チェンマイからたった3時間!バックパッカーの町パーイに行こう

137

view
   2017年1月10日更新

タイ旅行で自然を楽しみたい時、どんな場所に行こうと計画しますか?第二の都市チェンマイも緑はありますが、市内は観光する場所も多く、のんびりするより忙しく遊んでしまいますよね。そこで、そんな喧噪から逃れたい時におすすめな町、パーイのご紹介です。

チェンマイ市内からはミニバンで!

  • ミニバン

パーイはタイ北部のメーソンホン県というところにあり、チェンマイからは飛行機か車での移動になります。飛行時間は30分ですが、待ち時間や金額を考えると車移動が断然お得です。

  • パーイ行きのバス停

チェンマイ旧市街のチャンプアック門にほど近いバス停からバスとミニバンが出ています。バスはエアコンがないとのことですので、暑い時期に行く場合はミニバンが良いでしょう。1時間に1本出ており乗り込むだけなのですが、確実に席を確保したい場合は予約もできます。金額は片道150バーツ(450円ほど)です。

PREMPRACHA TRANSPORT
URL:http://premprachatransports.com/
チェンマイバスターミナルはこちら
  • バス停にあるトイレ

途中で休憩がありますが、事前にトイレに行っておくことと、急カーブがたくさんある上にけっこう飛ばすので、酔い止めを飲んでおくことをおすすめいたします。ちなみにバス停も休憩所もトイレは有料(3バーツ=10円ほど)です。

休憩所の様子。ここで食事もできますが、せっかくなので現地まで我慢しましょう。運転手は何分休憩するか言ってくれないので、周りの動きに注意する必要があります。

パーイの良いところ①豊かな川とその周辺の宿

パーイには「パーイ川」という大きな川が流れています。静かでとても落ち着けるので、座り込んでのんびりしている観光客をちらほら見かけます。

そして川の周りにはすてきな宿が並んでいます。写真は筆者が今回利用した「Pai Zen Jam River Hostel & Campground」で、パーイのバス停があるウォーキングストリートからは歩いて10分ほどです。敷地内には受付兼バーがあり、部屋でのんびりするだけでなく、他の滞在客と語り合うこともできます。

  • バンガロー
  • バンガロー内部
  • テント

このように大人2人用のバンガローや、1~8人用のテント、6人まで泊まれるドミトリーなどが選べ、料金は4~19ドルとお手頃です(詳細はBooking.comをご覧ください)。※HPにはクレジットカードでの支払い可能と記載がありますが、筆者が滞在した時は現金のみの受付でした。

パーイのよいところ②ウォーキングストリート

  • ウォーキングストリート

パーイは小さいながらも、かわいいお店がぎっしり詰まっている面白い場所です。かつては山岳民族が住む小さな町でしたが、1997年頃から欧米人バックパッカーが集まるようになりました。

そのためウォーキングストリートの中は、白人観光客が多くて少々驚いてしまうくらいなのですが、そんな客の要望に応えて西洋料理を楽しめるお店がたくさんあります。タイの田舎にいるのに不思議な気持ちになる瞬間です。

  • 夜のウォーキングストリート

夜になってもたくさんの人であふれています。昼間はレンタルバイクがたくさん通りますが、夜間は歩行者天国になるので、のんびり散策ができます。

  • BLAH BLAH BAR

バーもたくさんあるので、お気に入りの一店を見つけたいところですね。こちらはちょっと珍しい「BLAH BLAH BAR(ブラーブラーバー)」というパンクロックがかかるお店です。

パーイのよいところ③ユニーク&絶品な屋台料理

  • フライドサンドイッチ

タイは屋台天国ですが、パーイのウォーキングストリートにあるフライドサンドイッチはなかなか見かけません。スイートチリをつけていただくという、東洋と西洋を完璧に融合させたタイ人の発想力には驚きです。そしておいしい!

  • 豚肉と卵の蒸し焼き

タイでは「ネーム」と呼ばれる発酵豚肉を使ってソーセージを作ったり、このように卵と一緒にバナナの葉で包んで蒸し焼きにします。通常納豆のような香りが強いのですが、こちらの屋台のものはさほどくせがありませんでした。

こちらは、おそらくそうめんのような米麺のカノムチンです。にんにくが効いていて、非常に美味でした。量も少なめなので、軽くお腹が空いた時によいですね。

パーイのよいところ④白い大仏

パーイにも観光名所がいくつかあるのですが、景色も含めておすすめなのがこちらの大仏。Wat Phra That Mae Yenという寺で、「Temple on the Hill(丘の上の寺)」とも呼ばれています。

レンタルバイクやタクシーを利用し訪れることができますが、長い階段があるので、ここから先は自分の脚を使うしかありません。

そして苦労して上った暁には、このような美しい景色を見ることができます。

田舎ならではのこんな風景も

なんとコンビニで犬が並んでいました。かわいいお客さんも連れ出されることがない田舎町パーイ、タイ北部旅行の際にはぜひ足を運んでみてください。

パーイ

タイ / 町

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月29日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
散歩とおいしいご飯

散歩をしながら、おいしいものや面白い場所を見つけることに喜びを覚えます。
現在タイ語の勉強中で、タイ料理屋でタイ人にタイ語で完璧に注文することが目下の目標です。
地元にいても旅行中でも、ふらりと歩いてみつけた貴重な情報をたくさんご紹介できたらと思っております。

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!