中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:14ヶ国

2018年5月4日更新

42,293view

お気に入り

この記事の目次表示

中国のおすすめツアー
【WEB限定】全日空<成田午前発/現地午後発>淮海路エリア5つ星[オークラガーデンホテル上海]宿泊!毎朝食付き!上海2泊3日間
71,900円~110,000円
【WEB限定】全日空<成田午前発/現地午後発>淮海路エリア5つ星[オークラガーデンホテル上海]宿泊!毎朝食付き!上海2泊3日間
71,900円~110,000円
【WEB限定】全日空<成田午前発/現地午後発>田子坊エリア3つ星[レイフォントダウンタウンホテル]宿泊!毎朝食付き!上海2泊3日間
71,500円~101,400円

6. 大河の夜景に酔いしれる

長江、嘉陵江を挟んだ対岸の街区の夜景は、重慶人の自慢のひとつといえます。

  • 写真:fon

とくに人気があるのは、洪崖洞を背にして嘉陵江の向こうを望む夜景です。右手に千厮門大橋が輝き、前方にはビルの壁面を使ったイルミネーションが見えます。夜遅くまで、夜景を楽しむ人たちの姿が絶えません。

7. 磁器口で食べ歩きと買い物を楽しむ

  • 写真:fon

食べ歩き、街歩き、写真好きには絶対おすすめ!磁器口(じきこう/ツーチーコウ)は、嘉陵江に面する、レトロな中国の趣きが感じられる街です。狭い通りの両側に、食べ物や雑貨、みやげ物を売る店が多数軒を連ねています。

磁器口の名物は「陳麻花」。麻花は中国の揚げ菓子です。プレーン味以外にも塩コショウ味、はちみつ味、麻辣味などがあり、量り売りで売られています。おみやげにぴったりです。

食べ歩きをするなら、酸辣粉、肉の串焼き、焼餅などさまざまな軽食のほか、アイスクリーム、ミルクティーなどのデザートまで、たくさんのお店があります。どれを味わうか迷ってしまうほどです。

  • 写真:fon
  • 写真:fon

雰囲気のいい路地を見つけたら、思い切って入ってみると思わぬ出会いがあるかも? グルメ、おみやげ探し、雑貨屋巡り、カフェ、街歩き、といろいろな楽しみがあるスポットです。

  • 写真:fon
磁器口
中国 / 町・ストリート
住所:中国 重慶市 沙坪ハ 磁器口地図で見る

8. 解放碑広場で重慶っ子の「今」を知る

解放碑は重慶のランドマークです。重慶中心部のもっとも賑やかな場所にあり、解放碑広場周辺には、観光客だけでなく、常に多くの人たちが行き交っています。

  • 写真:fon中央奥に見える塔が解放碑

海外ブランドのブティック、百貨店、銀行などの建物に囲まれ、すぐそばには食べ歩き通り(小吃街)もあります。広場ではお店や新商品などのプロモーションが行われるなど、いつも活気があります。道行く重慶美女を眺めるのもまた一興。重慶の中心で、重慶の「今」を感じてみましょう。

  • 写真:fon夜の解放碑広場
解放碑広場
中国 / 公園・動植物園
住所:中国 重慶市 渝中区 解放碑地図で見る

9. 重慶人の人情にふれる

ことばのわからない日本人から見ると、重慶の人どうしが会話をしているところは、まるで喧嘩をしているかのようにみえることがあります。一見、そのくらい口調がきつく荒っぽく感じられるのが重慶人です。しかし、実際に仲良くなると、日本人以上に情に厚く、旅行者が困ったときなど、親身になって助けてくれる人が多いようです。

実は日本と重慶の間には、日中戦争の際、日本軍が重慶で大規模な爆撃をおこなったという悲しい過去があります。そのため、反日感情が根強い地域であってもおかしくありませんが、実際に旅行者として街を歩いてみると、そのような雰囲気はありません。筆者は、「どこから来たの?」と聞かれて「日本から」と答えると、顔をほころばせる人に多く出会いました。

10. 三国志の史跡を巡る

ここまで紹介してきたのは重慶の中心市街地とその周辺の見どころでした。重慶には中心地区以外にも観光地がたくさんありますが、三国志をテーマとした観光スポットを挙げてみます。

ひとつは、張飛廟です。以前は、張飛の首が埋葬されたといわれる雲陽県の飛鳳山にありましたが、2003年に、元の場所から30キロほど移転して復元されました。廟はいくつかの建物からなり、張飛の忠義と武勇がたたえられています。書画などの美術品も多数保存されています。張飛ファンなら四川省ラン中古城にある張飛廟と合わせて巡ってみたい名勝です。

