青森
青森
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

【青森県三沢市】航空機や科学を楽しめる青森県立三沢航空科学館に行ってみよう!

2018年5月19日更新

52view

お気に入り

青森県三沢市を訪れたら立ち寄りたいのが、三沢航空科学館。航空機の実寸大レプリカの展示だけでなく、実際に機内を見学できるようになっていたり、科学を知って楽しめる体験が沢山あります。また、近くには三沢基地・三沢空港があるので、展望デッキから実際の航空機を眺めることもできますよ。そんな親子や友達同士で楽しめる三沢航空科学館について、詳しく紹介します。

三沢市ってどんな所?

三沢航空科学館がある三沢市は、青森県東部に位置してる街です。在日米軍三沢基地が所在している基地の街でもあり、三沢基地航空祭が開催される頃は沢山の人で賑わいます。また、古牧温泉や三沢ビードルビーチ、小川原湖など、市内には様々な観光スポットがあります。

三沢航空科学館へ行ってみよう!

三沢航空科学館は、三沢市に縁のあるミス・ビードル号をはじめ、様々な航空機の展示や、科学を体験できる展示などがあり、大人も子供も楽しめる科学館です。

館内・航空エリアには航空機が沢山展示!

チケットを購入して中に入ると、ミス・ビードル号が出迎えてくれます。ミス・ビードル号は、日本からアメリカ本土まで太平洋無着陸飛行に最初に成功した航空機です。日本の離陸地点は、三沢市にある淋代海岸(さびしろかいがん)で、現地には、飛行を記念したミス・ビードル記念広場などがあり、観光スポットともなっています。

  • 2階から撮影

ミス・ビードル号の展示エリアを抜けると、青森県にかかわりのある航空機が沢山展示されています。

2002年まで実際に運行していた機体や、国産機で初の飛行に成功した機体などを間近で見ることができますよ。

機体だけでなくエンジンや機内も見学できる

普段見ることができない航空機の内側や、エンジンの展示もあります。また、実際に運行していた機体の機内を見学することもできます。

期間限定でゼロ戦21型、十和田湖旧日本陸軍機を展示

航空エリア一番奥の格納庫には、十和田湖に沈んだ旧陸軍の「一式双発高等練習機」や、映画『山本五十六』で使用したゼロ戦21型(レプリカ)が展示されています。

実寸大のゼロ戦や、様々な資料を見ることができるので、訪れた際には足を運んでみるのもいいかもしれません。なお、開催期間が平成31年3月31日(日)までと決まっているので、見学される際には事前に確認の上訪れることオススメします。

特別展示の開催期間・入館料に関する詳細はこちら
※ゼロ戦21型、十和田湖旧日本陸軍機展示は入館料とは別に料金がかかります。

科学ゾーンには親子で楽しめる体験が沢山

2階や、航空機展示エリアの横には科学や航空機について学べる体験型の展示が多数あります。

空気の力で浮上・降下したり、月の重力を疑似体験したり、様々な科学を実際に体験をすることができますよ。フライトシュミレーターもあるので、パイロット気分になって操縦しみるのもいいかもしれません。

このほか科学実験工房も

科学実験工房では、科学実験やワークショップ、サイエンスショーを行っています。お子さんがいらっしゃる方は、ぜひ親子で参加してみてはいかがでしょうか?

科学実験工房:お知らせ一覧

展望デッキからは周辺地域を一望

展望デッキからは、科学館周辺を一望することができます。平日は、三沢基地から飛び立つ航空機を見ることができるそうですよ。

屋外「三沢大空ひろば」には、日米軍用機の実機が展示

屋外には日米軍用機の実機が展示されています。

機体によっては、座ったり、中を見ることができる機体もあるので、記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか?また、屋外には遊具もあるので天気のいい日はここで遊ぶこともできます。

