心に残るふじ絵巻!栃木「あしかがフラワーパーク」で感動体験

3,391

view
   2017年4月4日更新

万葉集にも歌われている日本古来の花木、藤の花。その藤の花をシンボルツリーとしているフラワーパークが、栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」です。2014年には、アメリカCNNテレビが選出した『世界の夢の旅先10か所』で、日本から唯一選ばれました。世界的にも有名になったあしかがフラワーパークのふじ絵巻で、あなたも感動体験しませんか?

あしかがフラワーパークの歴史

1968年に栃木県足利市で開園した早川農園は、当時から「250畳の大藤」として有名でしたが、都市開発の為、1997年に現在の場所に移設。同時に「あしかがフラワーパーク」としてオープンしました。

  • 藤とつつじのコラボ

この地が湿地帯だったため、炭を敷き詰め、土壌の浄化を行いました。当時樹齢130年だった大藤の移植は、前例がありませんでしたが、日本で初めての成功例となったのです。

あしかがフラワーパークのシンボル「藤」

日本の女性樹木医第一号である、塚本こなみ氏によって移植された大藤は4本。野田九尺藤3本と八重黒龍藤1本でした。

  • 大藤

移送植栽した10年前、72㎡だった藤棚も、今日では10倍以上の1,000㎡にも拡がり、その中の80mにおよぶ白藤のトンネルは、栃木県の天然記念物に指定されています。

藤の花の見ごろ

藤の花が見頃を迎えるのは、4月中旬から。それから1ヵ月間は 「ふじのはな物語~大藤まつり~」 が開催され、全国各地からにとどまらず、世界中から多くの観光客が訪れています。藤の花といえば、思いつくのが紫色ですが、他にもさまざまな色があるのをご存知ですか?薄紅色に白、黄色まであるのです。

  • きばな藤

咲く順序は、日本を代表する原種・野田藤を皮切りに、薄紅藤、むらさき藤、長藤、八重の藤、白藤と順繰りに花が咲き、最後は、日本では栽培が難しいと言われている、きばな藤へと続きます。

  • 藤トンネルの足元にはポピー

藤棚にもいろいろあり、80mにも渡って続く藤の花のトンネル、スクリーン仕立ての藤棚など、様々な形で藤の花を鑑賞できるようになっています。

藤以外の園内の見どころ

あしかがフラワーパークでは、藤の花以外にもたくさんの花が咲き乱れており、1年を通して季節を感じられます。

  • ハナミズキ

花の見せ方もいろいろ工夫されており、池に映る水鏡効果を利用したり、足元から頭上まで、様々な花で作りこまれている園内は、どこを向いても花で一杯です。

  • サボテンや多肉植物が勢ぞろい

また、園内には花売り場も設置されており、花や木の苗、アレンジバスケット、人気のサボテンや多肉植物なども揃っていますので、お帰りの際はお見逃しなく。

夜の藤棚も見逃せない!

「ふじのはな物語」開催期間中は、夜のライトアップも楽しめます。昼間とは違った妖艶な藤の姿をぜひご覧下さい。

ちなみにあしかがフラワーパークでは、10月下旬より開催されるイルミネーションが、夜景コンベンションビューロー認定の関東三大イルミネーションに選ばれています。

2016年には、全国4,800名の夜景鑑賞士が選ぶ全国イルミネーションランキングにおいて、イルミネーション部門で全国1位を獲得しています。こちらも魅力的なイベントです。

2017年あしかがフラワーパーク【ふじのはな物語】概要

開催期間

2017年4月15日(土)~5月21日(日)

昼の部 開園時間

7:00~18:00

昼の部 入園料

大人900円~1,700円 / 小人500円~800円(花の咲き具合により変動)

ライトアップ期間

4月22日(土)~5月14日(日)

夜の部 開園時間

17:30~21:00

夜の部入園料 

大人600円~1,400円/小人300円~700円(花の咲き具合により変動)

あしかがフラワーパーク

栃木 / 公園・動植物園 / 観光名所

 

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
お出かけ、食べることが大好き!

日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!