沖縄本島
沖縄本島観光
世界遺産や日本一の水族館がある日本屈指の観光県

【沖縄】朝一訪問がおすすめ!青の洞窟で海の世界を堪能しよう

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:37都道府県

2018年8月13日更新

928view

お気に入り

写真:菊地早秋

青の洞窟は、沖縄県中部の真栄田岬(まえだみさき)にある海のアクティビティスポットです。名前のとおり、洞窟内の神秘的な海の青さは必見です。本記事ではツアー参加時の流れや、青の洞窟近辺のおすすめスポットをご紹介しています。

この記事の目次表示

青の洞窟とは?

沖縄県恩納村の真栄田岬(まえだみさき)にある全長約30メートルの洞窟です。海水の侵食によって形成されました。洞窟内の一部では、水中の岩が削れている部分があり、そこから差し込む太陽光が反射すると、洞窟内の水が青く輝きだします。

  • 写真:菊地早秋青の洞窟内の様子

ダイビングやシュノーケルなど、たくさんのアクティビティ利用者が訪れる人気のスポットです。個人で訪問も可能ですが、天候によってはガイドが同伴していないと遊泳禁止の日もあるため、ツアーでの参加がおすすめです。

それでは以下よりツアー参加時の流れと留意点をご紹介していきます。

ツアーの流れ

筆者は、シュノーケル専門店の「ネイチャーサービスマハエ」を利用しました。こちらのお店はシュノーケル、ダイビング、SUP等のアクティビティコースが充実しています。

参加したのは「青の洞窟シュノーケリングコース」(税込3,500円/1人)です。1グループ2名より申込可能で、ガイドさんが1人付いてくれます。説明は終始丁寧で、フランクな雰囲気のなか、とても楽しいツアーにして下さいました。

朝一訪問がマスト!

ツアーは1日4回開催で、集合時間が7時、10時、13時、16時(11月~4月の間は、8時、11時、14時の3回)となっています。

事前予約の際に、迷わず7時の回を予約しましょう。それ以降の時間帯は海が大混雑となります。青の洞窟の魅力を目いっぱい堪能するには、人が少ない早朝の時間帯がおすすめです。

  • 写真:菊地早秋混雑前の朝一訪問がマスト

説明&着替え

お店に集合した後は、ガイドさんよりツアーの流れの説明を受けて、着替えとなります。ウェットスーツ、ゴーグル等シュノーケルに必要な道具はお店で用意してくれます。

ただし、ウェットスーツの下には水着を着用しますので、水着の持参はお忘れなく。タオルもあらかじめ準備しておきましょう。タオルは万が一忘れてしまった場合、有料で買い取りというシステムになっています。

海の世界を堪能

お店から青の洞窟付近の駐車場へは専用車で送迎して下さいます。約5分程度で到着です。

ちなみにツアー会社によっては直接駐車場集合で、現地の屋外で着替え、ということもあるようです。ただし、青の洞窟の駐車場は日中になるにつれ混雑が本格化し、行列ができるくらいですので、現地集合のツアーに申し込まれる方は、お時間にご注意下さい。

駐車場より海へと向かい、いよいよシュノーケルがスタートです。青の洞窟までは、10分程度泳ぎます。海の中はカラフルなお魚たちの楽園です。

  • 写真:菊地早秋クマノミ
  • 写真:菊地早秋カラフルなお魚

洞窟は30メートルと短いです。一番の見どころは、入ってすぐ左側にあるスペースで、太陽光で照らされた海の色が反射して、美しい青色を演出してくれます。

  • 写真:菊地早秋洞窟内の青い世界

海の中ではたくさんの生物を見ることが出来ます。魚と人の距離が近く、生き物の世界にお邪魔している気分を味わいます。

  • 写真:菊地早秋洞窟内にいるお魚
  • 写真:菊地早秋黄色い魚

海の中を約1時間、思う存分楽しむと地上へ戻る時間となります。ガイドさんへお願いすれば、海のアクティビティならではの記念写真を撮影してくれます。

  • 写真:菊地早秋水深10メートル程度の場所から撮影

着替え&最後に

帰りも専用車でお店まで送ってもらいます。シャワールームがありますので、海水を流し、着替えです。7時スタートだと9時半には着替えが済んでいる頃となります。ガイドさんとお別れの挨拶が済めばツアー終了となります。

  • 写真:菊地早秋「ネイチャーサビスマハエ」店内の様子

最後にもう一度繰り返しますが、青の洞窟の神秘的な空間を味わうためには、混雑回避のため、早朝での参加を強くおすすめします。

青の洞窟
沖縄本島 / 自然・景勝地
住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田地図で見る
電話:098-982-5339
ネイチャーサービスマハエ恩納村店
沖縄本島 / 体験・アクティビティ
住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田1554-1F地図で見る
電話:0989581289
Web:https://mahae.jp/

