愛知
愛知観光
車産業が栄える、独自の食文化が根付く地域

癒しとアートの島【愛知・佐久島】を徹底解説!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:26都道府県

2018年8月11日更新

1,021view

お気に入り

写真:あやか

愛知県西尾市は、愛知県中央部を北から南へ流れる矢作川流域の南端に位置します。抹茶の産地として、また「三河の古京都」として知られています。そんな西尾市にある有人島・佐久島が、アートの島として近年話題となっています。町おこしの一環として島全体がアート作品で溢れる佐久島は、女子旅やカップルなど若い人に大人気です。今回はその歴史やアート作品など、佐久島を徹底解説します。

この記事の目次表示

佐久島ってどんな島?

佐久島の地理

愛知県にある3つの有人島は、全て三河湾内に位置しています。その中でも佐久島は最大の島で、人口252人、面積は173ヘクタール、東京ディズニーランドの約3倍の広さを誇っています。島の80%以上が里山で、豊かな自然と昔ながらの懐かしい集落の風景が見られます。

  • 写真:あやか佐久島西港近く「日本の原風景が残る島」

信号機もコンビニもなく、ゆったりとした時間が流れる離島です。

佐久島の由来

崇神天皇の時代(紀元前1世紀)、伊勢の斎宮の郷に作彦という臣がいました。伊勢志摩の島を見回るついでに佐久島を訪れ、その景勝を気に入りなんと移り住んだのだそう。移り住んだ佐久島で、農業を始めたことから「作農」と呼ばれるようになったと伝えられています。

文献の中に初めて「佐久島」の名前が出てくるのは、藤原京の時代(7世紀後半)です。藤原宮跡から、土地の産物を献上した際の荷札に「佐久嶋」と書かれた木簡が出土したのだとか。更に8世紀の奈良時代には、平城京跡から出土した木簡に「析嶋(さくじま)」の名が見つかっています。

※木簡…古代の東アジアで墨で文字を書くために用いられた短冊状の細長い木の板のこと。

佐久島の歴史

今から2,500万年前に海中で堆積した島です。人が住むようになったのは紀元前3,000年ごろと言われています。

石垣の地層からは、縄文土器の破片や1世紀〜3世紀にかけて作られた様々な様式の弥生式土器なども多数出土しており、その歴史の古さが伺えます。江戸時代には、海を生活の場としていた海部(あまべ)族の末裔たちにより、海運業が繁栄しました。八日講(ようかこう)祭りや西の盆踊りなどは、その頃の佐久島独自の文化を今に伝える歴史ある行事なのです。

※八日講祭り…鬼に見立てた八角凧を弓矢で射ることで邪悪を祓い幸福を願う古式ゆかしい神事のこと。
※西の盆踊り…400年の伝統を誇る夏のお祭りのこと。

  • 写真:あやか佐久島

また、1954年(昭和29年)に佐久島は一色町に編入合併し、2011年(平成23年)4月には一色町は吉良町、幡豆町と共に西尾市に編入合併されました。

隅から隅まで!佐久島を遊びつくそう!

インスタ映えと話題に!アート作品を楽しむ

温暖な気候と豊かな海の幸に恵まれ、江戸時代には海運業で栄えた佐久島ですが、1947年(昭和22年)の1634人をピークに人口は減り続け、島の発展は長らく阻まれてきました。

アートを軸とした島おこしがスタートしたのは、1995年(平成7年)の国土庁(現在の国土交通省)の視察がきっかけです。それ以来、島民と行政とが手を取り合って島の産業、地域文化、自然環境、景観などを活用した、さまざまな活動を展開しています。また、小・中学校との連携によって、子どもたちが積極的に活動を担っていることも佐久島の大きな特徴です。

