アンゴラ

【アンゴラ】世界一物価が高い?アフリカ大陸のダイアモンド都市ルアンダ

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2021年8月2日更新

141view

お気に入り

写真:toshel

アフリカの中西部に位置するアンゴラは、2002年の内戦終結後、豊富な地中資源により目覚ましい発展を遂げた国です。特に、首都ルアンダは世界一物価の高い都市として注目されていた時期がありました。この記事では、首都ルアンダの見どころと、世界一高い物価といわれた理由を実際に現地で確認します。

この記事の目次表示

アフリカ大陸の国アンゴラの場所

アンゴラ(正式名:アンゴラ共和国)は、アフリカ大陸の中南部に位置する国です。国土は日本の3倍以上あり、砂漠からサバンナ、熱帯雨林まで有する大自然の宝庫です。

首都は、大西洋沿いのルアンダに置かれています。赤道に近い場所にありますが、寒流のおかげでそれほど暑くなく、一年を通して過ごしやすい気候です。

アンゴラの歴史

先史時代からポルトガル植民地へ

西暦1世紀ごろから、バントゥー系をはじめとする多種の民族が住んでいた現在のアンゴラは、14世紀に北部の民族がコンゴ王国を建国すると、15世紀後半にポルトガルが進出して国交を結びます。そして、のちにアンゴラ南部を奴隷確保の目的で侵略したポルトガルが、アンゴラ一帯を植民地化します。

ポルトガルからの独立と内戦時代

20世紀に入り第二次世界大戦が勃発すると、ヨーロッパ諸国の植民地となっていたアフリカ大陸の国全体に独立機運が高まり、大戦終了後、多くのアフリカ諸国で独立戦争が始まります。

アンゴラも1961年に独立戦争を決起。1975年に悲願を達成し400年におよぶポルトガル植民地時代が幕を閉じたものの、そのまま内戦状態に陥ります。30年近く経った2002年に終結しますが、その間、実に30万を超える地雷が国土全体に埋められました。

内戦終結後の闇と光

地雷撤去作業

アンゴラの国土に満遍なく広がった地雷危険区域は、2007年時点で3,277か所にも及びました。日本は積極的に撤去作業を支援し、2018年までに1,416か所まで減っています。アンゴラ政府は、2025年までの地雷0を目標に掲げ日々地雷撤去に勤しんでいますが、依然として1,000か所以上の危険区域が存在しています。

人を無差別に殺害する目的で、これだけの広範囲に地雷を埋める狂気も相当ですが、それ以上の年月と労力、費用をかけての撤去に、戦争と人間の愚かさを感じずにはいられません。

内戦終結後の目覚ましい発展

一方、豊富な原油やダイアモンドなどの地中資源を背景に、アンゴラは大きく経済発展しました。

  • 写真:toshel

石油生産の急激な上昇によってもたらされた目覚ましい成長率は、2007年に23.4%と世界最高を記録します。

  • 写真:toshel

また、内戦で急激に悪化したインフレ率ですが、2000年以降は順調に低下を続けています。1999年に300%だったインフレ率は、2007年には11.8%まで低下するなど著しい進展を遂げます。

  • 写真:toshel

さらにアンゴラは、ダイアモンドの産出国でもあります。地球上には4,000以上の鉱物が存在していますが、その中でも高価とされる5つの鉱物のうちの一つがダイアモンドです。装飾品として用いられる宝石はもちろん、硬度に優れる側面から工業品として使用されるなど用途が多岐にわたる希少な鉱物です。

  • 写真:toshel

2020年時点でのダイアモンド産出金額上位を見ると、

  • 1位 ボツワナ
  • 2位 ロシア
  • 3位 カナダ
  • 4位 ナミビア
  • 5位 アンゴラ

と、アンゴラは世界で堂々の5位。政府歳入のほとんどが原油とガス、ダイアモンドの3本柱で占められ、アンゴラ経済に貢献する産業の一つです。

  • 写真:toshel

それではこれより、首都ルアンダの様子を観光名所と合わせてご紹介します。

首都ルアンダの中心部

長期に渡った内戦で、破壊された都市部の建物は次々と建て直され、現在は高層ビルの建設ラッシュです。現場のバリケードには中国語が目立ち、一帯一路政策に依存している様子が伺えます。

  • 写真:toshel

Assembleia Nacional(政府機関)

こちらはルアンダの政府機関です。こちらに限らず、政府機関の建物はどれもとても立派で、その外観はまるで宮殿のよう。地中資源などを当てて一時的に大きな収入があると、政府系の建物ばかりがとにかく豪華絢爛になるという典型的な国です。しかし、周辺の一般の建物と明らかに見た目が乖離し、「潤う政府と貧しい国民」という構図が一目瞭然です。

  • 写真:toshel
Assemblela National
アンゴラ / 建造物
住所:Luanda Angola Assemblela National地図で見る

Memorial Agostinho Neto(ネト記念公園)

アンゴラ独立戦争を指導し、独立後に初代大統領に就任した「アゴスティニョ・ネト」の記念碑のある広々とした公園です。ネトは、独立戦争に際して当時のアメリカ大統領ケネディはじめ各国にその目的を訴え、キューバのチェ・ゲバラの支援を取り付けるなど尽力し、独立後はカストロ議長と強い親交を保つなど外交力を発揮しました。

  • 写真:toshel
ネト記念公園
アンゴラ / 公園
住所:Luanda Memorial Agostinho Neto地図で見る

Fortress Sao Miguel(サンミゲル要塞)/世界遺産

下の写真のアンゴラ国旗のふもとに位置する要塞は、1576年に建てられたポルトガル植民地時代の要塞です。奴隷貿易の主要な玄関口ともなりました。現在は、戦車や戦闘車両、武器、大砲が展示された軍隊博物館も併設されています。

  • 写真:toshel

手前の大きな建物はショッピングモールです。

サンミゲル要塞
アンゴラ / 博物館
住所:Fortress Sap Miguel Luanda地図で見る

Museu da Moeda(コイン博物館)

こちらは、街の中心部にあるコイン博物館です。どの国でも、当地通貨の歴史を展示する博物館はありますが、アンゴラのコイン博物館は少し変わっています。

  • 写真:toshel

展示されている通貨には、ポルトガル侵入以前に使われていたカタツムリの殻や貝殻、動物の骨、歯、植物の根で作られた塊が見られます。どうやらそれらを交換手段として使用していたようです。のちにコンゴ王国が発足すると、それらは棒状に成形された塩や石、象牙へとグレードアップします。

日本も、古代は物々交換ながら塩や米が用いられていたこともあり、土地特有の通貨は、その国を知る上でも興味深いです。

コイン博物館
アンゴラ / 博物館
住所:LUanda Museu da moeda地図で見る

次のページを読む

アンゴラの旅行予約はこちら

アンゴラのパッケージツアーを探す

アンゴラのホテルを探す

アンゴラの航空券を探す

アンゴラのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年7月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

行ったことのない国中心の一人旅
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。

車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。

これまで訪ねた183ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

記事は、個人旅行をされる方向けの内容です。

世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国サウジアラビアの珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

世界の危険都市上位?南米ベネズエラの首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります