に映画の世界に入り込んだかのような体験ができるのがホビット村の特徴です。ここはもともと牧場だった場所。その豊かな自然を残しつつ、映画の撮影のためにホビット村を建設。撮影に使われた後、現在では「HOBBITON Movie Set」として世界各地からファンが集まる場所となっています!

とてもかわいらしいホビット達が暮らす世界を体験できるので、映画を見たことないという方も楽しめると思います!もちろん、映画を見てから行けばさらに楽しめますよ!

ホビット村の見どころ

【1】キュートすぎる!ホビットの家

こちらは映画の主人公であるビルボの住む家。

  • 写真:mel.ビルボの家。映画のなかでもたびたび登場する。

ホビットは人間よりも小柄な民族なのでお家も小さめ。草原の中につくられた屋根や、まんまるのドアがとてもかわいらしいですよね!ホビット村にはホビットの住居が40戸以上あります。色使いや装飾も家によって様々、まるでホビット達が本当に住んでいるかのよう。

  • 写真:mel.黄色いドアが映える。周りの自然と調和しているのもホビット村の魅力。
  • 写真:mel.洗濯ものが干してあったり、細部まで村の様子が再現されている。

【2】水車小屋

ホビット村の中心には湖があります。湖のほとりにひっそりと建つ水車小屋もお家と負けず劣らずかわいらしい!眺めていると、時の流れがゆっくりと進んでいるかのような気持ちになります。

  • 写真:mel.水車小屋。この日は天気が良く、水面に空が反射してとてもきれいでした。

【3】グリーン・ドラゴン・パブ

ホビット村にある建物の多くは、安全を考慮して中に入ることができないのですが、この建物は中がバーになっており、お酒やジュースを飲むことができます!内装も必見です!

  • 写真:mel.グリーン・ドラゴン・パブ。ドリンクは一人一杯なら無料で飲める。

ホビット村への行き方

ホビット村はニュージーランド北島にあります。日本から行く際には飛行機でまず、北島北部の主要都市オークランドを目指しましょう。オークランドからホビット村に行く方法にはツアーに参加する方法と、自分でバスに乗って訪れる方法の2通りがあります。

ツアーに参加するなら

ホビット村は有名な観光地なので、現地での日帰りツアーが多く催行されています。日本の旅行会社が企画している日本語のツアーもあるので、英語が苦手という方はぜひツアーを探してみてください!

ツアーを利用する場合はオークランドからのバス移動と、ホビット村の見学がセットになっている場合が多いので、気軽に参加できるのが魅力です!オークランドからの往復込みで9時間程度の日帰りツアーが一般的です。

  • 写真:mel.マタマタの町にはフォトスポットがあります。

長距離バスを利用して行くなら

ニュージーランドでは長距離バスの本数が多く、都市間の移動には重宝します。オークランドからホビット村のある「マタマタ」という町へ行く際にもバスが便利です。手間はかかりますが、ツアー参加よりも出費を抑えることができます。

ニュージーランドの長距離バスを利用する際には、ネットから事前に乗りたいバスを予約します。英語のサイトですが、「Inter City」というサイトを使えばクレジット決済で乗車券が買えます。バスに乗るときは運転手さんにスマホの画面を見せればOKです!

ニュージーランドの長距離バスはWi-Fiが使えるバスも多くて快適です。オークランドからマタマタへは3時間~4時間程、値段は時間帯によって異なりますが、往復で約50ドル(約4,000円)です。

長距離バスでホビットを目指す際には、ホビット村への事前入場予約も必須です。時間ごとに村に入ることができる人数が限られているので、ホビット村の公式サイトから事前に予約しておきましょう。予約の時間にマタマタの観光所から送迎バスに乗ってホビット村へ向かいます。

  • 写真:mel.中央に見えるのが、マタマタの観光所。長距離バスやホビット村へのシャトルバスの発着地もここです。
マタマタ i-SITE ビジター・インフォメーション・センター
ニュージーランド / 観光案内所・ビジターセンター
住所:45 Broadway, Matamata 3400 ニュージーランド地図で見る
Web:https://matamatanz.co.nz/

映画の世界へ旅をしよう!

