その他

【夏】花火大会の違った楽しみ方!失敗も楽しい花火写真撮影のコツ☆

2018年8月10日更新

199view

お気に入り

夏の風物詩である花火大会!ただ見るだけでもいいけれど、一眼レフカメラを持っていけばさらに違った楽しみ方ができます!今回はそんな花火大会の撮影方法を、失敗例と成功例を交えて紹介します。

この記事の目次表示

一眼レフで花火を撮影してみよう!

夏の風物詩である花火大会!

屋台で食べ物を買い、みんなでわいわい、夜空に打ちあがる色とりどりの花火を見るのを毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。もちろん、花火を目に焼き付けて帰るのも素晴らしいでしょう。

しかし、花火大会の楽しみ方は一つだけではありません!一眼レフカメラで花火を撮影すると、いつもと違った形で花火大会を楽しむことができます。

花火を撮影するために用意するもの

  • 一眼レフカメラ:メーカーはなんでもOK!お好きなものをお使いください。
  • 広角レンズ(35mm以下):花火撮影ではとにかく幅広く、大きく写せることが大事。さらにズームレンズであると融通が効きます。
  • メモリーカード4GB以上:花火撮影はたくさんの失敗写真もとれるので、余裕のある容量があると嬉しいです。
  • 三脚(あれば):しっかり形を捉えた花火写真を撮影するためには三脚は必須。ただ、三脚がない場合でも後述するように花火の撮影を楽しむことはできます♪

カメラの設定

  • 花火の方を向けて三脚をしっかり固定
  • テスト撮影で花火にピントを合わせておく
  • モードはマニュアル(M)
  • ISO感度は100で固定
  • シャッタースピード(露出時間)は好みに合わせて1/8〜2秒

一見難しそうに思えますが、実は上記を設定してしまえばあとはタイミングを合わせて撮るだけ!なんども失敗しながら、何回か撮っているうちにいいショットが撮れるととても楽しいですよ。

それでは、実際に撮った写真を見ながら、成功例と失敗例を見てみましょう。それぞれ写真の下に(ISO感度:焦点距離:f値:シャッタースピード)を記載していますので、参考にしてみてください。

実際撮影した写真を見てみよう

成功例

成功の秘訣はタイミングを捉えること!

実際シャッタースピードはとても短いので、花火が上がって開き切る前〜終わるまで、何回かシャッターを切ると、その中でいい写真を撮ることができます。

  • タイミングを捉えた成功例(ISO100:f/4.0:22mm:1/8秒)
  • タイミングを捉えた成功例(ISO100:f/4.0:26mm:1秒)

柳のような枝垂れ花火は、少し露出時間を長めにしても綺麗です♪

  • 柳のような花火はシャッタースピード長めでもOK(ISO100:f/11:26mm:2秒)

失敗例

一方、成功したショットもあれば失敗ショットもたくさんできます。気を落とさず、成功ショットを作れるまで、何度もシャッターを切ってみましょう。

  • タイミングを逃した時の失敗例(ISO100:f/4.5:37mm:0.5秒)
  • 露出時間を多くしすぎた失敗例(ISO100:f/5.0:43mm:4秒)

三脚がない…そんな時はアート写真に振りきっても◎

実際、カメラは持ち運べても三脚を持って行くのは重いし大変。。。そんな時でも、カメラ1つあれば手ブレを活用した、現代アートのような花火写真を撮ることもできます!

  • アートな花火写真(ISO100:f/11:42mm:3.8秒)
  • アートな花火写真(ISO100:f/11:21mm:4秒)
  • アートな花火写真(ISO100:f/11:26mm:11秒)
  • アートな花火写真(ISO100:f/11:23mm:4.5秒)

カメラをわざと振ってみたり、何秒間かの間にピントをあえて外したりして、自分なりのアートな写真を撮ってみるのも楽しいですよ。

合成でもっと豪華に

Photoshopなどで写真を合成すれば、ポスターのような豪華な花火写真になります。

こんな豪華な写真は、

  • 完成した花火写真

実はこの3つの写真を組み合わせたものなのです。

  • 組み合わせた写真
  • 組み合わせた写真
  • 組み合わせた写真

おわりに

いかがでしたか?

ちなみに今回撮影したのは新潟県柏崎市の「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」(2018年は終了)。それほど混雑していないので、海辺でゆったり、大迫力の海上花火を楽しむことができるのでおすすめです。

花火大会にカメラを持って行くといつもとは違った見方ができるので、ぜひ試してみてくださいね!

……もちろん肉眼で見るのも忘れずに☆

ぎおん柏崎まつり
新潟 / イベント・祭り
住所:新潟県柏崎市中央海岸一帯
電話:0257-22-0726
Web:http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/kanko/event/7/gi...

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月5日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...

世界35カ国を旅した筆者による海外旅行ミニマム必携グッズ10選!

海外を旅するときには、持っていくものをミニマムにかつ役立つもに厳選したいですよね。スーツケースに入っていたけど結局使わなかったもの、ありませんか?今回は、世界3...

【ロンリープラネット】『地球の歩き方』派にもオススメな4つの理由!

あなたはどのガイドブックを使っていますか? 『地球の歩き方』? 『ことりっぷ』? それともスマホで調べれば十分? それぞれ好みをお持ちでしょう。この記事では、英...

たった一文字のミスで紙切れに!海外航空券格安サイトの怖い落とし穴

今や旅行会社を訪れずとも、自身で旅行手配がオンライン上で可能な時代に。一度は利用したことのある方もいるのではないでしょうか。時間にとらわれず格安で航空券の購入も...

海外旅行の必需品!持っていると便利!あんな物、こんな物20選

海外旅行に出かけるときの必需品。旅先や、季節、人によって様々で、いろいろ個性が出るかもしれませんね。お金とキャッシュカード、パスポートさえあれば、どうにかなる物...



この記事を書いたトラベルライター

Director / Traveler / Photographer
94年生まれ。東京在住。
IT企業の会社員として勤務しつつ、月に1回は東京にいない将来の暮らしを模索するために旅に出る。幼なじみたちと、じもとの元住吉のフリーマガジン「もとすみマニアックず。」を趣味で発行中。
http://dogethegirl.wordpress.com
トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?