静岡の秘境 大井川流域を思いっきり楽しめるスポット6選

398

view
   2017年8月14日更新

例年大人気で、乗車チケットが売り切れ続出のトーマス号が走る大井川鉄道。この大井川鉄道が走る流域には、トーマス号の他にも、SL、アプト式鉄道、恋の成就する観光スポット、温泉など見どころが満載です。今回は、静岡県川根本町・大井川流域の主な観光スポットや人気のイベントについてご紹介したいと思います。

【1】トーマスを見に行こう

例年大人気のきかんしゃトーマス号。大井川鉄道では毎年のようにきかんしゃトーマスのイベント”Day out with Thomas” が開催されていて、トーマスとその仲間たちに会うことができます。

トーマスイベントのメイン会場は、大井川鉄道の千頭駅構内。ここでは、トーマスとその仲間のヒロやパーシー、ジェームスとの記念撮影を始め、様々なアトラクションなどがあり大興奮です。

また例年7月から10月上旬までは、千頭駅に近接する施設「音戯の郷」でもトーマス号・ジェームス号の運転日に合わせてトーマスイベントが開催されています。ぜひトーマスとその仲間たちに会いに行ってみませんか。
トーマスイベント期間の詳細はこちら

大井川鐵道

静岡 / 乗り物

 

住所:新金谷駅〜千頭駅

電話:0547-45-4112

Web:http://oigawa-railway.co.jp/

【2】転車台を見学しよう

大井川鉄道の千頭駅は蒸気機関車の終点駅のため、進行方向に向きを変えることができるように転車台が設置されています。転車台といえば、京都梅小路機関区(現京都鉄道博物館)が有名ですが、ここの転車台は大掛かりな電動仕立て。

一方で千頭駅の転車台は、なんと人力で回すもの。また現役で稼働する駅の転車台としては、日本最古です。大きな蒸気機関車が人の力でぐるっと方向転換する様子を、ぜひ時間を合わせて見学してみましょう。

千頭駅

静岡 / 駅・空港・ターミナル

 

住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1216-5

電話:0547-59-2065

【3】日本で乗れるのはここだけ!アプト式鉄道

アプト式鉄道とは、山あいの急こう配の線路に歯車を敷き、機関車に取り付けた歯車をかみ合わせながら上り下りを行う鉄道のことを言います。

日本唯一のアプト式電車で、奥大井の渓谷をゆっくりと走るのが「南アルプスあぷとライン」。大井川鉄道井川線の千頭駅―井川駅間を結んでいるトロッコ電車の「アプトいちしろ駅~長島ダム駅」の間で、アプト式機関車を連結して走行しています。鉄道ファン憧憬の地でもあります。

住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1216-5

電話:0547-59-2065

Web:http://oigawa-railway.co.jp/abt

【4】愛を確かめ合う” 奥大井恋錠(こじょう)駅”

井川線奥大井湖上駅の愛称は”奥大井恋錠(こじょう)駅”。ここは愛を確かめ合う場としても人気のスポットです。秘境にありながら、結婚式も行うことができるほど。また、静岡県の恋愛・結婚・子宝にまつわる「ふじのくにエンゼルパワースポット」としても登録されています。

奥大井湖上駅

静岡 / 駅・空港・ターミナル

 

住所:静岡県榛原郡川根本町梅地

【5】恋が成就する吊り橋”夢の吊橋”

夢の吊橋は、美しいエメラルドグリーンの大間ダム湖にかかる長さ90m、高さ8mの吊橋です。温泉地・寸又峡にあり、”21世紀に残したい日本の自然100選” 、トリップアドバイザーが選ぶ、死ぬまでに一度は渡ってみたい「世界の徒歩吊橋10選(2012年)」にも選ばれています。

また、恋の願いをすると、その恋が成就すると言われて人気を集めています。寸又峡温泉は「美女づくりの湯」などとも言われ、南アルプスの麓から湧き出す良質な温泉はとろっとろ。湯上がりは肌がつるつるとした感じになるのが特徴です。

夢の吊橋

静岡 / 観光名所

 

住所:静岡県榛原郡川根本町寸又峡

電話:0547-59-2746

【6】地元食材を使って作る心のこもった食事処 cafe うえまる

期間限定でトーマスフェアも行っている「音戯の郷」の中にあるのが「cafe うえまる」。こちらは音戯の郷への入場料なしで入ることができ、地元の食材を使った食事が楽しめるいち押しのカフェです。

店内はバリアフリーとなっているため、ベビーカーや車いすの方も安心して食事をすることができます。またカフェの店内からは千頭駅を一望することができる上、駅からのアクセスは徒歩2分。最高のロケーションとなっています。

cafe うえまるでは、自家農園や川根本町の農家さんによって栽培、収穫された旬の野菜がふんだんに使われた、その季節ならではの食事を楽しむことができるのがポイント。SLに見立てたデザートもあります。

また、日本茶インストラクターの資格を持つスタッフも常駐しているので、ぜひ地元で採れる川根茶も試してみてはいかがですか。カフェのオーナーは管理栄養士の資格を持ち、アレルギー食品会社での勤務経験もあるので、食品アレルギー等をお持ちの方はぜひ事前に相談してみて下さい。

カフェ店内には、自家製手作りブルーベリージャムや川根茶など、真心こめて作られた商品も並んでいます。ぜひ、旅の思い出を持ち帰ってみてはどうですか。
お店の詳細はこちら

Cafeうえまる

静岡 / カフェ・喫茶店

 

住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1217-2 音戯の郷(道の駅) 館内

電話:080-1620-0358

Web:http://cafe-uemaru-tea.com/

おわりに

自然に囲まれ、見どころ満載の川根本町。新緑から紅葉まで、季節を通して楽しめる地です。日本のここでしか楽しむことのできない電車や観光スポットが凝縮され、自然のパワーも豊富。そんな川根本町へぜひ出かけてみませんか。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
Life is an advenure

異文化の人と接してみたい!そう思ってから世界に旅に行くようになりました。バックパッカーから始まり世界各国と旅しているうちに、大自然に魅了され秘境地の虜に。その後、南米に移住。現在は、香港に住んでいます。好きな旅のスタイルは、無計画。行き当たりばったりの旅にワクワクしています。ワインが大好きで世界のワイナリーもめぐっているので合わせて各地のローカルな情報をお伝えしていけたらと思います。

http://nanadolcevita.com/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!