静岡
静岡
富士山のお膝元に位置するお茶の名産地

アウトレットと一緒にいかが?御殿場でおすすめの観光スポット8選

2017年6月29日更新

1,370view

お気に入り

御殿場といえば、なんといってもプレミアムアウトレットが人気。でも、箱根や富士山の麓にある御殿場には、自然を感じられる名所や、広々とした観光スポットなど、見どころがたくさんあるのです。今回は、プレミアムアウトレットとも合わせて行ける、御殿場市内でおすすめの観光スポットを8つご紹介します。

富士山が作った自然を体感する

1、富士山新五合目御殿場口 Mt.FUJI TRAIL STATION

富士山を見るだけではなく行ってみたい!でも登山したいわけではないし……。実は富士山登山の入り口である御殿場口へは、自家用車で手軽に行けるのです。もちろん、普段着で大丈夫。

御殿場口は、他の登山口である吉田口や富士宮口より約1,000mも標高が低い場所にあり、頂上までの距離が長いので、富士登山をする人にとって御殿場口からのルートは最もハードなコースになります。ですが、逆に登山口そのものは一番行きやすい場所にあるのです。

さらに、他の登山口への道路は混雑する夏期に規制が行われますが、御殿場口への道路は唯一規制が行われません(イベント時や、11月下旬~4月下旬の冬期は閉鎖されます)。

また、毎年夏には「Mt.FUJI TRAIL STATION(マウントフジ トレイルステーション)」が設置され、登山や観光情報の収集や、休憩ができるスペースとなっています。2017年も7月10日(月)~9月10日(日)の期間で設置されるとのこと。

富士山へ向かう道沿いには陸上自衛隊の東富士演習場があり、演習の日には砲弾の音も響いてきます。どこまでも続く草原も、とても気持ちがいい光景です。

富士山御殿場口新五合目
静岡 / その他スポット
住所:御殿場口登山道新五合目, 〒412-0006 静岡県御殿場市中畑西沢2110−10
電話:0550-83-4770(御殿場市観光協会)
Web:http://gotemba.jp/fuji/climbing/#tsuukou

2、御胎内清宏園

江戸時代の1707年に噴火した富士山の溶岩で形作られた自然豊かな公園です。実は、ここは安産にご利益があるということで、雑誌などで紹介されることもあるスポット。中でも見どころは胎内神社と、その横にある溶岩隧道、いわゆる洞窟。国の天然記念物にも指定されているこの洞窟が、ぜひ「挑戦」していただきたいスポットです。

洞窟は入り口から出口まで10分程度で行ける距離で、それほど長くありません。ですが、内部には膝や手をつかないと通れない狭く暗い場所もあり、何も用意がないと途中で引き返すことになりかねません。レインコートなど汚れてもいい服装と、ライトを用意して入りましょう。ヘルメットとライトは公園入り口の受付でも貸し出しを行っています(有料)。

暗闇から出ていく赤ちゃんになったらこんな感じかも?という体験と、インディジョーンズのような冒険気分も味わえる、おすすめのスポットです!近くには日帰り温泉施設もあるので、合わせて訪れても良いでしょう。

富士山御胎内清宏園
静岡 / 公園・動植物園
住所:静岡県御殿場市印野1382-1
電話:0550-89-4398
Web:http://www.otainai-onsen.gr.jp/seikouen.htm

3、駒門風穴

約1万年前に噴火した富士山の溶岩流で形作られた洞窟で、富士山周辺に数ある溶岩洞窟の中でも最古とのこと。国の天然記念物にも指定されています。

こちらの洞窟は内部は広く、灯りもあるので、何の用意がなくとも入ることのできる洞窟です。ただ、岩から染み出た水滴が落ちることもあるので、服が濡れるのを防ぎたいときは、防水の上着などを用意するといいでしょう。

駒門風穴
静岡 / 自然・景勝地
住所:静岡県御殿場市駒門69
電話:0550-87-3965

歴史のある名所・旧跡を訪ねる

4、秩父宮記念公園

昭和天皇の弟である秩父宮雍仁親王が、1941年(昭和16年)から1952年(昭和27年)の期間で戦中・戦後を過ごした元別邸です。季節の花やヒノキの林のある広い庭園をのんびり散策できます。秩父宮家ゆかりの品々を展示する記念館や、宮家や将校のために用意された防空壕もあり、歴史的にも興味深いスポットです。

秩父宮記念公園
静岡 / 公園・動植物園
住所:静岡県御殿場市 東田中1507−7
電話:0550-82-5110
Web:http://www.chichibunomiya.jp/

