オマーン
オマーン
首都マスカットは白く統一された街並み

【保存版】車社会オマーン・マスカット観光に役立つ乗り物5種比較!

2018年4月3日更新

524view

お気に入り

オマーンの首都マスカットを観光したい!と思った方、お目が高いです。まだまだ日本人観光客が少ない、東京ディズニーシーを想起させるような美しい港町は、確実に穴場ですね。ただ、車社会であるオマーンには鉄道がありません。そんな中、現地の友人が案内してくれる人や、値段を気にせずタクシーを乗り回せる人は比較的少ないですよね・・。この記事では、複数のマスカット交通の特徴をご紹介し、マスカット観光をお得にスムーズにするための情報をお届けします。

【1】路線バス

電車以外の公共交通機関としてまず思い浮かぶのは、バスですね。マスカットも最近では、赤い綺麗なバスをよく見かけるようになりました。

  • マスカットの路線バス

しかも、運賃が300パイサ(84円/1,000パイサ=1オマーンリヤル)と安く、ぼったくられる心配もありません。乗車する際に運賃を払うとチケットをくれます。マスカット経済の中心地ルウィのバスターミナルが、マスカットバス網の中心となっています。

  • ルウィ・バスターミナル

このバスをうまく使えれば大変お得で便利なのですが、観光客に優しいサービスとはあまり言えません。バス停は主な通りの各所にありますが、時刻やルートは書いていません。

  • バス停

日中は大体15分おきに来るので、気長に待つしかないですね。Googleマップでは、ルートが出てきたり出てこなかったりなので、あまり当てになりません。

  • 空港から路線バスに乗って壮麗なスルタンカブース・グランドモスクへ

またバスの主な乗客は、高級外車を乗り回す白い民族衣装を着たオマーン人ではなく、出稼ぎの労働者です。とはいえ、車内は綺麗で、治安が悪い雰囲気はありませんでした。ただ、オマーンの社会格差を感じる空間でもあります。

  • マスカット空港前の歩道橋

ちなみに、空港前のバス停は、空港の出口から駐車場を突っ切って外に出ると、歩道橋近くにあります。わかりづらい場所にあるわけではないので、節約にはオススメです。

【2】ミニバス

白い車体の10数人乗りのミニバスです。初めて見るとバスとわかりづらいですが、バス停などで待っていると、止まって行き先を訊いてくれます。

  • ミニバス

あなたの行きたい場所を通るのであれば乗せてくれますし、通らないのであれば、次の交通手段を待つことになります。値段は言い値なので、納得いかない人は交渉してみましょう。1オマーンリヤル(280円)払えば、数10km遠くには行けます。


【3】乗合タクシー

一番利用するのは、この乗合タクシーかもしれません。見かけは普通のタクシーと変わりませんが、複数人で乗り合いをしているタクシーで、頻繁に見かけます。運賃はバスよりちょっと高い程度(交渉制ですが)なので、長距離になる程、スピードを出してくれる分、コスパが良くなります。

乗り方はミニバスと同じで、バス停などで待っていると止まって行き先を訊いてくれます。あなたの行きたい場所を通るのであれば乗せてくれますし、通らないのであれば、次の交通手段を待つことになります。ちなみに、私は空港からルウィまで(約30km)700パイサ(196円)でした。

  • マスカット観光で外せないマトラ・スーク

本当は海沿いのマトラまで行きたかったのですが、空港からはあまり直接行ってくれないようです。

【4】タクシー

これは、いわゆる「普通」のタクシーです。空港周辺や観光地ではよく客引きをしています。白にオレンジの車体はなかなかオシャレですが、上記3つの交通手段と比べるとかなり割高です。

  • タクシー

空港を出てバス停を探している時に、何度か客引きにあいました。マトラに行きたいと言えば、最初言い値は10オマーンリヤル(2,800円)くらいですが、断るそぶりを見せると、大概8か7オマーンリヤルに値引いてくれると思います。

この国のタクシーはメーターを使いませんし、Uberも使えないようなので、値段交渉が避けられません。ただ、日本と比べれば高いわけでもないので、なかなかバスがこない場合や急いでいる場合など、必要に応じて利用するといいですね。

【5】観光バス

マスカットをのんびり、かつ効率良く巡りたいなら、ビッグバスの2階建観光バスがオススメです。

  • ビッグバス

マトラ・スーク前を出発し、クルムビーチやオールド・マスカットなど、決められたルートを約2時間で一周します。1日券は29オマーンリヤル(8,120円)、2日券は33オマーンリヤル(9,240円)です。

オンライン予約すると、10%安くなります。

  • ビッグバス二階座席

要所要所で写真撮影のため止まってくれますし、乗り降り自由なので、途中下車して観光やランチを楽しむなど、あなたの好きなように旅をアレンジできます。もちろん、オーディオガイドを聞きながら、のんびり景色を眺めるだけもオススメです!

  • 音声ガイド

マスカット観光のエッセンスが詰まっています。注意点としては、クルーズ客が少ない日などは、運行本数が少なくなる場合もあること。事前にHPをチェックしておきましょう。

終わりに

マスカットの交通機関について、理解が深まってきましたか?? 車社会ということで、私も最初はタクシーを乗り回して散財することを覚悟していたのですが、いざ情報収拾をして現地に降り立ってみると、思ったより公共交通機関が充実していて嬉しかったです! 交通費が浮いた分、美味しいご飯やお土産に、気にせずお金を使うことができました。

  • マトラ・コルニッシュの夜景

湾岸諸国というと、物価が高いため、バックパッカーにあまり好まれていない印象ですが、安めに旅する方法もあるのです。オイルマネーで潤っている側面だけでなく、庶民の生活を、節約旅行をしながら発見していただけると嬉しいです!

※記事内のルピーから日本円への換算は1オマーンリヤル=280円で計算しています。

【関連記事】
【オマーン】まるでディズニーシー!?な街並みのマスカット見所5選

関連するキーワード

※この記事は2018年3月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

インドのIT企業に勤めるバックパッカー
南インド・チェンナイ在住/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドの荒波に揉まれながら、日々をのんびり楽しく過ごしてます^^/チェンナイの知名度を上げて、「チェンナイ-東京」直行便就航へつなげることが、密かな野望
http://zipanger777.com

行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由

ディズニー大好きなあなた! もちろん、東京ディズニーリゾートに何度も行くのもアリだけど、外国のディズニーランドにも興味はありませんか?? 興味がある、そんなあな...

最先端多文化共生都市!コリアンタウンなだけではない新大久保の今

JR山手線の駅で、新宿の隣に位置する「新大久保」。2002年の日韓ワールドカップや、ヨン様などの韓流ブームで賑わった、コリアンタウンとして有名な街です。現在でも...

【オマーン】まるでディズニーシー!?な街並みのマスカット見所5選

あなたは「オマーン」と聞いて、どこにあるかピンときますか??オマーンはオイルマネーで潤うアラビア半島の南東に位置します。そのオマーンの首都がマスカットであり、都...

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?