もうひとつ、奉節県にある白帝城は、三国時代、蜀の劉備がここに暮らし、亡くなったとされる城です。

多くの詩人が訪れ、杜甫、李白らが詩を残しています。現在の建物は明・清の時代に作られたものです。三峡下りのアトラクションのひとつにもなっています。

奉節県はおいしいオレンジの生産でも有名です。日数があれば、重慶の中心市街地だけでなくこうした周辺地域にもぜひ足を運んでみてください。少しのんびりとしていて、団体ツアープログラムやガイドブックにはない、自分だけの重慶の魅力が発見できるかもしれません。

雲陽張飛廟
中国 / 社寺・教会
住所:中国 重慶市 雲陽県 張飛廟地図で見る
白帝城
中国 / 建造物
住所:重慶市奉節県白帝鎮白帝城地図で見る

中国旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならば中国のツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房で中国のすべてのツアーをみる>>

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


今ドキ北京っ子はここに行く!グルメもお土産選びも外さない北京・若者の街5選

中国の首都北京は、言わずと知れた万里の長城や故宮(紫禁城)といった世界遺産で有名な観光都市でもあります。そんな北京ですが、東京の人たちが東京タワーや浅草ではなく...


週末に行ける海外!上海人気観光スポット「外灘」と千と千尋の世界「豫園」へ!絶品小籠包も♪

日本から3時間で行ける海外として人気の「上海」。今回は初めて上海に行く人におすすめの、上海の外せない観光スポット「外灘」と「豫園」を巡るルートをご紹介します。時...

【中国】ガイドブックには載っていない絶対行きたい広州おすすめエリア5選

中国有数の大都市広州。食は広州にありと言う言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。中国でも有名な中華料理店をはじめ、たくさんの工場も近辺にあるため卸売市場も...

【中国】上海市内から一番近い水郷!七宝老街の楽しみ方

上海周辺の水郷と言えば周荘や朱家角が有名ですが、移動に時間が掛かるため、半日以上時間が無いと行けません。今回ご紹介するのは気軽に地下鉄で行ける水郷「七宝老街」で...

【中国】最先端の中国高速鉄道に乗ってみよう!

中国国内を旅するのに欠かせないのが、高速鉄道。幅広い地域をカバーしており、時間に正確、短時間で目的地にたどり着ける高速鉄道は、旅の時間が限られることの多い旅行者...

この記事を書いたトラベルライター

方向音痴系たび好き
次はどこに行こうかなあ、と考え始めると止まりません。休暇を使ってぼちぼち出かけています。
海外ひとり旅が好きです。ことばに困って、道に迷って、それでも人に助けてもらいながら何とか見たいものを見て楽しい時間を過ごせたときの達成感は、何物にも代えられません。

記事を通じて、旅先での滞在を満喫するための情報が発信できればいいなと思います。

韓国まで3時間海の旅!福岡⇔釜山の高速船ビートルに乗ってみよう

「日本から最も近い外国」のひとつ、韓国。福岡から船で釜山に行ける便があるのをご存知ですか。高速船なら、ターミナルが街に近いので、わざわざ郊外の空港まで行って長い...


ウズベキスタンで女子におすすめのおみやげはこれ!

旅行先として注目度急上昇中のウズベキスタン。異なる文化が交差する歴史をもつウズベキスタンには女子の心をとらえるおみやげがいっぱい!ドライフルーツ、スザニ、陶器、...

乗り継ぎ時間に無料ツアー!仁川空港トランジットツアーのすすめ

世界約180都市に就航し、日本人旅行客も多く利用する韓国・仁川(いんちょん)国際空港。スカイトラックスが実施する空港ランキングで、2017年には「乗り継ぎにベス...

【ウズベキスタン】地元っ子と街歩き!サマルカンド・ローカルツアー

中央アジア屈指の古都・サマルカンド。美しいイスラム建築や歴史的名所があまりにも有名ですが、観光地巡りに疲れたら、ローカルツアーに参加するのはいかがでしょうか。「...

【ウズベキスタン】青に酔いしれる。サマルカンドの6大イスラム建築

「青の都」として知られる、ウズベキスタンの古都・サマルカンド。シルクロードの中心都市として、古くから発展してきました。「サマルカンド-文化交差路」として、200...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?