5、富士仏舎利塔平和公園

御殿場市内から箱根山を見ると麓に白い塔が見えることがありますが、そこがこの公園。地元では遠足や初詣で訪れる人も多い馴染みのある場所です。入り口を入ると日本山妙法寺で、敷地内にいる鳩やコイにあげる餌も売られています。

この公園の見どころは、入り口から坂道や階段を上るとたどり着く白い仏舎利塔と、塔の前にある世界の狛犬が並ぶ広場。広々として気持ちが良い場所で、富士山と市街地を見下ろせるビューポイントでもあります。綺麗な富士山の写真を撮影するなら外せないスポットです。

富士仏舎利塔平和公園
静岡 / 公園・動植物園
住所:静岡県御殿場市東田中3422
電話:0550-82-0350

6、神場山神社

それほど規模が大きくない神社ですが、病などあらゆる厄や悪縁切りのために「はさみ」を奉納するという珍しい風習があることで、最近では知る人ぞ知るパワースポットでもあります。

古くは、病気が治ることを祈願する時に、神社からハサミを借りて枕の下に置き、願いが叶ったお礼参りで借りたハサミより大きなハサミを納めたとのこと。境内で納められたハサミが見られますが、びっくりするほど大きなハサミも!現在は社務所でハサミを購入し、願いが叶ったときにお礼参りをすれば良いとのことです。

神場山神社
静岡 / 社寺・教会
住所:静岡県御殿場市神場1138-1
Web:https://hellonavi.jp/detail/page/detail/1762

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月19日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

海や湖に浮かぶ鳥居が美しい日本の神社10選

海に浮かぶ鳥居といえば、広島県にある世界遺産「厳島神社」の鳥居が有名ですが、日本にはまだまだあるんです。海、そして湖をふくめて、水辺に鳥居が浮かぶ神秘的な光景を...

静岡県は絶景の宝庫だった!感動に出会えるスポット15選

静岡県といえば富士山、そして温泉が人気ですが、絶景スポットを巡る旅もぜひ旅行プランに入れたくなるほど、絶景に恵まれているんです。雄大な富士山を望む絶景はもちろん...

静岡県内屈指のパワースポット!透明度が高すぎる湧水3選

霊峰富士がそびえたつ静岡県。富士山でろ過された、美しい水の恵みがつくり出す神聖な景色を至るところで見ることができます。今回はそんな静岡県内でも透明度が高く、特に...

1位は山中湖花の都公園!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年5月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年5月の1位はトリップノートトラベラーtani...

【南伊豆】インスタ映え☆下田散策スポットとオススメ土産のご紹介

東京からのアクセス抜群の南伊豆、下田。ペリーの黒船来航でも有名な下田には、インスタ映えするレトロでお洒落なスポットが沢山!伊豆急下田駅周辺のフォトジェニックな散...



この記事を書いたトラベルライター

子どもと一緒に歴史と遊びと旅を
歴史資料館の学芸担当職員として勤務していましたが、出産と転居のため退職。
これまで気の向くままに神社仏閣や史跡をメインに巡っていた旅が、今は子連れ旅になりました。
一人で歩いた場所が、家族で歩くと違う発見もあることが楽しいです。

箱根フリーパスで日帰りの旅 いろんな乗り物をお得に楽しもう!

一年を通して人気の観光地、箱根。自家用車で巡るのがとても便利ですが、様々な公共交通機関を乗り継ぐ旅も、渋滞に巻き込まれることが少なく、飽きずに観光ができますよ。...

日本唯一の関所建物が残る浜名湖【新居関所】と町の古建築を巡る

静岡県湖西市にある新居関所は、江戸時代に東海道の浜名湖西岸に設置され、箱根関所とあわせて最も重要な関所とされていました。現在は国の特別史跡に指定されており、日本...

【小田原】戦国時代北条氏の歴史をめぐる史跡6選+グルメ2選

小田原で1番の観光スポットといえば小田原城。戦国時代にこの小田原城を本拠地として関東最大の勢力を誇ったのが北条氏です。小田原市でも毎年「北条五代祭り」が盛大に催...

道了尊の天狗伝説が息づく大自然の禅寺 神奈川県【大雄山最乗寺】

大雄山最乗寺は小田原市隣の南足柄市にあり、道了尊(どうりょうそん)とも呼ばれる曹洞宗の寺です。多くの僧が修行する禅の道場であり、天狗が守護する寺としても古くから...

はたらくくるまを楽しく学び、体験できる 藤沢市【いすゞプラザ】

2017年に開館した藤沢市の「いすゞプラザ」は、80年以上の歴史を持ついすゞ自動車のあゆみや活躍がわかる展示や、車のしくみを学べる体験もできる施設です。入場無料...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?