ポーランド
ポーランド観光
首都ワルシャワは中世の町並みを復元し世界遺産に

いつもとはちょっと変わった年越しを!ポーランドで過ごす年末年始!

取材・写真・文:

チェコ在住

2017年9月28日更新

2,189view

お気に入り

ワルシャワを首都とするポーランド。最近は、日本でもポーリッシュポタリー(ポーランド食器)やポーランド映画が注目されていますが、まだまだ日本人にとってマイナーな国かもしれません。年末年始はハワイでしょ!と南国に目を向ける方も多いですが、冬は航空券が低価格で物価も安い東欧地域も見逃せません!特にポーランドでは、カトリック教徒のクリスマスが終わる1月6日までクリスマスシーズンが続くため、年末に出発してもクリスマスの雰囲気を楽しめます。ポーランドでいつもとはちょっと変わった年越しをしませんか?

この記事の目次表示

ポーランドのおすすめツアー
◇リーズナブルに中央駅前の4つ星ホテルに泊まる!◇《メルキュールワルシャワセントラム》ご宿泊!世界遺産の美しい街並みを誇る《ワルシャワ》5日間【羽田夜発/カタール航空利用】
85,800円~175,800円
◆乗り継ぎスムーズ!【成田発/LOTポーランド航空利用】歴史めぐりに雑貨めぐりに楽しめる♪アウシュヴィッツ強制収容所やヴィエリチカ岩塩鉱の観光拠点の街《クラクフ》5日間スタンダードクラスホテルご宿泊
85,800円~177,800円
―*20世紀の激動の世界史に触れる旅*―「ベルリン・ワルシャワエクスプレス」で行く!新旧ドイツが出会う歴史とアートの街【べルリン】×人気急上昇中!戦争から美しき復興を遂げた世界遺産の街【ワルシャワ】周遊7日間
91,800円~247,800円

カラフルに彩られた美しい中世ヨーロッパの街で、クリスマスマーケットを覗いてみよう!

  • ワルシャワのクリスマスイルミネーション

ワルシャワの街並みは、第2次世界大戦で破壊された街が復元されたものです。一年中、昼夜を問わずその中世ヨーロッパの街並みは美しいのですが、イルミネーションの光を帯びたクリスマスシーズンのワルシャワの街は必見です!

カトリック教徒に合わせて、クリスマスが1月6日まで続くポーランド。クリスマスマーケットでは、カラフルな毛糸のマフラーや手袋、子供向けのカラフルなキャンディ―、可愛いクリスマスのオーナメントに、ポーリッシュポタリ―を含む陶器も並びます。

  • クリスマスマーケットの様子

屋外で行われるクリスマスマーケットですが、冷えた身体はホットワインですぐ温まります。

そして、最もおすすめなのが、羊のチーズ!少し癖がありますがラズベリーのソースが相性抜群です!

  • 羊のチーズ
ワルシャワ旧市街 クリスマスマーケット
ポーランド / 市場・朝市
住所:oland, Nowomiejska 15/17, 00-001 Warszawa, ポーランド地図で見る

カウントダウンコンサートに参加しよう

ポーランドでは、街ごとにカウントダウンコンサートが開催され、有名な歌手が沢山出演して盛り上がります。それぞれの街のカウントダウンコンサートは、テレビでも放映されます。

写真は、筆者が参加したワルシャワのカウントダウンコンサート。

ワルシャワのカウントダウンコンサートは、参加無料で、予約も必要ありません。新年を迎えた瞬間、花火が連発され、とてもきれいです。ひとつひとつの花火を楽しむ日本の花火大会とは異なり、驚くほどの数の花火が一斉に打ち上げられます。

そして、ポーランドの人々はシャンパンを開け、踊り始めます!とても熱気があり、楽しい空気に包まれます。年に一度のイベントなので見逃せません!

10から1までのポーランド語を覚えて、年末のカウントダウンに参加してみましょう!

ワルシャワ カウントダウンコンサート
ポーランド / エンターテイメント
住所:Parade Square Plac Defilad 1, Warsaw地図で見る

魅惑のポーランド料理に舌鼓!

日本人にとってはまだまだ馴染みのない料理が多いですが、ポーランド料理は日本人の口に合うと言われています。

  • ポーランド料理

写真は、筆者が訪れたレストランzapiecekの料理。

写真の料理は一見、餃子のように見えますが、ポーランド伝統のピエロギという料理です。皮は日本で売られている一般的な餃子の皮よりも少し分厚く、もちもちとした触感が特徴的です。このお店では茹でたものと焼いたもの、中身もポテトとチーズやキノコなど選ぶことができ、ジャムとチーズが入ったデザート風も人気があるようです。

左側はポテトパンケーキ。しっかりとボリュームのあるパンケーキに、濃厚で深みのある味わいのソースがたっぷりとかかっています。

このお店では、お皿やテーブルの小物がポーリッシュポタリ―で統一されており、店員さんが着ているのは民族衣装風の制服です。美味しいだけでなく、目でも楽しめます!

