秋田
秋田観光
東北一の日本酒生産量をほこる一大米どころ

美容・縁結び祈願にも♡伝説の美女・たつこ姫が眠る「田沢湖」のおすすめ観光ガイド!

取材・写真・文:

ニュージーランド在住

2016年11月18日更新

2,213view

お気に入り

秋田観光の定番スポット「田沢湖」。日本一深い湖として知られ、「田沢湖ブルー」と呼ばれる瑠璃色の湖面が美しい場所です。湖畔には美女伝説をモチーフにした「たつこ像」や、たつこ姫を祀る神社があり、美容や縁結び祈願のパワースポットとしても人気。ここでは「田沢湖」の見どころやオススメの歩き方、周辺の観光スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

田沢湖とは

  • 写真:mumin田沢湖

秋田県の中東部に位置する湖。周囲20km、水深423.4mと日本でもっとも深い湖として知られ、瑠璃色を基調とした様々な色合いがなんとも魅力的な湖です。この地には「たつこ姫伝説」が語り継がれており、美容や縁結びにご利益のある名所が盛りだくさん。ぜひ湖上アクティビティを楽しみながら、田沢湖を満喫してみてはいかがでしょうか。

''たつこ姫伝説''
田沢湖が田沢潟と呼ばれていた頃、院内にまれにみる美しい娘、辰子がいた。辰子はその美しさと若さを永久に保ちたいものと、密かに大蔵観音に百日百夜の願いをかけた。満願の夜に「北に湧く泉の水を飲めば願いがかなうであろう」とお告げがあった。
辰子は、わらびを摘むと言ってひとりで家を出て、院内岳を越え、深い森の道をたどって行くと、苔蒸す岩の間に清い泉があった。喜び、手にすくい飲むと何故かますます喉が渇き、ついに腹ばいになり泉が枯れるほど飲み続けた。
時が過ぎ、気がつくと辰子は大きな龍になっていた。龍になった辰子は、田沢潟の主となって湖底深くに沈んでいった。

出典:www.city.semboku.akita.jp

田沢湖
秋田 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:秋田県仙北市田沢湖地図で見る
電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)
Web:http://www.tazawako.org/

田沢湖の見どころをチェックしてみよう!

白浜

  • 写真:mumin白浜

田沢湖の玄関口にある、全長約1kmの白浜。以前は「鳴き砂」として知られた砂浜で、その白さから「白浜」と名付けられたそう。現在は音はわからないものの、「石英砂」というカットガラスのような美しい砂粒がキラキラと光を放つ、美しい砂浜です。

田沢湖の白浜
秋田 / ビーチ
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字春山地図で見る
電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

御座石神社

秋田藩主・佐竹義隆公が田沢湖に訪れたとき、腰をかけ休んだことからその名がついた「御座石神社」。たつこ姫が祀られており、美容を祈願する方が多く訪れます。境内には一本の木から7種類の木が育った「七色木」や、たつこ姫が美貌を願って飲んだ「潟頭の霊泉」、たつこ姫が姿を映した「鏡石」などがあります。

御座石神社
秋田 / 社寺・教会
住所:秋田県仙北市西木町下桧木内字相内潟1地図で見る
電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

たつこ像

伝説の美女・たつこ姫をモチーフに建てられたブロンズ像。田沢湖のシンボルです。たつこ像は2009年から2010年かけて放映された韓国ドラマ「アイリス」のロケ地になったことで一躍有名となり、多くのドラマファンが訪れたそう。2016年現在も中国や韓国からの観光客が訪れていましたよ。

たつこ像
秋田 / 観光名所
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字春山地図で見る
電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

漢槎宮(浮木神社)

田沢湖畔、潟尻に建つ「漢槎宮(かんさぐう)」。この地に流れついた浮木を祀っているため、「浮木神社」とも呼ばれます。ここには八郎潟の龍神・八郎太郎と田沢湖の湖神・たつこ姫との恋物語も伝えられており、縁結びのご利益が期待できるといいます。

漢槎宮
秋田 / 社寺・教会
住所:秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻地図で見る
電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

思い出の潟分校

ノスタルジックな雰囲気が漂う、「思い出の潟分校」。昭和49年に廃校となっていた旧生保内小学校潟分校を修復し、一般公開されています。校舎内には当時使われていた古い教科書や文房具などが残され、懐かしい思い出がみつけられます。

  • 見学料(2016年11月現在):200円
思い出の潟分校
秋田 / 建造物
住所:秋田県仙北市田沢湖潟字一の渡226地図で見る
電話:0187-43-0766

田沢湖周遊、おすすめの歩き方

遊覧船

田沢湖をみて回るなら、遊覧船がおすすめ。田沢湖の玄関口・白浜から出航し、御座石・潟尻(たつこ像付近)をまわる湖上クルーズが楽しめます。「潟尻」で途中下車することも可能です(御座石では離着岸しません)。一周40分程。

