お焦げが絶品!シンガポールB級グルメ「クレイポットライス」

2,634

view
   2017年1月18日更新

世界中から多くの人が集まるアジアの中心地、シンガポール。中華にイタリアン、インド料理に日本食と、お金を出せばな〜んでも食べられる美食大国です。その中でも知られざる隠れB級グルメといえば「クレイポットライス」。一度食べたら忘れられなくなるその味は、一体どんなものなんでしょう?今回は、絶品のクレイポットライスを探しに人気店へ潜入してみました!

クレイポットライスってどんなもの?

  • 土鍋に入ったクレイポットライス。チキンと中華ソーセージ(茶色のもの)、上には野菜が。

日本のガイドブックでも必ず紹介されているシンガポールのローカルフード、クレイポットライス。実はこれ、ご飯と鶏肉を入れた土鍋をアツアツに加熱して炊いた「土鍋ご飯」なんです。

中身は鶏肉(豚肉、牛肉のバリエーションがあるお店も)中華ソーセージ野菜といったシンプルなもの。大きさもお店によって様々で、1人前サイズから、4〜5人でシェアする大きな土鍋に入っているものまであります!

本格的なお店の場合は生米からご飯を炊くので、出来上がりまで約30〜40分。それだけ本格的なので、お味もまた格別です。出来上がるまでの時間は、サクッとつまめる前菜やお酒を買って待つのがオススメですよ。

その食べ方、伝授します!

  • 作り方が分からない場合は店員さんを呼んでみて。見事な手さばきで混ぜてくれます!(ゲイランの場合)

注文したクレイポットライスが運ばれてきたら、まずは熱いうちにすばやく混ぜるのが鉄則!お店によってちょっとずつ違いますが、上にたらしてある醤油(またはソース)と具、お米をまんべんなく色がつくまで混ぜるのがおいしく食べるコツです。

専門店では、やり方が分からなくても、お店の人が来て手早く混ぜてくれますよ。よく混ぜ合わせたら、熱々のうちに召し上がれ♪

  • 万遍なくお米に色が付くまでかき混ぜるのがコツ。最後のお焦げはお楽しみに!(ゲイランの場合)

味が染み込んだ具とお米がマッチして、それはもう絶品。最後には、土鍋にはりついたご飯のお焦げが現れて、カリカリ具合が香ばしくてたまりません。焼きおにぎりに親しんでいる日本人なら、このお焦げはやみつきになること間違いなしです!

人気店はこの3選

【1】クレイポットライス発祥のお店、Lian He Ben Ji Claypot Rice(リアン・ヘ・ベン・ジ・クレイポット・ライス)

  • Lian He Ben Ji Claypot Rice外観。#02-198/199の番号を目印に探してくださいね。
  • お店の前のテーブル。夕方になると地元民で溢れています!

チャイナタウンの庶民派ホーカーズ「ChinaTown Complex」の2階にあるこのお店。建物の見かけは、まさにザ・ローカル。女性だとちょっと入るのに躊躇しますが・・・入ってみると、地元民で溢れていてかなりの活気があります!

実はこのお店、シンガポールのグルメ本「マカンスートラ」で最高得点をつけられたこともある名店。1979年に開業し、30年以上の歴史がある老舗店なのです。16時オープンですが、16時すぎには既に注文済みのお客さんや並んでいる人もチラホラ。

  • 出来たて熱々のクレイポットライス。3人前$15。数種類のサイズがあります。
  • 手早く混ぜるのがポイント。だんだんお米のお焦げが出来てきます♪

注文するなら定番のミックス(チキンやソーセージの具)がいちおし。サイズによってお値段が変わります(1人前は$5。それ以外には$8/10/12/15/20があり。)数人で行くなら少し大きめを買って、みんなでシェアしましょう。チキンがゴロゴロ入っていて、醤油の香り&スモーキーな風味が食欲をそそります!

近くにはアルコールやジュースが買える店や、ローカルフードを売っている店もたくさん。クレイポットライスとおつまみを買い、地元民に混ざってシンガポールの食文化を体験するのも旅の醍醐味です♪

中華雑貨が手に入るパゴタ・ストリートもすぐそこなので、食べ終わった後はお手頃価格のお土産を探してみては♪

リアン・ヘ・ベン・ジ・クレイポット・ライス

チャイナタウン / アジア料理

チャイナタウン駅から徒歩2分

【2】地元民絶賛!住宅街の一角にあるお店、Geylang Claypot Rice(ゲイラン・クレイポットライス)

  • Geylang Claypot Rice外観。オープンの席(右)と室内席(左)があります。
  • ゲイランクレイポットライス店内。夜は地元民で大賑い!

