ブラジル
ブラジル観光
地球の裏側に広がる大自然とエキサイティングな街

南米大陸ブラジルとアルゼンチンにまたがる“イグアスの滝”の歩き方

取材・写真・文:

2017年2月18日更新

546view

お気に入り

写真:gino

「イグアスの滝」は、南米大陸のブラジルとアルゼンチンの二ヶ国にまたがる世界最大の滝で、日本で三大瀑布(ばくふ)と言われている「ナイアガラの滝」、「ヴィクトリアの滝」と並ぶ、世界で最も有名な滝の1つです。滝の幅は約4.5㎞、最大落差は約80mと、かなりダイナミック!!また、イグアス国立公園は、イグアスの滝をメインに、二ヶ国にまたがる広大な自然公園で、世界遺産にも登録されています。それでは、イグアスの滝のアルゼンチン側、ブラジル側、それぞれの魅力についてご紹介します。

ブラジル側からみるイグアス

  • 写真:gino
  • 写真:gino

ブラジル側から見るイグアスの滝の特徴は、真正面から滝全体を見ることができること。

川に沿って遊歩道があり、アルゼンチン側の滝を含め、滝全体を歩きながら見ることができます。時間はそんなにかかりません。じっくり見ても2時間ほど、さっと見て回るだけなら1時間あれば十分です。

ただし、観光客が非常に多いため、時間帯によっては短時間で回りきれない場合もあります。

絶対にいい写真が撮れる!フォトスポット!

  • 写真:gino

ところどころにフォトスポットがあり、迫力満点の滝と虹をバックに写真撮影ができます。水しぶきと太陽光によって、虹は消えることなくずっと発生しているため、この瞬間!と狙わずとも、立派な写真が撮れます。

水の落下の激しさを肌で体感できる、大迫力スポット!

  • 写真:gino
  • 写真:gino

滝に近づくにつれ、その迫力をさらに体感することができます。

最後に、前が見えなくなるほどの大量の水しぶきがかかり、水が落下する激しさを肌で感じることができる大迫力のスポットがあります。当然、体や服が濡れてしまいますので、覚悟して行きましょう。対策を考えておくと安心です。ポンチョも販売されています。

その他にも魅力がいっぱい!!

  • 写真:gino
  • 写真:gino

ブラジル側では、滝の下をゴムボートで通る迫力満点のアクティビティや、バードパークという熱帯地方の鳥や蝶、爬虫類、猿などをみることができる動物園があります。時間がある方は体験してみると、よりイグアスの滝の良さを知ることができるかもしれません。

ブラジル側はアクセスが便利

ブラジル側は公園へのアクセスが便利です。ブラジル側の公園の最寄りの都市であるフォス・ド・イグアスの空港から、バス一本で公園に行くことができます。

バスに乗る際は、「カタラタス」と書いてあるバスに乗りましょう。ポルトガル語で「カタラタス」は滝という意味です。イグアスと書いているからと言って、「フォス・ド・イグアス」行きのバスに乗ると、街に向かってしまうので注意。

イグアス国立公園(ブラジル側)
ブラジル / 公園・動植物園
住所:パラナ マテランジア地図で見る

アルゼンチン側から見るイグアス

  • 写真:gino

アルゼンチン側から見るイグアスの滝の特徴は、川から大量の水が落ちる様子を、滝の上から見られること。

イグアスの滝を舞台に例えると、ブラジル側は客席、アルゼンチン側はステージだと言った人がいるそう。まさに、大迫力な演技を見せているという感じです。アルゼンチン側から、ブラジル側を見下ろすような形にもなるので、よりその表現に納得がいきます。

フォトスポットまでの道のりが長い!!!その① 広い公園内の汽車移動!

  • 写真:gino
  • 写真:gino

アルゼンチン側のイグアス国立公園は、歩きながら滝を見ることができるブラジル側と違ってかなり広く、滝の見どころを見るために結構な距離を移動しなくてはなりません。

そのため、公園内に移動用の汽車が通っており、その汽車で各スポットに向けて移動をします。汽車も1つのアクティビティだと言えるでしょう。汽車の料金はかかりません。

フォトスポットまでの道のりが長い!!!その② 川の流れを眺めながらの徒歩移動!

  • 写真:gino

汽車で各駅に到着すると、そこからフォトスポットまで歩かなくてはなりません。スポットまでは最長で2キロ以上の距離がある道もあるため、歩きやすい靴で行くことをおススメします。

スポットまで続く道は、イグアスの川の上にあり、川の流れを眺めながら歩くことができます。全体をしっかり回るには、3、4時間は必要になるかもしれません。

水の落ちる勢いを上からも下からも楽しめる

  • 写真:gino

アルゼンチン側のイグアス公園は、滝に沿って道があり、真上から滝が落ちる様子を見ることができるスポットが多くあります。

穏やかに流れる川の水を眺めた後、振り向くとすぐに勢いよく落ちて行く様子を見るのは不思議な感覚です。下を覗き込むと、その現実味のない高さに頭がぼーっとします。

また、下から滝を間近で見上げることのできるスポットもあり、上からも下からも滝の壮大さを楽しむことができます。

悪魔の喉笛

  • 写真:gino

アルゼンチン側のイグアスの滝の見どころは、「悪魔の喉笛」と言われているスポットです。イグアスの滝の中でも最大の滝である悪魔の喉笛は、その勢いで目を開けているのも困難なくらい。一生懸命に目を見開いても、水しぶきで底が全く見えません。