ザピエツェク
ポーランド / 洋食・西洋料理
住所:Krakowskie Przedmieście 55, 00-001 Warszawa, ポーランド地図で見る
Web:http://www.zapiecek.eu/menu_eng.html

ポーランド人にも大人気!スケートリンクでアクティビティを!

  • スタジアムのスケートリンク

寒いポーランドでは、一般の人にもスケートが大人気!旧市街に屋外スケートリンクが設置されます。クリスマスのイルミネーションを鑑賞しながら滑るのも、きっと素敵な時間になりますが、今回筆者が紹介したいのは、スタジアムで開かれている屋内スケートリンクです。

写真は、筆者が訪れたNational Stadium Skate Linkの様子。

ここでは、レベル別にいくつかのリンクが用意されており、普通のスケートの他にも、雪の斜面を浮き輪に乗って滑り落ちるアクティビティなども用意されています。

滑っていくうちに体もポカポカに温まります!

ナショナルスタジアム・スケートリンク
ポーランド / アウトドア・スポーツ
住所:PGE Narodowy Al. Ks. J. Poniatowskiego 103-901 Warszawa地図で見る
Web:http://www.zimowynarodowy.pl/

おわりに

日本〜ワルシャワ間は、2016年より直行便が就航され、アクセスしやすくなっています。ポーランド航空では、日本からの便では機内食で年越しそばが提供されたり、サンタクロースのチョコレートが提供されたりします。

寒いポーランドですが、ホットワインやホットチョコレートなど、寒いからこそより一層美味しいものが目白押しです!

  • チョコ専門店のドリンクメニュー“チョコ”

ぜひポーランドで楽しい年末年始を過ごしてみてください!

  • ワルシャワ旧市街の街並み

ポーランド旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばポーランドのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でポーランドのすべてのツアーをみる>>

ポーランドの旅行予約はこちら

ポーランドのパッケージツアーを探す

ポーランドのホテルを探す

ポーランドの航空券を探す

ポーランドの現地アクティビティを探す

ポーランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...


【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...

小人の街ヴロツワフでポーランドの歴史と文化に触れるスポット7選

街中に散りばめられた250体もの小人の銅像がなんとも可愛らしく、街を歩くだけで心がほっこりと温かくなるポーランドの街、ヴロツワフ。小人の街として有名で、お土産屋...

【ポーランド】花柄で彩られた村「ザリピエ」の魅力とアクセス方法

フラワーペイントが施された家が点在するポーランドの田舎村、ザリピエ。ポーランド南部に位置します。公共交通機関がミニバスのみ、とアクセスが難しいのですが、日本人の...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...

この記事を書いたトラベルライター

原動力は好奇心!中東欧の文化に魅了された現役女子大生
茨城県生まれの現役女子大生。大学では国際文化を学び、マネージャーとしてラクロス部に所属。趣味は動物園や博物館に行くことと、居心地のいいカフェや雑貨屋さんを見つけること。大学で出会った中東欧の文化に惹かれ、大学3年生の秋よりチェコに1年間留学中。“興味を持ったら何でも挑戦”をモットーに好奇心旺盛に生きています!

スロバキアの小さな首都ブラチスラバに“かわいい”を探しに行こう!

1993年にチェコスロバキアが解体し、独立したスロバキア共和国。東京からはるか9,000kmも離れた小さな新しい国ですが、実はスロバキアには日本人女子の心をくす...


小人の街ヴロツワフでポーランドの歴史と文化に触れるスポット7選

街中に散りばめられた250体もの小人の銅像がなんとも可愛らしく、街を歩くだけで心がほっこりと温かくなるポーランドの街、ヴロツワフ。小人の街として有名で、お土産屋...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...

ビールとの相性抜群!チェコの伝統的なチーズ「トヴァルーシュキ」

別名「オロモウツチーズ」とも呼ばれる、チェコ共和国のオロモウツ地域で作られているトヴァルーシュキ。独特な香りが特徴でチェコ人の中でも好き嫌いは大きく分かれます。...

伝統工芸品の生産も盛んなハンガリーの活気溢れる市場に潜入しよう!

「中欧のパリ」「ドナウ河の真珠」などと比喩され、街並みや夜景が美しいハンガリーの首都、ブダペスト。景観が素晴らしく、街歩きが楽しい街ですが、刺繍や藍染などの伝統...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?