シンガポールの歓楽街として知られるゲイラン。ちょっとディープなこの地区にも、地元民が足繁く通うクレイポットライスの専門店があります。

パヤレバ駅アルジュニード駅から徒歩10分で、看板とともに繁盛しているお店を発見!夜は地元民で満席状態になるので、早めに行くことをおすすめします。

  • 副菜もおすすめ。写真のポークリブは甘辛味の豚肉についついお箸が進みます。
  • 空心菜の炒め物。辛くてビールが美味しい!

クレイポットライスを注文すると、出来上がるまでは20分ちょっと。副菜も種類が多いので、つまめる前菜をぜひ頼んでみて。くれぐれも前菜でお腹がいっぱいにならないようにご注意を・・・。

  • 土鍋に入ったクレイポットライス。チキンと中華ソーセージ(茶色のもの)、上には野菜が。

出てきたクレイポットライスは、中国醤油がかかった甘辛チキン&肉汁がしみこんだライスが濃厚!チキンは他のお店と比べて大きく柔らか〜。少し漢方の香りがするのが特徴です。

別でチリソースも置いてあるので、好みの味に仕上げてみてくださいね。

  • ここのクレイポットは底にあるお焦げが絶品!パリパリです。

ここのクレイポットライス、なんといってもお焦げが最高!パリパリしていてそのまま食べても美味しいです。鍋底からパリパリのお焦げをはがす作業も楽しい♪

なお、お店があるゲイラン地区は歓楽街(東京でいう新宿歌舞伎町のような)です。治安が良いシンガポールですが、夜に女性1人で歩くのは避けたほうがいいエリア。その分、ローカル色が強いので、本場ローカルの雰囲気&クレイポットライスを試してみたい方にはぴったりです。

ゲイラン・クレイポットライス

シンガポール郊外 / アジア料理

【3】フードコートで気軽にクレイポットライス、合利(ホウリ)

シンガポールの至るところにあるフードコートでも、クレイポットライスを食べられるお店があるんです。中でもおすすめは景色も楽しめるフードコート「ザ・ギャラリー」内にあるお店「合利(ホウリ)」。

こちらは注文して10分ほどで食べられます♪ガラス越しに作っている過程も見れちゃいますよ。

  • ①番はオーソドックスのチキン。⑩番のカレー味のクレイポットも美味しい。
  • クレイポットライス1人前。日本人好みの醤油の味つけにお箸が止まりません。

種類は鶏肉、豚肉、牛肉とバリエーション豊か。変わりダネのカレーチキンのクレイポットも人気です。写真はチキンクレイポットライス。1人前にしては少し多い量ですが、味つけが日本人好みで食べやすく、ペロッと食べられてしまいます。

  • フードコート「ザ・ギャラリー」からの景色。ぜひ窓際を確保して♪

ガラス張りの窓際の特等席からは、目の前にマリーナベイサンズ・ホテルが!!比較的空いているので、景色を眺めながらのんびり食事ができるのも嬉しいかぎり。ショッピングも楽しめるモール内にあるので、クレイポットライスもショッピングも同時に楽しみたい人はぜひ訪れてみてください。

合利

マリーナ / アジア料理

エスプラネード駅から徒歩4分

終わりに

日本ではなかなか食べられない絶品グルメのクレイポットライス、いかがでしたか?お米好き、醤油味のお焦げ好きの日本人なら、このローカルフードがきっと気に入るはずです。シンガポール以外ではマレーシアでも食べられるので、旅行の際に食べ比べするのも楽しいかもしれません♪

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
現地の人とも触れ合いたい!好奇心旺盛なトラベラー

気がつけば小さな頃から地図が好き。学生時代はバイトをしては海外へ旅立つ生活をしていました。好き!が高じて、旅関係の仕事をしていたことも。今でもガイドブックや旅行サイトを駆使して、お出かけ&国内外の旅行を日々計画中。旅先では現地の人と触れ合うことも大好きで、街歩き、食い倒れ、カフェ巡り、温泉三昧・・・とアクティブに動き回るのが好きです。その土地ならではのステキなお店、地元でお勧めのグルメスポット、B級グルメなどを紹介していきたいと思っています。

同じテーマの記事

シンガポールの人気記事
シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数
最新の旅行情報をチェック!

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!