タイ・チェンマイから日帰り!天に近い寺院【ワットタムパープロング】

140

view
   2017年7月7日更新

チェンマイ市内からバスで90分、運賃40バーツ(約130円)で行けるチェンダオ。豊かな自然に囲まれたのどかな街で、チェンマイからの日帰りや一泊旅行にもぴったりです。温泉や洞窟のある寺院が有名ですが、もうひとつ、知る人ぞ知る絶景のパワースポットがあります。それが、空に近いところにある山頂の寺院「ワットタムパープロング(Wat Tham Pha Plong)」です。

自然を楽しみながら向かう山道

ワットタムパープロングは、「チェンダオ・ケーブ」と呼ばれる洞窟のある寺院・ワットタムチェンダーオ前の大きな道を、さらに奥に向かったところにあります。チェンダオの街の中心部からは少し距離があるので、バス停でソンテウ(赤い乗り合いバス)を捕まえて、「チェンダオ・ケーブまで」と伝えるといいかと思います。

チェンダオ・ケーブでバスを降り、寺院前の大通りを北に向かって進むと、The Cave Barというバーが見えてきます。その先に左に曲がる道があるのでそこを曲がって、右手に見える「Chiang Dao Nest 1」という看板を過ぎ、どんどん進んで行きます。

  • 木々に囲まれた道程。

木々に囲まれた道路はしっかりと舗装されていますが、走っている車は本当に少ないので、のんびり歩くことができます。近くの宿などから自転車を借りて、サイクリングがてら走ってみるのもおすすめ。西洋人の観光客は、そうやってまわっている人も多いようです。

  • 空と雲、こちらを見下ろす山々。

空は高く、山がゆったりとこちらを見下ろしていて、この景色だけでもパワーチャージできそうです。

約500段の階段を登って、いざ仏塔まで!

他にはない表情のナガに、まずご挨拶

  • 階段の入り口を護るナガ。

駐車場を過ぎて奥に入り、門を過ぎると、階段の入り口があります。タイのお寺の階段の両側は、神獣のナガが護っています。ワットタムパープロングのナガは、他のお寺とは違って静かで、でもとても迫力のある顔をしています。

ブッダの言葉を味わいながら

仏塔を目指して500段の階段を登っていきます。果てしない感じはありますが、一段ごとが低いので、そこまで疲れることはありません。

  • お地蔵様?

階段の途中には、不思議な像なども飾られています。

  • ブッダの有難い言葉。

そして、階段の両側のあちこちで、ブッダの有難い言葉を読むことができます。木々や花を眺めつつ読むブッダの言葉は、静かに心にしみ込んでいきます。ただひたすら階段を登り続けるだけで、まるで瞑想しているように心が静かになっていきます。

  • 有難い言葉。

ひとつひとつに感動して、ついつい足をとめてしまったり。

この寺院にはルアン・プーシムという瞑想を極めた高僧が祀られており、希望者は宿泊して瞑想の修行をすることもできます。階段を登っていくと、瞑想をしているらしい白い服を着た人たちとすれ違うことも。邪魔にならないよう、目を合わせたり声をかけたりすることはしないようにしましょう。

あと一息!

  • 階段の途中から見た仏塔。

そのうち、階段の途中から仏塔が見えてきます。まだまだ遠く見えますが、あと一息です!

小さな仏塔は、天に近いパワースポット!

階段を登り切ったら、まずは洞窟を利用したお堂の中でルアン・プーシムにお参りをします。それから左の階段を登っていくと、ようやくさっき見えた建物にたどり着きます。

  • 山頂の仏塔。

崖の上に建つ小さな仏塔。タイのお寺は、目がちかちかするほど金色を使っている建物が多いのですが、このお寺はすべてが簡素で、とても落ち着いた雰囲気を感じさせます。

仏塔の中に入ると、ステンドグラスのような窓を背にこちらを見下ろす仏像が、とても神々しい。人もあまりいないので、瞑想してみるのもいいかもしれません。

仏塔の外に出てみると、そこは崖になっていて、見えるのは本当に空と山だけ。空に近い分、さんさんと降り注ぐ太陽の光も近くに感じます。空気も澄んでいて、心も体もすっきりと浄化されそうです。

パワーチャージに最適

チェンマイの街の喧騒に疲れたら、チェンダオまでバスに乗って、自然のパワーをチャージしに行くのはいかがでしょうか?

ワットタムパープロング

チェンマイ / 社寺・教会

 

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月31日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
からだの仕事と言葉の仕事をしながら、旅しています。

からだの仕事(セラピスト)と言葉の仕事(翻訳、通訳、ライター)をしながら、あちこちを旅しています。2006年~2011年までアメリカ、カリフォルニアに住んでいました。現在は、神奈川、タイのチェンマイ、ヨーロッパ辺りにいることが多いです。美味しい食べ物、コーヒー、自然、本屋さん、良い気持ちのするところが好き。旅をする時は、一つの場所にゆっくり滞在して、そこに住んでいる人たちと知り合うのを楽しみにしています。

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!