シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年4月24日更新

18,722view

お気に入り

写真:Yuri_etoile

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1のボンダイビーチをご紹介します。

この記事の目次表示

シドニーの観光地ボンダイエリアとは

シドニーの街の中心地から約30分で行くことができるボンダイエリアは、立地が良く、青くキレイな海、数多くのカフェやレストラン、ショップなどがある栄えたビーチエリアです。

ボンダイビーチにはたくさんの観光客や、海水浴や日光浴をする人々、サーファーやエクササイズをする人々がいて、夏だけでなく一年中賑わっています。その人気から、ボンダイエリア一帯は高級住宅街で、ボンダイに住むということがステータスとなっています。

  • 写真:Yuri_etoile真冬ですが、たくさんの人がビーチで寛いでいます。
  • 写真:Yuri_etoileマッチョなオージー達は自慢の筋肉を見せながらワークアウト!
  • 写真:Yuri_etoile青くて透明度抜群のボンダイビーチ。

思わず写真に撮りたくなるボンダイビーチ!

バスでボンダイロードからボンダイビーチへ向かうと、ボンダイビーチの美しい光景が現れます。ビーチが見えたら、そこから一番近いバス停で降りましょう。少し高台になっている丘の上からなら、ビーチ全体を写真に収めることができます。ビーチ沿いにはウォールアートがあるので、その前で写真を撮る人もたくさんいます。

  • 写真:Yuri_etoileボンダイビーチの南側の丘の上から撮影。
  • 写真:Yuri_etoile有名なアイスバーグクラブのプールを入れて撮影!
  • 写真:Yuri_etoile写真を撮る人達。
  • 写真:Yuri_etoileビーチ沿いにはウォールアートが並んでいます。

ボンダイビーチでの注意!

潮の流れが速く、波が高いこともしばしばあるボンダイビーチ。安全に海水浴を楽しむために、必ず赤と黄色の2つの旗の間「Between the flags」で泳ぐようにしましょう。その旗の間であれば、ライフセーバーが常に監視をしているので、何かあった場合は駆けつけてくれます。

  • 写真:Yuri_etoile旗の間「Between the flags」は意外に狭いです。

また、ビーチやボンダイエリア一帯はAlcohol Free Zoneです。これは飲酒禁止エリアを意味しているので、お酒は所定のレストランやパブで飲みましょう。アルコールが自由に飲めるという意味ではないのでご注意を!

ボンダイビーチのグルメ

Harry's Bondi

ボンダイビーチの北側に位置するHarry's Bondiは、とても人気のカフェ。人気のメニューは、食用花やベリーでカラフルに彩られたリコッタホットケーキです。ベリーの酸味とメープルの甘味がとてもおいしい、インスタ映えする一品です。

  • 写真:Yuri_etoileRicotta hotcake with blueberries, organic maple & double cream。AU$19.5(約1,700円)。
  • 写真:Yuri_etoileHarry's Bondiの店内。
  • 写真:Yuri_etoileカワイイラテアートのカプチーノ。AU$4(約350円)。
Harry's Bondi
シドニー / カフェ・喫茶店
住所:2/136 Wairoa Avenue, Bondi Beach, NSW地図で見る
Web:http://www.harrysbondi.com.au/

Gelato Messina

ボンダイビーチエリアには多くのアイスクリーム屋さんがありますが、中でもおススメはGelato Messinaです。35種類のフレーバーに加え、週毎に替わる5つのスペシャルフレーバーもあるので何度でも足を運びたくなります。

どのジェラートにするか決めかねる時は、何回でも一口分の試食ができるので、気軽に「Can I try (フレーバー名)?」と店員さんに尋ねてみてください。

  • 写真:Yuri_etoileMessinaの行列。ちなみに真冬です。
  • 写真:Yuri_etoileスペシャルフレーバーの記載されているボード。お味はチョコチェリーチーズケーキ!
ジェラート・メッシーナ ボンダイ店
シドニー / スイーツ
住所:G6/61 HALL STREET, BONDI NSW 2026地図で見る
Web:http://www.gelatomessina.com/au/

まだまだあるボンダイビーチの楽しみ方!

ボンダイマーケット

Bondi Beach Public Schoolのグラウンドで毎週日曜日午前9時から午後4時まで開催されるボンダイマーケットは、シドニーの新進気鋭なデザイナーがデザインする洋服やハンドメイドの小物やアクセサリー等が売られている市場です。ここなら、あまり出回ってないオシャレなお土産がゲットできるかもしれません。

  • 写真:Yuri_etoileビーチの絵が描かれているコースター。
  • 写真:Yuri_etoileカワイイ手作りソープはお土産にぴったり!
  • 写真:Yuri_etoileボンダイマーケット。
  • 写真:Yuri_etoileボンダイマーケットのフードコート。生演奏を聴きながら食べられます。
ボンダイマーケット
シドニー / 市場・朝市
住所:Campbell Pde, Bondi Beach, NSW 2026地図で見る
電話:(02) 9315 7011
Web:https://bondimarkets.com.au/

ボンダイのサーファールックBetween the flags

ボンダイらしいサーファールックの洋服をお土産に買うならココ、Between the flagsがおススメです。Tシャツやパーカー等ボンダイの文字やビーチが描かれており、パステルカラーでカワイイ洋服やビーチ小物が並んでいます。

