バルセロナ
バルセロナ観光
ガウディ作品と名門サッカーチームで知られる人気観光地

モンセラットはバルセロナで必見の人気観光スポット!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:13ヶ国

2020年2月28日更新

28,154view

お気に入り

写真:WriterA

スペイン・バルセロナに行ったらぜひ訪ねてほしいのが「モンセラット」です。標高1,241mのモンセラットの山には、円筒型の岩がいくつも寄り集まっており、その姿は一見の価値があるでしょう。またこの山は、スペインの有名な建築家ガウディが創作のヒントを得た山と言われています。その奇形な岩山に囲まれて建つモンセラット修道院は黒いマリア像や、世界的レベルの少年聖歌隊のミサでも有名です。

この記事の目次表示

モンセラットとは!?

  • 写真:WriterA

スペインを代表するキリスト教の聖地(巡礼地)であり、モンセラット=ギザギザな山を意味する通り、のこぎり山とも呼ばれる独特の山肌が特徴のスポット。

スペイン・バルセロナには、「サクラダファミリア」や「グエル公園」などのガウディ建築が多いことで知られていますが、そのガウディが足しげく通ったパワースポットとしても有名です。

  • 写真:WriterA

諸説ありますが、ガウディ建築のモチーフのヒントになっているのがこのモンセラットではないかと言われています。

筆者も初めてモンセラットを訪れた時は、その異次元の空間にとても驚きました。不思議な形で飛び出す岩々に囲まれたこの地は、たしかにどこかガウディの曲線美の建築を彷彿とさせます。都会・バルセロナ近郊でありながら、こういった自然の驚異を感じられるのもモンセラットの魅力のひとつです。

黒いマリア像で有名な修道院

モンセラットにあるモンセラット修道院は四方をこの岩山に囲まれており、建物が岩山に食い込んでいるのではないかと思うほど岩と密接しています。上部からモンセラット修道院を見るとその様子がよくわかります。

  • 写真:WriterA

修道院は無料で入ることができ、院内は荘厳な雰囲気が漂っています。

  • 写真:WriterA
  • 写真:WriterA

なかでも見逃せないのが、修道院の中央にある黒いマリア像。

  • 写真:WriterA

イエス・キリストをひざに抱いた聖母マリアの木製像がケース内に収められています。そしてマリア像は右手に世界・全宇宙を象徴すると言われる球を持っています。

一説では、この像は12世紀頃に作られ、当初は白かったものがろうそくのすすで黒ずんでしまったとも言われていますが、いまだになぜこの地にあって、なぜこのように黒くなったのか、真相は不明のままとなっています。

キリスト教信者からすると、マリアやイエスの顔立ちが一般的な姿と違うことも興味を引くポイントの1つみたいですよ。その姿を一目見ようと行列ができているほどです。筆者はだいたい5分ほど並び、このマリア像を拝むことができました。

  • 写真:WriterA
  • 写真:WriterA

そのほかにも美しいステンドグラスや、カラーキャンドルも見ることができます。ここがスペインを代表する巡礼地であることも納得の美しさです。

  • 写真:WriterA

また、少年聖歌隊が歌うミサも有名です。ミサは13:00頃、19:00頃の1日2回行われることが多いですが、日によって1回、もしくは3回開催の日や、開催しない日もありますので訪れる際は公式HPでご確認ください。

地元カタルーニャ州の9歳から14歳までの約50名のメンバーで構成される少年聖歌隊は、入るのにも厳しい試験があることから、その歌声目当てに訪れる観光客も多いです。

モンセラットへの行き方

モンセラットへの行き方は大きく2種類あります。鉄道を利用するか、旅行会社等が提供しているツアーを利用するかです。

鉄道で行く場合

自由な時間に訪れることができたり、道中でロープウェイに乗る体験ができたり、移動にかかる料金がツアーより安いところが鉄道のおすすめポイントです。

  • 写真:WriterAスペイン広場

バルセロナの中心街「スペイン広場(Placa Espanya)駅」から、カタルーニャ鉄道 R5線のManresa行きに乗ります。電車に揺られること約1時間。

降車場所は、2種類あります。「ロープウェイ(Aeri)」でモンセラットまで行きたい場合は「Aeri de Montserrat駅」、「登山電車(Rack Railway, Cremallera)」の場合は「Monistrol de Montserra駅」で下車してください。