アクセス・入館料

科学館へのアクセス・入館料は下記となります。

入館料

  • 個人:一般 510円 / 高校生 300円 / 中学生以下 無料
  • 団体(20名以上):一般 410円 / 高校生 240円 / 中学生以下 無料 ※団体・グループ等で来館される場合は事前予約がオススメです。
  • 期間限定の企画展は別料金の場合があります。詳しくは公式HPをご確認ください。

アクセス

車またはバスでの移動が便利です。

  • 車:三沢空港から車で6分、三沢駅から車で15分、第2みちのく有料道路 三沢十和田下田ICから車で15分
  • バス:観光施設巡回バスを利用するとお得です。「MISAWAぐるっとバス」運行日は土 / 日 /祝祭日

三沢航空科学館見学を終えて

体験できるコーナーや、航空機に乗ることができる機体が多数あるので、親子や友達同士で楽しめる場所ではないでしょうか。また、展望デッキや、三沢大空ひろばは自由に利用できるので、気軽に立ち寄ることができそうです。ぜひ、三沢市を訪れた際は足を運んでみてください。

三沢航空科学館
青森 / 博物館・美術館
住所:青森県三沢市大字三沢字北山158
電話:0176-50-7777
Web:http://www.kokukagaku.jp/01_museum/01_frame.html

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

地獄と極楽が共存する青森「恐山」観光の見どころも!

本州北の果て、青森県下北半島にある霊場・恐山。死後に訪れるという「三途の川」や「地獄」、「極楽浄土」を彷彿とさせる風景が広がる場所で、実際に行ってみると清々しく...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

【青森県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

本州・最北端にある青森県は、三方を海にかこまれ、中央に八甲田山がそびえる自然豊かな土地。世界遺産の「白神山地」をはじめ、奥入瀬渓流や十和田湖など、一度は行ってみ...

【リゾートしらかみ】に乗って行こう!青森・十二湖散策スポット9選

青森県にある「十二湖」は、33の湖沼とブナ林が点在するエリア。中でも真っ青に透き通る「青池」は絶景スポットとして人気です。そんな十二湖へは、2017年4月1日に...



この記事を書いたトラベルライター

ドライブ好きの自由気ままなトラベラー
はじめまして。空いた時間を利用して、ドライブ旅をよくしています。国内旅行がメインですが、景色がキレイなドライビングスポットや、旅先の楽しい、普段できない体験など、実際に足を運んで感動した・楽しかった旅をご紹介したいと思っています。どなたかの旅の参考になれば幸いです。
http://n-tabi.com/

【新潟県】樹齢90年の美しいブナの森「美人林」を散策するモデルコース

東京から新幹線で70分ほどの場所にある、新潟県十日町市。自然豊かなこの場所は、冬になると3m以上も雪が積もるそうです。そんな十日町市にある、美しいブナ林を散策し...

喫茶店文化が残る盛岡市で訪れたいクラシカルな喫茶店7選

喫茶店文化が残る盛岡市には、地元の人に愛されてきた喫茶店が多数存在しています。そんな盛岡市を旅するなら、街歩きをして喫茶店に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。...

1泊2日仙台で工場見学&ビールと温泉を満喫する旅!

仙台を旅するときに、いつもとちょっと違う体験をしたい方には、キリンビールの工場見学がオススメ!見学後は美味しいビールを試飲し、併設レストランでまたビールを飲み....

弘前観光でオススメ!スカイラインをドライブして岩木山の絶景を見よう

弘前市内にはたくさんの見所がありますが、今回は街の中心部から少し離れた岩木山を紹介します。岩木山に登るには、カーブが69か所も続く津軽岩木山スカイラインをドライ...

田沢湖・角館を旅するなら泊まりたい!美しい里山と古民家に心癒される宿・侘桜

田沢湖や角館へ旅するなら、美しい里山の風景と茅葺き屋根の古民家を堪能できる宿「侘桜(わびざくら)」がオススメです。観光地にも近い山あいに佇む「侘桜」は、古民家を...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?