ボンダイビーチには、パビリオン内とCampbell Parade沿いに二店舗あります。

  • 写真:Yuri_etoileボンダイビーチっぽい物が手に入ります。
  • 写真:Yuri_etoileボンダイパビリオン内のBetween the flags。
  • 写真:Yuri_etoileビーチバッグやビーチタオルはとってもカワイイ!
Between the flags/ボンダイパビリオン店
シドニー / ファッション
住所:Shop 2 Queen Elizabeth Drive, Bondi Beach, NSW 202地図で見る
Web:http://betweentheflags.com.au/
Between the flags/Campbell Parade店
シドニー / ファッション
住所:Shop 8 152 Campbell Parade, Bondi Beach, NSW 2026地図で見る
Web:http://betweentheflags.com.au/

オーストラリアといえばBBQ!ビーチでBBQをしよう!

オーストラリアのビーチ沿いには無料のBBQ台がある場合が多く、ボタンを押すだけでコンロが温かくなるので火おこしの手間もありません。

ボンダイビーチにはノース側に2つBBQ台がありますが、土日は早めに行って場所取りすることをおススメします。食材はBBQ場の近くにあるスーパーのWoolworthsで調達できます。コンロは使用後洗わない人が多いので、衛生上、コンロの上にアルミホイルを敷いて食材を焼いた方がいいかもしれません。

  • 写真:Yuri_etoileボンダイビーチ北側にあるBBQ施設。順番待ちや譲り合いしながらみんなで使いましょう!
ボンダイビーチ BBQ場
シドニー / アウトドア・スポーツ
住所:65 Ramsgate Ave, North Bondi NSW 2026地図で見る
ウールワース ボンダイビーチ店
シドニー / スーパーマーケット
住所:184-186 Campbell Parade, Bondi Beach NSW 2026地図で見る

最後に

シドニー人気No.1のボンダイビーチで、オーストラリアのビーチカルチャーに触れてみてはいかがでしょうか。

  • 写真:Yuri_etoileボンダイビーチのサンセット。
行き方は、主に以下の2通り:

●シドニー「Central駅」もしくは「Town hall駅」から、電車T4ラインに乗車。
 15分程で到着する「Bondi Junction駅」で下車し、バスNo.380、381、333に乗り換え。
 15分程で到着するバス停「Campbell Pde near Lamrock Av」もしくは
「Campbell Pde near Hall St」で下車。

●「Museum駅」からバスNo.380、333に乗車。
 30分程で到着するバス停「Campbell Pde near Lamrock Av」もしくは
「Campbell Pde near Hall St」で下車。
ボンダイビーチ
シドニー / ビーチ
住所:Bondi Beach, NSW 2006 Australia地図で見る

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...


一度は行ってみたいシドニーの素敵すぎる図書館3選

シドニーを訪れたら定番の美術館や博物館もいいですが、趣向を変えて図書館を訪れてみるのはいかがでしょうか。歴史を感じさせる荘厳なものから、近代的でオシャレなものま...

オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...


【シドニー】セレブな街モスマンのバルモラルビーチとグルメスポット

シドニーのビーチといえばボンダイビーチやマンリービーチが有名ですが、素敵なビーチはその二つだけではありません。高級住宅地モスマンにあるバルモラルビーチは観光客に...

この記事を書いたトラベルライター

オーストラリア在住フォトグラファー
オーストラリア、シドニー在住!
シドニーのビーチと自然とカフェ文化に惚れ込んで気付いたら4年経ってました!
シドニーと日本でバリスタの経験があり、シドニーの美味しいコーヒーを毎日飲んでいます。カワイイカフェ巡りと写真を撮ることが大好きで、洋服を買うよりカメラ機材や旅行費にお金を費やしています。フォトジェニックな風景やカフェの写真を撮って、できるだけ沢山の写真を記事に載せる予定です。またフォトスポットや写真撮影のコツ等もお伝えできればと思っています。
海外旅行はアフリカや南米、ヨーロッパなど28ヶ国制覇!シドニーやオーストラリア国内のみならずその他海外旅行についても書いていくので、よろしくお願いします!

在住者オススメ!女子ウケもするオーストラリアのカワイイお土産8選

オーストラリアのお土産と言えば、ティムタムやひっつきコアラが有名。またお土産屋さんには、コアラやカンガルーやアボリジニーアートをモチーフにしたキーホルダーやTシ...

2泊3日で周遊可!ニュージーランド北島のおすすめ観光スポット6選

南北二つに分かれる島国ニュージーランドは、自然の雄大さから映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地として至る所で撮影がされており、中でも北島にはかわいいホビット...


オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...

シドニーの人気観光名所のワンランク上のフォトスポット15選

観光名所を訪れたらほとんどの方が必ずすることといえば写真撮影!その土地のランドマークを写真に収めるべく、観光名所では多くの観光客がカメラや携帯電話で写真を撮って...


【オーストラリア】人気ビーチリゾート地ヌーサと世界遺産フレーザー島

ヌーサはオーストラリアの東海岸ブリスベンから車で90分で行ける、サンシャインコーストの北側に位置するビーチリゾートです。日本人にはまだあまり馴染みがありませんが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?