ウラジオストク
ウラジオストク観光
日本から最も近いヨーロッパの都市

【ロシア・ウラジオストク】空港でもロシア料理を楽しもう!「Cafeteria Flight」

取材・写真・文:

東京在住

2017年6月6日更新

7,349view

お気に入り

写真:Emily

日本から約2時間弱で行ける、日本から一番近いヨーロッパの都市「ウラジオストク」。ウラジオストク空港はとてもコンパクトで、地上階にカフェやピザ屋さん、韓国料理を出すお店などの飲食店が集中しています。しかし、せっかくロシアに滞在しているのだから最後の最後までロシア料理を楽しみたいですよね。今回はウラジオストクの空港の構造をご紹介しながら、空港内の「隠れ家」的なロシア風カフェテリア「Cafeteria Flight」をご紹介します。

この記事の目次表示

ウラジオストクのおすすめツアー
◆◇日本からわずか2時間半!ウラジオストク◇◆…━市内唯一の5つ星!観光にも便利な『ロッテ』指定━…[朝食&日本語係員の送迎付]3日間
87,800円~143,800円
◆◇家族応援プラン大人2名様+子供1名~2名様利用限定◇◆…━わずか2時間半のフライト!日本から一番近いヨーロッパ━…[サンライズアパートメンツ指定/日本語係員の送迎付]4日間
92,800円~122,800円
◆◇家族応援プラン大人2名様+子供1名様限定◇◆…━わずか2時間半のフライト!日本から一番近いヨーロッパ━…[ゼムチュズィナホテル指定/朝食&日本語係員の送迎付]4日間
102,800円~133,800円

ウラジオストク空港について

空港1階にはお土産屋さん、カフェがあります

  • 写真:Emily

空港は2階構造です。到着ロビーとチェックインカウンターがある1階にはマトリョーシカなどの民芸品を売るお土産屋さん、シーフードや肉製品を販売するお店、ちょっとしたものが買えるコンビニのようなお店があり、飲食店としてはカフェやピザショップ、韓国料理を出すお店があります。

空港2階にも小さなショップがあります。

搭乗ゲートへはエレベーターを使って2階へ。この2階には日本・韓国のものを売っているショップ、郵便局、小さなカフェがあります。

  • 写真:Emily2階にはROYCEが!このお隣にあるお店には日本のお菓子がたくさんありました!

出国審査後

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

出国審査後は免税品店と小さなコーヒーショップとカフェが1軒ずつあるだけなので、空腹を満たすのは出国審査前の方がいいでしょう。

ロシア料理を最後の瞬間まで食べたい!そんな時は…Cafeteria "Flight"へ

実は、このCafeteria Flightは地上階ではなく地下1階にあります。空港入って向かって右側に進みましょう。すると、看板が見えてきます。

  • 写真:Emily

エレベーターか階段を使って地下1階へ。(ちなみに、ロシアでは地上階はEで表し、地下はUで表します。地下1階はU1)。地下1階に着くと、少し薄暗く、静かなので不安になりますが、カフェテリアへの道順は床に矢印が貼られているので、それに従って進むとCafeteria Flightに着きます!

  • 写真:Emily

店内はとても広く、ソファー席もあるのでゆっくり過ごせます!

このカフェテリア、地下にあるということでやはり目立たないのか、あまりお客さんがいない、隠れ家的穴場です。

  • 写真:Emily

筆者が訪れたのは午前中でしたが、お食事中のお客さんは2組のみ。とっても静かに過ごせます。

ロシアのカフェテリアはおしぼりはありませんが…

  • 写真:Emily

ロシアのカフェテリアではおしぼりはありませんが、手を洗うところがあるのが普通です。手をきちんと洗ってからお食事ができるのがロシアのカフェテリアなんです。

まずは前菜からとりましょう。

  • 写真:Emily

食事はセルフで選ぶスタイル。トレーやフォークヤスプーンを最初に取り、進んでいきます。前菜・スープ・メインの順に並んでいます。

  • 写真:Emily

ロシアで一番ポピュラーなのがビーツのサラダ。もちろん、このCafeteria Flightにもあります。

スープやメインはスタッフに言って取ってもらいます。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

スープやメインはスタッフに指差しでオーダーします。主なロシア料理のメイン料理は以下の通り、お値段もお手頃です。

  • ビーフストロガノフ 185ルーブル(約370円)
  • グヤーシュ 173ルーブル(約340円)
  • ボルシチ 132ルーブル(約260円)
  • ロールキャベツ 155ルーブル(約310円)
  • チキンカツレツ 153ルーブル(約300円)
  • 茹でた蕎麦の実(ロシア人にとっては主食の一つです) 44ルーブル(約90円)
  • マカロニ 44ルーブル(約90円)
  • マッシュポテト 44ルーブル(約90円)
  • 写真:Emily朝食時のみ卵焼きとソーセージのセットもあります。95ルーブル(約190円)。

(ちなみに出国審査後にあるカフェのサンドイッチは230ルーブル/約460円でしたので、こちらのCafeteria Flightの方がお財布にもお手軽に食事を楽しめます)

味はもちろん、とても美味しい!

今回筆者はボルシチとロールキャベツをいただきました。

  • 写真:Emily

この2品で287ルーブル(約580円)。ボルシチはボウルが大きく、この1杯とパンだけでも女性なら十分お腹いっぱいになる量です!具もたくさんで満足。

  • 写真:Emily

そしてロールキャベツはロシア風にご飯粒が入っており、スープのベースはコンソメトマトです。こちらも美味しかったです。

ぜひ、ロシアを離れる最後の瞬間までロシア料理を楽しもう!

以上、ウラジオストクでロシア料理が食べられるお店の紹介でした。一見見つけにくいカフェテリアですが、ぜひ、地下まで降りておいしいロシア料理を楽しんでくださいね。

  • 写真:Emily
カフェテリア フライト
ウラジオストク / カフェ・喫茶店 / 洋食・西洋料理
住所:ウラジオストク国際空港内 地下1階, RUSSIA, Artem Str. Port 41地図で見る

ウラジオストク旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばウラジオストクのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でウラジオストクのすべてのツアーをみる>>

ウラジオストクの旅行予約はこちら

ウラジオストクのパッケージツアーを探す

ウラジオストクのホテルを探す

ウラジオストクの航空券を探す

ウラジオストクの現地アクティビティを探す

ウラジオストクのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...


【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【オーストリア・ウィーン】宮殿の味!ターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」

オーストリア料理の名物と言えば、薄くて大きい「ウィーン風カツレツ」でしょうか。しかし、「ターフェルシュピッツ」という料理も名物中の名物!日本ではなじみのない名前...

【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?