少し身を乗り出すと、ジェットコースターで落ちる時のあのふわっと感が!!吸い込まれてしましそうになるくらい、自然の脅威を全身で感じることのできる場所です。

アルゼンチン側のアクセス方法

アルゼンチン側のイグアス公園の最寄りの都市は、プエルト・イグアスと言います。イグアス公園に行く方法はいくつかありますが、せっかくならブラジル側から国境を越えて行くのがおススメです。

ブラジルのフォス・ド・イグアスのバスターミナルからバスに乗り、比較的簡単に行くことができます。プエルト・イグアス側のバスターミナルに着くと、そこからイグアス国立公園行きのバスも出ています。

イグアス国立公園(アルゼンチン側)
アルゼンチン / 公園・動植物園
住所:Ruta 101 Km 142, 3370 Puerto Iguazú, Misiónes, アルゼンチン地図で見る
イグアスの滝
ブラジル / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:Iguazu Falls地図で見る

ブラジルの旅行予約はこちら

ブラジルのホテルを探す

ブラジルの航空券を探す

ブラジルのパッケージツアーを探す

ブラジルの現地アクティビティを探す

ブラジルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年2月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ブラジルのおすすめ観光スポット10選

リオデジャネイロを中心にブラジルを旅行するなら訪れたい観光スポットを紹介しています。アマゾン川やイグアスの滝をはじめとする大自然から、コロニアルな建築が残る街並...

【ブラジル】リオの街を見守るコルコバードの丘のキリスト像。新・世界七不思議の秘密に迫る!

現地ポルトガル語でCristo Redentor(クリスト・ヘデントール)と呼ばれる、ブラジルのリオデジャネイロにあるコルコバードの丘のキリスト像。2007年に...


【ブラジル】南米最大の大都市!サンパウロのおすすめ観光スポット5選☆

ブラジル・サンパウロは、人口 1,200 万人となる南米最大の大都市。加えて、日系人口が100万人以上と多いのも特徴です。今回の記事では、そんな大都市・サンパウ...

【ブラジル】リオデジャネイロのオススメ観光スポット7選

リオデジャネイロは、ブラジル南東部に位置する、サンパウロに次ぐブラジル第二の都市。リオのカーニバルや丘の上に立つキリスト像が有名ですが、美しいビーチ、そびえ立つ...


【ブラジル】砂糖の山?リオに来たら絶対に行きたい絶景の奇岩「ポン・ヂ・アスーカル(通称シュガーローフ・マウンテン)」

リオの美しいビーチや熱帯雨林、ビルが立ち並ぶ市街地やコルコバードの丘とキリスト像など、ここ「シュガーローフ・マウンテンからの景観」は世界遺産にも登録されています...

この記事を書いたトラベルライター

ふりぃな生き方を求めて奮闘中!!
やってみたいことにはとりあえずチャレンジする。理由をつけて諦めない、がモットー!!大好きな阿部真央の「ふりぃ」という曲に背中を押されて、今を後悔なく生きるために、奮闘中です。
先日、3週間弱の東南アジアの旅を終えて帰ってきました。次の旅も決まっているのでわくわくです。
また、九州在住なので、九州の魅力もたくさん伝えていきたいと思います。

南国宮崎県サンメッセ日南にいる10体の「モアイ像」に会いに行こう

宮崎県日南市の日南海岸沿いにある、広々とした公園が「サンメッセ日南」です。サンメッセ日南には、世界で唯一、南米チリのイースター島の長老会から正式な許可を得て、復...

南国宮崎県のパワースポット「青島」の名物スポット&グルメ4選

宮崎県宮崎市の南東部付近にある周囲1.5㎞ほどの島「青島」。南国宮崎県の有名な観光地の1つで、「鬼の洗濯岩」と呼ばれている波状岩(はじょういわ)が島周辺を取り囲...


【タイ】寝台列車で行く首都「バンコク」⇒古都「チェンマイ」への旅

東南アジアで人気の旅行先と言えば、微笑みの国と言われる「タイ」。特に首都のバンコクは、観光地化が進んでいるためかなり居心地がよく、何週間も居座ってしまう旅行者も...

片道たったの100円以内!バンコクからアユタヤに列車で日帰り観光

タイの有名な世界遺産と言えば、アユタヤ遺跡。一度は行ってみたい観光地ではありますが、首都バンコクなどの主要な観光地からは少し離れているのがネックなところ。旅行会...


"おんせん県"おおいたの温泉地「湯布院」に行ってみたい4つの理由

温泉観光地として、九州の中でもダントツの知名度を誇っているのが、日本一の源泉数と湧泉量を誇る、大分県の「湯布院」。大分県のほぼ中央に位置する湯布院は、街中にいて...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?