淡路島
淡路島観光
四季折々の花に豊富な温泉、そして島グルメ!

【入園無料】日本にもこんな美しいお花畑が!淡路島の「あわじ花さじき」で季節とりどりのお花畑を楽しもう!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:44都道府県

2018年12月28日更新

1,233view

お気に入り

写真:いちまろ夫婦

兵庫県が設立した花の名所「あわじ花さじき」は、淡路島北部の高原地域にあります。広さは約15haととてつもなく広く、淡路島の海を目の前に、お花畑のパノラマを楽しむことができる観光施設として人気です。

この記事の目次表示

あわじ花さじきの概要

  • 写真:いちまろ夫婦

「あわじ花さじき」は、兵庫県淡路島の北部にあるお花畑です。園内は入園無料で、約15haの広大な高原に一面の花畑が広がります。

敷地内には、淡路島の名産品などを取り扱うお土産屋さんや、明石海峡を背景に花のパノラマを見られる小さな展望台もあります。色とりどりのお花を見ながら、自由に過ごすことができるのが魅力のスポットです。

  • 写真:いちまろ夫婦

ちなみに、NHKの朝のドラマ『あさが来た』の最終シーンの撮影場所としても知られている場所ですよ!

季節によって異なる花が咲くのが魅力!

  • 写真:いちまろ夫婦

あわじ花さじきの魅力の一つは、季節によって咲いている花が違うことです。春は菜の花、夏はヒマワリなど、その季節ならではの花が素敵に咲いているので、どの季節に来ても楽しむことができます。

筆者夫婦が訪れたのは11月の秋でしたので、その時期に綺麗に咲いていた花を紹介いたします。

サルビア

  • 写真:いちまろ夫婦

燃えるような赤が美しい「サルビア」は、夏から秋にかけて観賞することができます。ちなみにこの赤いサルビアの花言葉は「燃えるような思い」。

  • 写真:いちまろ夫婦

真っ赤に染まったサルビアを見て、何か皆さんの内側からも燃えるような思いがわいてくるかもしれませんね!写真が好きな方は、上の写真のようにスマホを「ポートレートモード」などにして撮影をするのもお勧めです。

ブルーサルビア

  • 写真:いちまろ夫婦

ブルーサルビアは、あわじ花さじきの代表的なお花で、こちらは秋の期間のみ観賞することができます。赤いサルビアとのコントラストが非常に美しいですね。

  • 写真:いちまろ夫婦

花言葉は「尊敬」「知恵」。空に溶け込むような青い花が、あわじ花さじきの高原を一面に彩ります。

コスモス

  • 写真:いちまろ夫婦

秋の定番の花「コスモス」も、あわじ花さじきで観賞できますよ。一面ピンクのお花畑に、幸せな気持ちになること間違いなし!

  • 写真:いちまろ夫婦

ピンクのコスモスの花言葉は「純潔」。その名の通り、混じりけのない美しさに時間を忘れてしまいます。筆者夫婦のInstagramでも記念写真を載せていますが、あわじ花さじきの綺麗な花畑の前で、ぜひ写真撮影も楽しんでくださいね!

展望台からお花畑を眺める!

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

あわじ花さじきには、高原の中に小さな展望台スペースがあります。ここに立つと、お花畑を一望しながら、遠くの淡路島の海まで眺めることができますよ。

  • 写真:いちまろ夫婦

特に晴れた日は絶景です。写真のように、この展望スペースで一面の花畑をゆっくりと眺めている方が非常に多かったです。

  • 写真:いちまろ夫婦

こちらの「愛キャッチポイント」は、記念写真にぴったりの場所です。赤いサルビアと、淡路の海を一緒に写真に収めることができますよ!

お土産やグルメもチェック!

  • 写真:いちまろ夫婦お土産屋外観

あわじ花さじきでは、お花畑だけでなく、お土産屋さんやグルメも要チェックです!

お土産・農産物直売所

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

あわじ花さじきの入り口近くには、お土産屋さんがあります。ここでは淡路島に関するお土産が一通り揃うので、帰り際などに立寄ってどんな商品があるのかを見るだけでも楽しいですよ。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

お土産屋さんの目の前には農産物直売所もあります。淡路島で人気の玉ねぎは勿論、写真のようなとても大きな柚子(鬼柚子:おにゆず)も販売していますよ!採れたて新鮮の農産物を、お土産にぜひいかがでしょうか?

グルメ

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

お土産屋さんの隣に、ソフトクリームや天ぷらを売っている小さな売店があるので、小腹を満たしたい時にお勧めです。

  • 写真:いちまろ夫婦

特に、揚げたての天ぷらがお勧めです。しかも淡路島で採れた海産物や野菜を使用した天ぷらです。お店の方も、たこ天と玉ねぎ天はぜひ食べてほしい!と、一押しのメニューでした。値段も安いので手軽に買うことができますね!

あわじ花さじき
淡路島 / 公園・動植物園 / ドライブスポット
住所:兵庫県淡路市楠本2865-4地図で見る
電話:0799-74-6426
Web:http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/

淡路島の旅行予約はこちら

淡路島のパッケージツアーを探す

淡路島のホテルを探す

淡路島の航空券を探す

淡路島の現地アクティビティを探す

淡路島のレンタカーを探す

淡路島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


カップルで行きたい関西のおすすめデートスポット45選!

ずらっと並ぶ鳥居が神秘的な伏見稲荷大社に、2人で思いっきり楽しめるUSJ、風情あるお出かけが楽しめる嵐山の渡月橋や竹林の道など、カップルで行きたいデートにおすす...


関西のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

爽快な景色が楽しめるドライブルートに、花や緑が豊かな景勝地、美しい夜景が望める展望スポットなど、日帰りで行ける関西のおすすめドライブスポット・コースをご紹介しま...

兵庫デートに!カップルにおすすめのデートスポット35選

六甲ガーデンテラスや摩耶山 掬星台などの夜景スポットや、イルカやペンギンと触れ合える須磨海浜水族園、日本で唯一パンダとコアラを同時に見られる王子動物園など、カッ...

一度は見たい!兵庫が誇る絶景スポット10選

兵庫を旅する!となると、港町である神戸をメインに、世界遺産の姫路城や、風情を感じる温泉街が広がる城崎温泉などがあげられると思います。しかし、そんな旅にプラスして...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

この記事を書いたトラベルライター

共働き×夫婦旅 ライター
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:夫)iPhoneXS📱、妻)iPhoneⅩ📱

「一眼ではなくスマホで撮影。誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^


■いちまろ夫婦運営メディア
https://ichimaro.com/

【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...


ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...


【ドバイ】世界一美しい黄金のスタバ!空港からの行き方も紹介!

アラブ首長国連邦・ドバイのIbn Battuta Mall(イブンバトゥータモール)にあるスターバックスコーヒーは、「世界一美しい」と称されるほどの美しさが魅力...

アテネ・パルテノン神殿を観光する際に絶対気を付けてほしい2つのこと!

ギリシャ・アテネの人気観光スポットといえば、パルテノン神殿を始めとするアテネの遺跡群ですが、筆者がパルテノン神殿を訪れた際に、実は失敗してしまった事が2つありま...

【閲覧注意】USJホラーナイト・「ストリートゾンビ」全種類コンプリートガイド!

USJのハロウィーンでは、18:00以降ゾンビがパーク内を歩き回る「ストリート・ゾンビ」が有名です。2018年からは、エリアごとに出てくるゾンビの種類も変わり、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?