  • 運賃(2016年11月現在):一周大人1,200円、小人半額(潟尻までは大人750円)
田沢湖遊覧船
秋田 / 乗り物
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字春山148地図で見る
電話:0187-43-0274
Web:https://ugokotsu.co.jp/tazawa/yuransen

ボート

  • 写真:mumin田沢湖マリーン

天気のいい日には湖上ボートも気持ちがいいですよ。乗り場のある白浜周辺だけでなく、時間内なら湖内を自由に周遊できます。

  • 料金(2016年11月現在):ペダルボート30分1,500円〜、手こぎボート1時間1,000円
田沢湖マリーン
秋田 / 乗り物
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢地図で見る
電話:0187-43-1410

サイクリング

時間に余裕のある方は、ぜひ湖畔をサイクリングしてみてはいかがでしょうか。1周約20kmの道のりは、途中休憩をはさんで約2時間でまわれます。軽くサイクリングを楽しみたい方向けに「ちょい乗りコース」もありますので、ぜひ利用してみてくださいね。

  • 料金(2016年11月現在):1日乗り放題・大人1,200円〜、ちょい乗りコース1時間・500円〜
田沢湖レンタサイクル
秋田 / レンタサイクル・レンタカー
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字春山148地図で見る
電話:0187-43-0701

周辺の観光スポットにも行ってみよう!

乳頭温泉郷

十和田八幡平国立公園、乳頭山麓に点在する「鶴の湯・妙乃湯・黒湯・蟹場・孫六・大釜・休暇村」の7つの宿からなる温泉郷。それぞれに異なる源泉をもち、7つの湯めぐりが万病に効くと言われています。ひなびた風情ある昔ながらの温泉宿で、心も身体も癒されてくださいね。

  • 日帰り入浴情報(2016年11月現在):湯めぐり帖1,800円(7湯利用可能、宿泊者限定で販売)
乳頭温泉郷
秋田 / 町・ストリート
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林地図で見る
Web:http://www.nyuto-onsenkyo.com/

刺巻湿原ミズバショウ群生地

広さ約3haの湿地帯一面に咲く、刺巻湿原のミズバショウ。湿地内には遊歩道が設けられ、気軽に花を観賞できます。見頃の4月中旬から5月上旬には「刺巻水ばしょう祭り」が開催され、郷土料理や特産品などが販売されますよ。

刺巻湿原ミズバショウ群生地
秋田 / 自然・景勝地
住所:秋田県仙北市田沢湖刺巻地図で見る
電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

抱返り渓谷

  • 写真:mumin抱返り渓谷

東北の「耶馬渓」と称される秋田の名渓谷。独特の碧い渓流や大小の滝、手彫りのトンネルなど見どころが多く、秋の紅葉シーズンには多くの観光客が訪れます。2016年11月現在コースが短縮され、「回顧の滝」までの約1.5km、片道30分の散策が楽しめますよ。

  • 抱返り渓谷のくわしい紹介記事は、こちらをご覧ください。
抱返り渓谷
秋田 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:秋田県仙北市 田沢湖卒〜角館町広久内地図で見る
電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)
Web:http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/...

角館・武家屋敷

  • 写真:mumin角館

約400年前の歴史ある武家屋敷や、全長約2kmに渡ってつづく桜並木が有名な角館。公家出身の領主により、京文化が随所に散りばめられた町並みは「みちのくの小京都」とも称されます。一年を通じて楽しめますが、オススメは桜が咲き誇る4月下旬から5月上旬頃。

  • 角館の武家屋敷のくわしい紹介記事は、こちらをご覧ください。

いかがでしたか?

周辺には有名な「乳頭温泉郷」以外にも、「田沢湖高原温泉郷」や「水沢温泉郷」、「玉川温泉」など良質な温泉処がそろいます。観光を楽しみながら、ぜひ温泉に浸かって「あきた美人」のような美肌を手に入れてくださいね。

秋田の旅行予約はこちら

秋田のパッケージツアーを探す

秋田のホテルを探す

秋田の航空券を探す

秋田の現地アクティビティを探す

秋田のレンタカーを探す

秋田の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...


【2020】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

2020年初詣におすすめ!【全国47都道府県別】初詣の人出トップ寺社一覧

全国47都道府県ごとに、もっとも初詣客の多い寺社を一挙にご紹介!2020年の初詣は、たくさんの人が新年の開運祈願に訪れる、人気の寺社へ初詣に出かけてみませんか?

【2020】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

【岩手県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

北海道に次いで広い面積をほこる岩手県は、世界遺産の「平泉」をはじめ、リアス式海岸で知られる「浄土ヶ浜」や「龍泉洞」など、歴史的建造物やうつくしい景勝の宝庫!日本...


冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...


お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...

岩手・三陸の景勝地「浄土ヶ浜」で、”青の洞窟”へ行ってみよう!

三陸がほこる、国の名勝「浄土ヶ浜」。まるで浄土のように美しいこの場所には、「青の洞窟」の異名をもつ魅惑のスポットがあるんです。ここでは浄土ヶ浜や青の洞窟の見どこ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?