いかがでしたか?ホビット村に行けば映画の世界に入り込んだような写真もたくさん撮れます!自然豊かなニュージーランドだからこそ、このような素晴らしい景色が生まれたのかもしれません。ぜひ訪れてみてください。

ホビトン
ニュージーランド / テーマパーク・レジャー
住所:501 Buckland Road Hinuera Matamata 3472 New Zealand地図で見る
Web:http://www.hobbitontours.com/en/

ニュージーランドの旅行予約はこちら

ニュージーランドのホテルを探す

ニュージーランドの航空券を探す

ニュージーランドのパッケージツアーを探す

ニュージーランドの現地アクティビティを探す

ニュージーランドのWi-Fiレンタルを探す

ニュージーランドのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事

冬の海外旅行におすすめの国15選

冬に海外を旅行するならどの国がいいんだろう?寒〜い日本の冬を脱出して真夏の南半球を訪れるのもいいし、ベストシーズンを迎える国に行ってみるのもいいですね。また冬だ...

2泊3日で周遊可!ニュージーランド北島のおすすめ観光スポット6選

南北二つに分かれる島国ニュージーランドは、自然の雄大さから映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地として至る所で撮影がされており、中でも北島にはかわいいホビット...


『ナルニア国物語』のロケ地としても有名!自然の魅力あふれる、ニュージーランド・コロマンデル半島の絶景スポット3選

ニュージーランドのローカルの人にも大人気のコロマンデル半島は、温帯林が広がる北島の東海岸線に位置します。大自然や青く透き通った海に囲まれているコロマンデルは、映...

ニュージーランドでのんびり クイーンズタウン&周辺の楽しみ方8選

ニュージーランドの南島にある、クイーンズタウンは山や湖に囲まれたコンパクトな街です。ニュージーランドの人達も大好きな場所で、世界中からも観光客がたくさん訪れる大...


一度は訪れてみたい憧れの場所!世界の有名映画ロケ地8選

大好きな映画のロケ地を訪れてみたい!一度はそんな風に考えたことのある人は多いのでは。今回は世界で愛されている有名映画のロケ地となったスポットをご紹介します。さあ...

この記事を書いたトラベルライター

のんびり世界を歩きたい
美味しいもの、おしゃれなカフェ、かわいい路地が好きな学生トラベラーです。
自分のワクワクするものを求めて旅しています。

女友達といく女子旅も、カメラ片手に自由きままなひとり旅も、旅の魅力をみなさんにお届けします☆

インスタ女子に捧ぐ!台北のオススメカフェ4選

日本から近く、手軽さ、安さ、ごはんの美味しさなどで大人気の旅行先である台北。実は最近おしゃれカフェが増えているんです!そんな台北で筆者が実際に訪れて、フォトジェ...

【ポルトガル】夏にしか見られない傘の道!フォトジェニックな町アゲダ

見上げればカラフルでかわいい傘が並ぶ。インスタ映え間違いなしのこの景色が見られるのがポルトガルにある小さな町、アゲダです。このカラフルな傘が見られるのは夏の間だ...


初めての海外ひとり旅に香港をオススメする5つの理由

自由気ままにひとり旅にチャレンジしたい、でも一人で海外に行くのはやっぱり不安、という方へオススメしたいのが香港です。日本から飛行機で4時間程なので週末にサクッと...

LCCで週末弾丸台北旅行!一泊でも満喫できるオススメプラン

LCC便の充実に伴い、日本から気軽に行ける旅行先として大人気の台北!週末を利用した1泊2日の弾丸旅行でも、台北を楽しみ尽くすことができるプランを紹介します。


【パリ】憧れのラデュレ本店でティータイム♪

色鮮やかなマカロンで有名な「ラデュレ」。その本店があるのが、パリのシャンゼリゼ通りです。お土産用のマカロンを買えるのはもちろん、豪華な内装の中、ティータイムを楽...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?