前泊におすすめの宿「あかちちゲストハウス」

青の洞窟の早朝ツアーに参加するためには、真栄田岬(まえだみさき)近辺での前泊がおすすめです。そこでご紹介したいのが、「あかちちゲストハウス」です。

こちらは、真栄田岬まで徒歩5分という好立地に位置した家族経営のお宿です。先ほどご紹介したネイチャーサービスマハエまでも車で10分弱で到着となります。

2018年8月現在2名1室利用で、夏季料金(5月~10月)は8,500円/1人となっています。それ以外の期間は7,500円/1人です。詳しくはホームページでご確認下さい。

エレガントなお部屋

内装や家具がとてもお洒落で、清潔感のある空間です。暖色系の照明があたたかさを感じさせ、心落ち着く雰囲気となっています。

  • 写真:菊地早秋お部屋の様子

洗面所も綺麗に管理され、タオルは無料で利用可能です。別荘にしたくなるような、大人な雰囲気で、特に夫婦やカップルでの利用がおすすめです。

  • 写真:菊地早秋お部屋の玄関
  • 写真:菊地早秋洗面所

沖縄料理たっぷりのお弁当

通常は1泊朝食付きですが、シュノーケルやダイビングで早朝に外出する方に対しては、お弁当を作って下さいます。

筆者も早朝のツアーの旨をお伝えし、お弁当をお願いしました。沖縄料理や南国フルーツ、そして愛情がたっぷり詰まった、手作りでヘルシーな内容でした。

  • 写真:菊地早秋お弁当に付いていたフルーツ
  • 写真:菊地早秋あかちちゲストハウスの手作りお弁当
あかちち ゲストハウス
沖縄本島 / ホステル
料金(目安):-円〜13,889円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田348地図で見る
Web:http://www.akachichi.com/

次のページを読む

沖縄本島の旅行予約はこちら

沖縄本島のホテルを探す

(沖縄本島南部)

(沖縄本島中部)

(沖縄本島北部)

(中部・北部)

(那覇・南部)

沖縄本島の航空券を探す

沖縄本島のパッケージツアーを探す

沖縄本島の現地アクティビティを探す

沖縄本島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

週末弾丸トリップ!1泊2日沖縄本島を遊び尽くすモデルプラン

仕事が忙しくてまとまった休みが取れない。でも遠くへ旅行したい!そんな方へ週末弾丸旅行をご提案!沖縄の観光地、海、グルメがたっぷり楽しめるモデルプランです♪

【沖縄北部、今帰仁村】旅人を虜にするゲストハウス、結家(むすびや) の魅力を紹介!

沖縄、リゾート、海、大自然、満点の星空、旅、出会い、格安で泊まれるゲストハウス、この全てのキーワードをかなえてくれる素敵な宿を紹介します。美ら海水族館などの近隣...


【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴ...

【沖縄】乗って、泳いで、作って、漕いで楽しむアクティビティ4選

離島で自転車サイクリング、話題スポット「青の洞窟」でシュノーケリング、記念やお土産に琉球ガラスづくり体験、熱帯〜亜熱帯でしか見れないマングローブをカヤック体験で...


沖縄本島のホテルで寛ぐ〜オクマ プライベートビーチ&リゾート〜

沖縄本島に行くと国際通りや美ら海水族館など遊べるところがいっぱい!でも、「何泊もするからホテルで寛ぐ時間も欲しい」、「何度も行ってるから今回は観光は少しだけで、...

この記事を書いたトラベルライター

新しい世界に溶け込んで
こんにちは。ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。旅が大好きでこれまで訪れた場所は、国内37都道府県、海外は東南アジアを中心に12か国です。取材は必ず自らの足で趣き、目で見て感じて、耳で聞いたことを大切に、記事に盛り込むようにしています。読者の方に少しでもへえ~と思ってもらえるような、また、紹介される地域やお店の方々のパッションをできるだけ汲んだ記事をお届けしたいと思います。

【よくある執筆ネタ】
・名水/湧水/ネイチャースポット
・郷土料理/食文化/一次産業/地元で頑張る飲食店

【得意な学問領域】
・環境社会学(大学4年間とその後も模索中。自然環境と人類の共存的なおはなし。)
・栄養学(民間資格保持。美味しいもの大好き。)

【tripnote以外でのライティング】
・足立区発ローカルフリーペーパー「銭湯といえば足立」連載ライター
・instagram「#さきが届けるセンスオブワンダー」のハッシュタグのもとエッセイを更新

台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...

タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...


築地市場と肩を並べる!「足立市場」ってどんな場所?

東京都内には、東京都が設置した11か所の中央卸売市場が存在します。ニュースなどでよく耳にする築地市場はその一つで、全国から様々なお魚が集まってくる、大きな市場で...

【東京】こうすればトトロに会える!「白髭のシュークリーム工房」見どころ4選&知っておきたい事前情報まとめ

「トトロのシュークリーム」を食べられる世界でたった一つの工房をご紹介します。工房とカフェの現地レビューを中心に、売切れ前に確実にシュークリームと会う方法や、イー...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!焼き芋「かいつか」本店の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?