サンマリノ
サンマリノ観光
山の上に佇む世界で5番目に小さな国

360°大パノラマの景観眺望が美しい! ~岩山の頂上にそびえ立つ孤高の小国サンマリノ~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:155ヶ国

2016年12月16日更新

399view

お気に入り

写真:toshel

イタリア半島には独立した小国が二つあります。一つは、ローマ市内の平坦な場所に位置し、世界で一番小さい国ながら、カトリック教会の総本山としてあまりにも有名な「バチカン市国」。そしてもう一つは、イタリア半島の北東部、曲がりくねった山道をひたすら登った岩山の頂上に位置し、現存する世界最古の共和国として長い歴史をもつ「サンマリノ共和国」。今回は、周囲をイタリアの丘陵地に囲まれ、360°景観眺望の美しい小国、サンマリノをご紹介いたします。

この記事の目次表示

断崖絶壁の岩山頂上に今もなお佇む中世の城砦

  • 写真:toshel

イタリアの丘陵地に囲まれた岩山からの絶景

サンマリノ共和国のあるティターノ山の標高は749メートル。

  • 写真:toshel

断崖絶壁の岩山の頂上に一つの国が存在するとは驚きです。

  • 写真:toshel

丘陵地に囲まれているため視界を遮るものはなく、360°を見渡せる大パノラマ。突出した岩山頂上からの景観眺望は素晴らしく、東側には遠くアドリア海まで臨める絶景です。

  • 写真:toshel

「弱気を助け強気を挫く」高貴な歴史のある国

  • 写真:toshel

サンマリノは1631年に独立国家として認められた、世界最古の共和国です。大戦下のおり、命からがら逃げてきた敵の負傷兵を囲い、一方、近隣勢力の侵略に晒された際には果敢に立ち向かい、独力で撃退したうえ追撃して領土を広げたそうです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

その高貴なる誇りは、後世にも受け継がれているのでしょうか。街行く地元の人々やカフェのバリスタまでも、どこか気品を感じます。このような雲上の場所に住んでいたら、心に余裕が生まれるのかも知れませんね。

  • 写真:toshel

街を囲む3つの城砦

世界遺産である旧市街には、中世の時代に建てられた3つの城砦があります。第一の城砦Guaitaは11世紀に建設され、戦火のため何度も再建されました。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

最も古い城砦ですが、現在の形に落ち着いたのは15世紀になってからです。

  • 写真:toshel

第二の城砦Cestaはティターノ山の最高峰に位置しています。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

第三の城砦はMontale。3つの搭の中では一番小さく、一般公開はされておりません。この三つの搭は、サンマリノの国旗と紋章の両方に描かれ、国のシンボルとして重要度の高さを伺えます。

グアイタ
サンマリノ / 観光名所 / 遺跡・史跡
住所:Salita alla Rocca, Città di San Marino地図で見る
セスタ
サンマリノ / 遺跡・史跡
住所:Salita Alla Cesta, 47890地図で見る

旧市街の歩き方

要塞や砦の観光は早朝か夕方がオススメ

サンマリノは世界で5番目に小さい国であり、一日あれば主要なポイントを観て回れます。

  • 写真:toshel

日帰りで来られる観光客も多く、昼前から大勢の人がバスで到着します。

  • 写真:toshel

眺望の素晴らしい要塞や砦の中には、一人しか行き来できない狭く急な階段もありますので、観光客のまばらな早朝や夕暮れの入場をオススメします。要塞や砦は有料です。要塞や美術館を巡ることのできるパスもあります。

  • 写真:toshel

できれば、空気の澄んだ早朝、大勢の観光客が訪れる前に主要なビューポイントを回ってしまい、皆が到着する頃にはカフェやレストランでのんびりしていたいところです。

  • 写真:toshel

カフェやショップの立ち並ぶオシャレな街

国のGDPの50%が観光収入というだけあり、街中はお洒落なカフェやショップが立ち並んでいます。中世の街並みをそのまま生かしたショップなどは、置いている商品もさることながら、建物自体の歴史もとても興味深いです。

  • 写真:toshel

また、丘陵地を見下ろす絶景カフェの景色と心地よい風は、時間が経つのを忘れさせてくれます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

坂道の多い旧市街

岩山の上にあるこの国の旧市街は、坂道が多い、というより坂道しかない!と言った方が良いかもしれません。どこを歩くにも坂、坂、坂。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

特に要塞に向かう坂道は、車も上れないのではないかと思うくらいの急坂です。中世時代そのままというだけあり、道は石畳が多く、雨が降ると滑るかも知れませんので、なるべく歩きやすい格好で訪れたほうが良さそうです。

サンマリノへの行き方

イタリアに囲まれているサンマリノへの玄関口は、イタリアの「リミニ」というアドリア海沿いの漁港都市から行くのが便利かと思います。リミニ駅前からは定期的にバスが出ており、道が混んでいなければ1時間ほどで着きます。片道5ユーロです。

「Rimini-San Marino」の運行スケジュールは、こちらからご確認いただけます。始発ではない場合もあるため、もしリミニ駅前よりご出発の場合は「Rimini Stazione FFSS」のラインをご覧ください。

  • 写真:toshel

イタリアへは何度も足を運んでいても、「サンマリノは行ったことがない」という方もいらっしゃるかと思います。「リミニ」で前泊するのも良いですし、「リミニ」へは「ボローニャ」から急行列車(IC)で一時間前後ですので、ここからでも日帰り圏内です。

また、サンマリノを存分に堪能されたい方は、サンマリノ旧市街にもホテルはございますので、宿泊されるのも良いかも知れませんね!ただし、荷物が多いとあの坂はツライかも?

  • 写真:toshel

サンマリノの旅行予約はこちら

サンマリノのパッケージツアーを探す

サンマリノのホテルを探す

サンマリノの航空券を探す

サンマリノのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

Jetsetter
行ったことのない国を中心に、毎月ひとり旅しています。これまで訪ねた155ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...

宇宙に手を広げ仰ぎみる巨木群~マダガスカル島のバオバブ並木~

アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島は、世界で四番目に大きい島です。日本の1.5倍の面積を有し、そのほとんどが広大な豊かな自然に覆われた動植物の宝庫です。なか...


モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...


ペルシャ湾の風吹く砂漠の新スポット!~アラブの香り漂うルーブル・アブダビ~

フランス、、、いえ、世界で最も有名な美術館の一つであるルーブルが、初の別館を2017年11月、中東地域にオープンさせました。UAEの首都アブダビの、ペルシャ湾に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?