降車した後は、ロープウェイか登山電車に乗り換えてモンセラットに直行です。モンセラットまでは大体15分程度かかるので、大目に見ても片道の所用時間は1時間半程度でしょう。

登山電車だと往復約21€(約2,730円程度)くらい、ロープウェイだと往復20€(約2,600円程度)で、差はわずか1€程度ですので、乗ってみたい方を選択するとよいかと思います。

ツアーで行く場合

筆者はバルセロナ市内から車に乗って行くツアーを利用しました。魅力は何といっても移動時間が電車より短いこと。1時間で到着しますし、車で送迎してくれるのでやはり楽でした。

また日本人ガイドが案内するツアーに申し込んだので、ガイドさんがモンセラットやスペインの話を車内でたくさんしてくれたことも旅の思い出になりました。一般的なツアーの料金は約7,000円ほどなので費用は少しかさんでしまいますが、効率よく観光したい方にはおすすめの方法です。

まとめ

  • 写真:WriterA

バルセロナに訪れたら絶対訪れたい観光地、モンセラットはいかがだったでしょうか?半日あれば観光できるので、時間を取れる方にはぜひ行ってほしい場所です。ぜひたくさんのパワーを感じてきてくださいね!

モンセラット
バルセロナ / 自然・景勝地 / 絶景
住所:スペイン 〒08691 バルセロナ モンセラート地図で見る
Web:https://www.aeridemontserrat.com/en/

バルセロナの旅行予約はこちら

バルセロナのパッケージツアーを探す

バルセロナのホテルを探す

バルセロナの航空券を探す

バルセロナの現地アクティビティを探す

バルセロナのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...


スペインの人気観光スポットTOP45!旅行好きが行っている観光地ランキング

サグラダ・ファミリアやカサ・バトリョなどをはじめとするスペインの観光スポットの中で、トリップノートの4万5千人の旅行好きトラベラー会員(2019年9月現在)が実...

摩訶不思議!一度は見たい「世界の秘境・絶景スポット」11選

世界には想像を絶する景色がたくさんあります。秘境から有名な観光スポットまで、一生に一度は見てみたい摩訶不思議な絶景をご紹介。ちょっと人とは違う所に行きたい!地球...

【バルセロナ】ゴシック地区(旧市街)を巡るお散歩コース

古き良きスペイン・バルセロナの歴史が楽しめるエリア「ゴシック地区(旧市街)」。趣のある建物と迷路のような路地の間に、美術館、教会、バルやカフェ、おしゃれなショッ...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きサラリーマンライター

アテネ・パルテノン神殿を観光する際に絶対気を付けてほしい2つのこと!

ギリシャ・アテネの人気観光スポットといえば、パルテノン神殿を始めとするアテネの遺跡群ですが、筆者がパルテノン神殿を訪れた際に、実は失敗してしまった事が2つありま...


【ディズニーシー大人デート】お勧めレストラン4選をプラン例と共に紹介!

大人の方が、東京ディズニーシーでデートをする場合に、どのレストランを利用したらいいのでしょうか?この記事では、筆者が考える「ディズニーシーデートで絶対外さないお...


【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...

ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...

【ドバイ】世界一美しい黄金のスタバ!空港からの行き方も紹介!

アラブ首長国連邦・ドバイのIbn Battuta Mall(イブンバトゥータモール)にあるスターバックスコーヒーは、「世界一美しい」と称されるほどの美しさが魅力...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります