シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

【シドニー】雰囲気抜群の隠れ家レストラン・The Butler

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年4月24日更新

1,334view

お気に入り

モダンで美味しいお料理、上質なカクテルを頂きながらシドニー・シティのスカイラインを眺めたいのなら、Potts Point(ポッツ・ポイント)にある雰囲気抜群の隠れ家レストラン・The Butler(ザ・バトラー)をオススメします。

この記事の目次表示

シドニーのおすすめツアー
≪便利な羽田発着≫【重厚で歴史的な雰囲気を持つホテルに宿泊】カンタス航空直行便で行くシドニー5日間|4ッ星『グレースシドニー』指定
95,800円~419,800円
【卒業旅行・学生旅行】≪羽田発着(復路:北海道経由)≫カンタス航空で行くシドニー5日間|ホテル×航空券でアレンジ自由のフリープラン|3つ星同等クラスご宿泊|●季節便利用期間限定コース●
88,800円~284,800円
【卒業旅行・学生旅行】≪羽田発着(往路:北海道経由)≫カンタス航空で行くシドニー5日間|ホテル×航空券でアレンジ自由のフリープラン|3つ星同等クラスご宿泊|●季節便利用期間限定コース●
83,800円~282,800円

The Butler(ザ・バトラー)とは?

シドニーに様々なおしゃれレストランを運営しているレストラン・グループ、APPLEJACK HOSPITALITYが2014年にPotts Point(ポッツ・ポイント)にオープンしたバー・レストランです。「The Butler(ザ・バトラー)」というお店の名前は、昔この場所にあり一時代を築いた言われているレストラン「BUTLERS RESTAURANT」に因んで付けられたそうです。

ポッツ・ポイントはシティから東へ約3kmの位置にある閑静な住宅街で、バー、レストラン、ナイトクラブなどがあり、若干治安が悪い印象のある繁華街・キングスクロスの脇にあります。The Butlerがあるのは、並木道が印象的な比較的静かな通り沿いです。

キングスクロス駅のあの有名なコカコーラの看板から北に出ている一本道・Victoria Streetをまっすぐ北上して行くと、左手に見えてきます。

素敵なインテリアにうっとり

籐の家具、ホワイトやエメラルド・グリーンの建具、トロピカルな植物を描いた壁など、室内の雰囲気はフレンチ・コロニアル調でとてもキュート。可愛らしいですが決してガーリー過ぎない、女子ウケ間違いなしのインテリアです。

メニューやショップ・カードさえもとても可愛くて、お土産に持って帰りたいくらいです。

テラス席からの眺望は圧巻

外観は小ぢんまりしていて一見小さな平家に見えますが、建物自体が切り立った砂岩の崖地に建っているので、明るく開放的な店内にびっくりするはずです。

店内に入るとすぐに待合のようなバー・スペースがあり、週末になると席を待つ人たちが外の通りまで溢れかえっています。

薄暗いバーを抜けるとトップライトから光が燦々と入る踊り場に出て、そこから奥に向かって吹き抜けの階段を下りていきます。

階段を下りたその先にはシドニー・シティの素晴らしいパノラミック・ビューが一望できる緑豊かなテラスが広がっています。恐らく普通にお店の前を通り過ぎる人はこんな空間が中に広がっているなんて想像できないでしょう。

テラスには目の前を遮るものが何もなく、シドニー・シティのスカイラインが一望できます。美味しいお料理とお酒を頂きながら、ビルの向こうに沈む夕日を眺めると本当に最高です。

筆者のオススメは日が暮れる前に予約を入れて(夏だと7時頃、冬だと5時頃)、刻々と変わりゆく空の色を眺めながらお酒を頂くことです。青い空が段々とピンクやオレンジに色を変えて、最後にビルの夜景に変わっていく様は圧巻ですよ。

個性的でスパイシーなモダン・オーストラリアン

メニューはとても個性的でバラエティに富んでいます。ニュージーランド出身のシェフによるイベロアメリカン(スペイン語・ポルトガル語圏の南米)フレーバーのモダン・オーストラリア料理は、どれもほんのりスパイスが効いていて食欲をそそります。

ここの料理は基本的にシェアするスタイルなので、色々なものを頼んで少しづつ食べられることからグループで来ている人達も多いです。どれもとても美味しいのでいつもついつい頼み過ぎてしまい、デザートがとても美味しいらしいですが辿り着いたことがありません。

グルテン・フリーやヴィーガンのメニューも

メニューにはグルテン・フリーや乳製品フリー、ヴィーガンなど細かい記載があり、野菜やシーフードのメニューも充実しています。もちろん脂ののったお肉系のメニューもありますよ。

  • ROCK OYSTERS WITH PICKLED CUCUMBER, LIME, GUAJILLO OIL(1ケ $4.50 / ¥380)

まずはシドニー名物のロック・オイスターとワインで乾杯しましょう。ロック・オイスターは日本の牡蠣よりもかなり小ぶりですが、濃厚でとても美味しいのでシドニーに訪れた際は是非トライしてみてください。

  • RUBY TUNA TARTARE, TOMATILLO, PASILLA CHILLI, TURTLE BEANS, BLACK QUINOA TOSTADA($25.00 / ¥2,080)

こちらのマグロのタルタルは枝豆や梅干し、紫蘇がなどが入っていてかなり「和」の雰囲気ですが、オリーブ・オイルと和えてあるのでイタリアンな味わい。パリパリのキヌアチップスとトロッとしたタルタルが絶妙なコンビネーションです。

  • CURED SALMON, GREEN APPLE, HABANERO, ONION, CITRUS($22.00 / ¥1,830)

ピリ辛のハバネロ・ソースが掛かったサーモンのカルパッチョは、青リンゴのサクサクの食感と爽やかな酸味がコクのあるオイルとサーモンとマッチしてとても美味しかったです。ワインがどんどん進みます。

  • CHARRED OCTOPUS, SQUID INK MOLE POBLANO, BABY POTATOES, ROMESCO EMULSION, TOASTED SESAME($ 32.00 / ¥2,660)

この絵画のようなアーティスティックなプレートはタコの炭火焼のメキシカンソース和えです。炭火焼きしたタコの香ばしさと、飛び散ったイカ墨ソースのスパイシーな辛さと苦味が適度に効いていて、更にワインが進んでしまいます。

こだわりのワインリストとカクテル・メニュー

ワインの種類も豊富で、オーストラリアからヨーロッパまであらゆる地方のワインを取り揃えています。今回はシーフードをメインにオーダーしたので、スパークリングや白ワインを頂きました。

  • PLEASE & THANK YOU($18.00 / ¥1,500)

カクテルもとても人気があります。こちらのグレープフルーツやライチ風味が爽やかなGINベースのカクテル・PLEASE&THANKYOUは、薄いピンク色でかすみ草を添えた可愛らしい見た目からインスタグラムによくupされています。

本当は教えたくない穴場レストラン

シドニーは屋外にテラス席があるお店が多いせいか、空や景色を眺めながら時間の経過を感じることが多い気がします。こちらのThe Butlerはシティから近いにもかかわらず、シティ中心とは少し違った落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

筆者はたまたま通りがかってこのお店に入ってから、味や雰囲気が忘れられずファンになってしまいました。月・火曜以外はランチも営業しているので、テラスでランチするのも気持ちいいですよ。シティから少し足を伸ばしてThe Butlerで夕日を見ながらお食事なんていかがでしょうか?

ザ・バトラー
シドニー / 洋食・西洋料理
住所:123 Victoria St, Potts Point, NSW 2011地図で見る
電話:02-8354-0742
Web:https://butlersydney.com.au/

※記事内のオーストラリアドルから日本円への換算は、1$=約83円で計算しています。

シドニー旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばシドニーのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でシドニーのすべてのツアーをみる>>

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【シドニー】チャイナタウンで食べ歩き&お買い物♪

オーストラリアに来たらオージービーフやフィッシュ&チップスもいいけど、アジアンフードでホッとしたい時もありますよね。シドニーのチャイナタウンは小さいながらも美味...


オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...

【シドニー】セレブな街モスマンのバルモラルビーチとグルメスポット

シドニーのビーチといえばボンダイビーチやマンリービーチが有名ですが、素敵なビーチはその二つだけではありません。高級住宅地モスマンにあるバルモラルビーチは観光客に...

絶品オージビーフのステーキ「チョップハウス・シドニー」

オーストラリアに訪れたら食べておきたいグルメの1つと言えば「オージービーフ」。シドニー・シティ中心にある「CHOPHOUSE SYDNEY(チョップハウス・シド...

【シドニー】地元っ子に大人気!セント・メアリー大聖堂脇のヴィーガン飲茶「BODHI」

ヘルシー志向の人が多いことから、普通のカフェやレストランでも比較的VEGAN(ヴィーガン)やVEGETARIAN(ベジタリアン)用のメニューを用意していることが...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住 / 建築好きフォトグラファー&ライター
東京生まれ、子供時代をメキシコやイギリスで過ごした後、現在は都市と自然が隣接するマルチカルチュラルな街、オーストラリア・シドニー在住。
元「建築士&インテリアデザイナー」で、現在は「フォトグラファー&ライター」のmayumiです。

旅が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国60都市以上に及びます。

専門のインテリアや建築、アートなど、デザインインスピレーションを刺激するものを始め、在住者だからこそお伝えできるシドニーのライフスタイル、美味しいもの、素敵なお店やフォトジェニックな風景などをご紹介します。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

【閉店】女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

※こちらの記事で紹介しているABOUT LIFEは2018年末に全店舗閉店しました※ オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?