札幌
札幌観光
都会と自然が共存する北海道最大の都市

軟石雑貨工房「軟石や」で【札幌】のお土産はいかが?

取材・写真・文:

北海道在住

2018年7月17日更新

720view

お気に入り

写真:yasutomo

定山渓(じょうざんけい)温泉や空港などのお土産コーナーで、アロマオイルを浸み込ませて楽しめることで人気の商品「かおるいえ」。優しい風合いの「札幌軟石」に可愛らしくペイントされた作品を、どこかで見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、その作品の工房である「軟石や」さんをご紹介いたします。

この記事の目次表示

札幌軟石(さっぽろなんせき)とは?

約4万年前、現在の支笏湖(しこつこ)周辺で30,000mの高さに達するほどの巨大火山噴火がありました。その際、遠く離れた札幌市石山付近にも火砕流が降り積もり、それが冷えて固まったものが「支笏溶結凝灰岩(しこつようけつぎょうかいがん)」で、通称「札幌軟石」と呼ばれています。

余談ですが、その巨大火山噴火でできたのが支笏湖で、道東の摩周湖と双璧をなす透明度を誇る湖です。

札幌軟石にゆかりのある場所として、札幌市中心部から定山渓温泉に向かう途中、古代遺跡を彷彿させ「さっぽろ・ふるさと文化百選」にも選定されている「石山緑地」というスポットがあります。

この場所は、札幌開拓時代の建物などに使用され、街の発展に大きく貢献した「札幌軟石」の採掘跡地で、現在は公園となっています。

いざ、「軟石や」さんの工房へ!

「軟石や」さんの工房は、札幌軟石を使用して建てられた建物と玄関の看板が目印です。

  • 写真:yasutomo工房自体が札幌軟石の建物
  • 写真:yasutomo札幌軟石を加工して作った看板

工房に一歩足を踏み入れると、柔らかい色調の軟石を使った多くの作品が目に飛び込んできます。

  • 写真:yasutomo美しくディスプレイされた作品

石で、こんなにも多彩な種類の作品が作れてしまうことに、驚いてしまいます。


「軟石や」さんの看板商品「かおるいえ」

  • 写真:yasutomo

「軟石や」さんといえば、アロマオイルを数滴しみこませると、香りが数日間楽しめるアロマストーン「かおるいえ」が看板商品!札幌軟石の特長である、吸水性、ゆっくりと揮発する性質を活かした作品で、石の雰囲気に合わせて1軒1軒表情が違うところも魅力です。

軟石を利用した「かおるいえ」は、どのような経緯で生まれたものなのでしょうか。小学生の頃から札幌軟石が大好きだったという、「軟石や」代表の小原 恵さんに伺ってみると、もともと札幌軟石は建築資材として利用されていたものだったので、商品も家型にしようと考案したのだそう。

  • 写真:yasutomo軟石をくり抜いて、キャンドルなどの明かりを楽しめる作品

札幌の開拓時代初期は木造の建物が主流だったため、冬季には食糧保存や火災などの困難がありましたが、耐火性・保温性・容易に加工可能な軟石を建材として建物に使用してから、食糧保存や火災に悩むことが少なくなり、札幌の街づくりに多大な恩恵がもたらされました。

  • 写真:yasutomo小鳥の巣をイメージした作品

2018年、明治150年という節目とともに、北海道と命名されてから150年目ともなります。それよりもはるか昔の約4万年前に誕生し、北海道開拓の歴史や先人の偉業を、静かに佇み見守ってきた札幌軟石。

札幌の大地をそのまま使ったアロマストーンは、まさに札幌の歴史を凝縮した存在です。一説によると、九州島津藩の石の建築技術も使われているそうです。

手のひらに乗せながら、いろいろと想いを巡らせてみるのも素敵ですね。

まとめ

工房には、犬・猫・フクロウ・多肉植物など、様々なモチーフの作品があり、しかも1つ1つ表情が違うのが大きな魅力です。

  • 写真:yasutomo
  • 写真:yasutomo
  • 写真:yasutomo
  • 写真:yasutomo

代表作である「かおるいえ」は、札幌のホテルや定山渓温泉のお土産コーナー、千歳空港等でも販売されています。札幌そのものを、お土産にしてみてはいかがでしょうか?

  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:店舗前に2台分
軟石や
札幌 / 雑貨・インテリア
住所:札幌市南区石山1条2丁目9-22
電話:090-9425-0573
Web:https://212a-a.jimdo.com/
参考資料:もっと知りたい札幌軟石(出版:軟石未来プロジェクト)

札幌の旅行予約はこちら

札幌のホテルを探す

札幌の航空券を探す

札幌のパッケージツアーを探す

札幌の現地アクティビティを探す

札幌のレンタカーを探す

札幌の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

在宅ワーカー&ライター
皆さまこんにちは。
週末を利用して北海道内はドライブがメインで、数年に一度は本州方面にも足を伸ばしています。
2006年には、北海道の「道の駅巡り」93か所を制覇しました。
そこで、これまでに旅先で出会った素敵な場所や物を紹介し、皆さんにもその感動を味わっていただきたいと願っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

知ればもっとビールが美味しくなる! サッポロビール博物館

サッポロビール博物館は、サッポロビールの歴史を紹介する日本でただ一つのビール博物館です。1876年(明治9年)、北海道開拓使の村橋久成や中川清兵衛が、北海道札幌...

化石からノーベル賞まで! 北海道大学総合博物館の充実過ぎる展示品

北海道大学総合博物館は、札幌駅北口から北へわずか徒歩10分の場所にある、入館料無料の博物館です。敷地面積日本一の、自然と四季折々の景観が楽しめる北海道大学のキャ...


なまら「イカす」!【函館・湯倉神社】

「北海道三大温泉」であり、「函館の奥座敷」として人気のある、湯の川温泉街。「湯倉神社」は、湯の川温泉発祥の地に建てられている神社です。五穀豊穣・商売繁盛・家内安...

人気観光地【函館】の超穴場!「旧相馬邸」は歴史と見どころが満載!

函館の人気観光地である「元町・函館山エリア」は、旧イギリス領事館、旧函館区公会堂、八幡坂、函館ハリストス正教会など、多くの見どころが集中している地域です。「旧相...


もはやエンタメ施設?北海道・新千歳空港の見どころ8選

北海道旅行者の約80%が利用する、まさに北海道の空の玄関口という呼び名にふさわしい新千歳空港。札幌市内からJRで約40分の距離に位置する千歳市にあります。201...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?