佐久島アートの常設展示は24点(2018年7月現在)あり、佐久島アート・ピクニックと題して、スタンプラリーを展開しています。

  • 写真:あやか佐久島アート・ピクニック スタンプラリーの用紙
  • 写真:あやか佐久島体験マップ

スタンプラリーの用紙や佐久島のマップは西港休憩所等にあるので、観光する前に取りにいきましょう。

  • 写真:あやか佐久島 西港休憩所 外観

ちなみにスタンプラリーを制覇すると、ステキな商品が貰えるのだとか。

展示されているアート作品の中で、若い女性やカップルなどに特に人気の作品や、筆者が見学した中で良かったと感じた作品を以下で紹介したいと思います。

西港休憩所
愛知 / その他スポット
住所:愛知県西尾市一色町佐久島,西港地図で見る

「おひるねハウス」南川祐輝/2004年(2014年再制作)

石垣(しがけ)海岸にある、「おひるねハウス」は特に人気の作品です。連休などは観光客も多いため、写真を撮るために並ぶこともしばしば。

  • 写真:あやか「おひるねハウス」南川祐輝/2004年(2014年再制作)

作品の黒色は、西集落の黒真珠と言われる黒壁がモチーフとなっています。2010年公開の劇場版『名探偵コナン 天空の難破船』にも登場しており、劇中でコナンと怪盗キッドが遊びに来てくれたのだとか。インスタ映え間違いなしの作品です。

おひるねハウス
愛知 / その他スポット
住所:愛知県西尾市一色町佐久島地図で見る
Web:http://www.sakushima.com/about/art/ohirune.php

「カモメの駐車場」木村崇人/2005年制作

大浦海水浴場にある作品が「カモメの駐車場」です。

  • 写真:あやか「カモメの駐車場」木村崇人/2005年制作

風の島である佐久島では、風にたくさんの呼び名があります。東風は「こち」、南風を「まぜ」などと呼ばれており、この作品は風を見るための装置なんだとか。装置にしてはとっても可愛くて、思わず写真を撮りたくなってしまう作品です。

カモメの駐車場
愛知 / その他スポット
住所:愛知県西尾市一色町佐久島地図で見る

「イーストハウス」南川祐輝/2010年制作

大島浅橋ポケットパークにある作品が「イーストハウス」です。

  • 写真:あやか「イーストハウス」南川祐輝/2010年制作

「おひるねハウス」を制作した南川祐輝氏がこちらの作品も制作しています。東地区にある東屋なので「イーストハウス」と名付けられました。対岸に見える「おひるねハウス」とは対照的な白い箱で、階段から屋上に上がることもできます。そしてこのようにとっても長いんです。

  • 写真:あやか実はこーんなに長い「イーストハウス」

歩いてみたり、登ってみたり…。そして、覗いてみたり…。

  • 写真:あやか「イーストハウス」の中の様子

こちらもインスタ映え間違いなしな作品となっています。

イーストハウス
愛知 / その他スポット
住所:愛知県西尾市一色町佐久島地図で見る

「佐久島の秘密基地/アポロ」POINT(長岡勉、田中正洋)/2013年制作

筒島手前にある作品が「佐久島の秘密基地/アポロ」です。

  • 写真:あやか「佐久島の秘密基地/アポロ」POINT(長岡勉、田中正洋)/2013年制作

木々のトンネルを抜けて渥美半島を見渡す崖の上にある建築作品で、イメージはアポロ11号の月面着陸。小さな建物ですが、たくさんの異なる風景を見ることができます。山道を抜けたところにあるので、少し歩きますが是非見に行ってほしい作品です。

佐久島の秘密基地/アポロ
愛知 / その他スポット
住所:愛知県西尾市一色町佐久島,佐久島の秘密基地地図で見る

「すわるとこプロジェクト」名城大学理工学部建築科 MIURA LAB/2008年制作

「カモメの駐車場」と同じく大浦海水浴場にある作品が「すわるとこプロジェクト」です。

  • 写真:あやか「すわるとこプロジェクト」名城大学理工学部建築科 MIURA LAB/2008年制作

座ったり、寝転がったり、のんびり景色を楽しむための作品で、他にも3ヶ所あります。残念ながら2018年8月現在修理中。

  • 写真:あやか「すわるとこプロジェクト」残念ながら修理中……

作品の修理が終わり次第、皆さんも座ったりのんびりして過ごしてみてはいかがでしょうか。

すわるとこプロジェクト
愛知 / その他スポット
住所:愛知県西尾市一色町佐久島,すわるとこプロジェクト地図で見る

「ノンとビリーだ」松岡徹/2003年制作

フラワーロード沿いにある作品が「ノンとビリーだ」です。

  • 写真:あやか「ノンとビリーだ」松岡徹/2003年制作

こちらはのぞき箱の作品。ノンとビリーは、ヤギの名前です。ノンとビリーは実際に、フラワーロード沿いにある小屋で飼われています。

  • 写真:あやかヤギのノンとビリー

ノンとビリーにおやつをあげることも可能です。

  • 写真:あやかノンとビリーにおやつをあげることもできます!

注意事項をよく読んで、おやつをあげてみてはいかがでしょうか。

ノンとビリーだ
愛知 / その他スポット
住所:愛知県西尾市一色町佐久島,ノンとビリーだ地図で見る
フラワーロード
愛知 / 町・ストリート
住所:愛知県西尾市一色町佐久島,フラワーロード地図で見る

次のページを読む

愛知の旅行予約はこちら

愛知のホテルを探す

愛知の航空券を探す

(県営名古屋空港)

(中部国際空港)

愛知のパッケージツアーを探す

愛知の現地アクティビティを探す

愛知のレンタカーを探す

愛知の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【東海】JR東海「青空フリーパス」の買い方・使い方&使って行きたい観光地を紹介

「青空フリーパス」はJR東海が販売しているお得な切符です。6つの県にまたがって使用可能で、かなりオトクな価格であることから、東海圏を観光する際にはオススメです。

【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...


なごやめしが味わえる「金シャチ横丁」登場!名古屋城5つの見どころ徹底ガイド

尾張徳川家の居城として400年以上にわたって人々に親しまれてきた名古屋のシンボル・名古屋城。2018年6月に完成公開を迎える本丸御殿とあわせて、2018年3月2...

【近畿】2府3県をお得に旅行「近鉄週末フリーパス」の買い方・使い方

「近鉄週末フリーパス」は近畿日本鉄道が販売している、金・土・日か土・日・月の3日連続で近鉄が乗り放題になるお得な切符です。この切符を使って、近鉄でお得に旅行する...


愛知を遊び尽くす!おすすめの観光スポット17選

日本第2位、第3位の大きさを誇るふたつのテーマパークをはじめ、愛知県には楽しくて思いっきり遊べるレジャースポットがたくさんあります。また金のシャチホコで有名な「...

この記事を書いたトラベルライター

学芸員トラベラー
学生時代は日本史を専攻。ごく普通の会社員勤務を経て、現在は博物館・歴史関係のお仕事をしながら、カメラ片手に大好きな旅を続けています。
近場の日帰りから海外まで旅の種類は幅広いですが、日本国内が多め。
韓国語をマイペースに勉強中です。

【旅の主なキーワード】
博物館、美術館、水族館、歴史、城、アート、カフェ、海、島、温泉、絶景、韓国や北欧に関連するスポット

【訪問エリア】
海外:韓国、フィンランド、スウェーデン、グアム
国内:26/47

取材依頼もお待ちしております!

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

鎌倉女子旅で行きたいおすすめの観光スポット&グルメ7選

神奈川県の三浦半島西側の付け根に位置する鎌倉市。神社仏閣などの多くの歴史的遺産があり、海、山などの豊かな自然環境に恵まれた鎌倉は、神奈川県の定番の観光地として国...


金沢に行ったら絶対飲みたい!食べたい!買いたい!おすすめ10選

2015年、東京~金沢間の北陸新幹線が開通して以来、ますますアクセスが便利となり、観光地として人気を集めている石川県金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など金沢市...

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【静岡】伊豆高原ドライブで行きたい!おすすめ観光スポット&グルメ5選

手付かずの自然が沢山残っている静岡県伊豆高原エリア。東京都内から近く、車があれば、気軽に楽しめる観光地として有名です。もちろん日帰りでも観光は十分可能。今回は、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?